カーナビからに見る、子育てのヒントとは

2018.10.04 (木)

警察官ってパトカーを運転する手前、よくカーナビを操作することがあるんです。考えてみれば、このカーナビっていうのも具体と抽象が組み合わされたものですよね。広域で抽象的にすれば、今いるところが全体的にわかるし、狭域で具体的にすれば、今いるところが細かいところまでわかるし。

 

 

例えば今いるところがA市だとして、A市をそのものを画面に出すには、広域的に表示するしか無いわけです。遠目からの視点で、A市を出してやっと、A市全体が画面に表れるのです。もしこれを狭域でやってくれと言われてもうまくいきません。

 

 

狭域で全体を表すことはできないのです。狭域で表すことができるのは部分部分です。狭域で表すことができるのは、A市の一部でしかありません。もちろん、一部分を何個も繋げて行けば、やがて全体を表すことはできるかもしれません。ですがそれには途方もない時間がかかります。具体的に表示していればいるほど、繋げなければならない数は増えていくのです。

 

 

このように、具体で表すことができるのは細かいところであって、全体では無いのです。具体でA市を表すことができないように、具体でそのものの本質を表すことはできないのです。具体で表すことができるのは、あくまで表面的な一部分一部分です。もしも本質を求められたら、抽象的な表現にならざるをえません。それは、A市全体を表すには広域にして抽象的にナビ画面に表示するしか無いのと同じです。

 

 

抽象的にすればするほど、広く、浅く、全体を、本質を、コアを、そのものを、ボヤッと表示する事になります。具体的にすればするほど、狭く、細かく、表面的に、一つ一つをはっきりと、詳しく、現実的に表示する事になります。

 

 

この本質の部分が、多くの人が忘れがちな事です。本質をついた表現、本質を表した表現、本質を含んだ表現とは、抽象的にならざるをえないのです。多くの人は、はっきりとしたわかりやすい具体を求めます。

 

 

具体的であることが善であるように、「具体性に欠けている」と評価したり、「具体的でいいねぇ」と褒めたり。具体と抽象を一方向でしか見ていません。万物にメリットとデメリットがあるように、具体と抽象にもそれぞれメリットとデメリットがあります。

 

 

具体とは、わかりやすく、現実的で、はっきりとしているが故に、表面的なのです。抽象とは、ボヤッとしていて、現実感がなく、遠くにある感じであるが故に、本質的なのです。

 

 

子どもの育児にも、この具体と抽象という概念は応用が効きます。ハッキリとしたものばかりを追い掛けていると、本質を忘れがちです。テストの点数や習い事の勝ち負けなど、確かにハッキリとしているが故に気になるものですが、それで子どもの本質が計れるわけではありません。

 

 

子どもの本質とは、もっとモヤっとしていて、わかりにくいもの、表現しづらいものなのです。子供らしさ、素直さ、可愛さ、道徳観、自己肯定感、などなど。本当に必要だと思われるものとは、抽象的で取り止めのないものです。ですが、抽象的であるが故に本質的なのです。

 


 

「素直さ」を考えるセミナーを定期的に開催しています。スケジュール・詳細はこちらをご覧ください。

 

自己中が思いやりに、
生真面目が寛容に、
怒りっぽさが優しさに、
そして非行が素直に変わります。

 

心よりお待ちしております。

お手数ですが、下記ご記入の上送信してください。
折り返しご連絡を差し上げます。

お名前 *
メールアドレス *
メールアドレス
(確認用)*
お電話番号 *
ご参加希望日*

※お申込み時に「受信拒否設定」などがあると当方からメールが届かない場合があります。また「迷惑メールフォルダ」に入ってしまい、返信に気が付かない場合がありますので必ずご確認をお願いいたします。

ご意見・ご質問・ご要望などあればご自由にご記入ください(任意)


 

30分の無料相談を承っています。子ども、非行、犯罪、警察対応、などのキーワードで気になりましたらご利用ください。基本はウェブ会議アプリを使ってのオンラインですが、電話や面談も対応できます。

 

モヤモヤ状態のあなたが、イキイキとする無料相談です。次の一歩を踏み出すために、お気軽にお問い合わせください。

 

下記お問い合わせフォームで「相談希望」である旨をお知らせ下さい。

お名前 *
メールアドレス *
電話番号
お問い合わせ内容*


 

プレゼントの無料小冊子を更新しました。「子どもの非行を防ぐための素直な頭のつくり方」です。

 

非行に走る子どもは自己中が多いです。頭が固く、自分の価値観に固執しています。周りの人間の価値観や考えを受け入れられず、自分を通そうとします。自分以外の価値観や考えがあること自体が、見えていないのです。自分が正しくて、自分以外の考えは間違いだという先入観から抜けられない状態です。

 

子どもは周りから吸収する度合いが強いので、子どもの成長は周りの大人次第の側面があります。「周りの大人が自己中から脱し、素直な頭を持つ事で、接する子どもにも好影響を与えよう」というのが、この小冊子の狙いになります。

 

頭の柔軟性があり、状況や相手に応じて変化できる事。自分だけでなく、相手の考えも認める事ができる事。一つ上から全体を俯瞰できる事。そんな「素直な頭」をつくるための気づきを、この小冊子から得ていただければと思います。

お名前 *
メールアドレス *

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: カーナビからに見る、子育てのヒントとは

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@konokoe.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP