子どもが補導されたら - 非行を防ぎ、素直な子どもへ

子どもが補導されたら

2018.03.10 (土)

子どもが補導されたらどうしたらいいのでしょうか。補導とは、少年補導と言います。警察官がパトロールをする中で、不良行為をしている子どもを見つけた場合、口頭で注意して、記録に取るのです。

 

 

不良行為とは、非行とは行かないまでも、そのまま放置すれば非行に繋がるような行為を言います。ここの警察官が勝手に決めているのではなく、不良行為とは少年警察規則で決められているものです。深夜徘徊や、喫煙や、怠学などです。

 

 

少年補導の記録は、20歳になるまで残ります。20歳になったら廃棄されるものです。少年補導の記録は、少年審判の際に参考にされるのです。ですので、就職や進学に関しては、それほど関係がないとも言えます。

 

 

子どもが少年補導されたら、親としては次の2つのことをします。

 

 

1 先ずは待つ

 

子どもから「警察から少年補導された」と聞いたら、おそらく2〜3日のうちに、警察から電話がかかってくるはずです。先ずはそれを待ちましょう。基本的には学校には連絡されないはずです。少年補導された際に、警察が親の連絡先を子どもから聞いているはずなので、連絡がかかってきます。

 

 

こちらから連絡してもいいのですが、直接少年補導をした警察官でないと、細かいことはわからないと思います。いつ、どこで、どんなことをしていたのか。親としても、今後の子育ての方針の参考になることだと思います。親の知らないことをしているかもしれないからです。

 

 

特に子どもの行為について気にならないのであれば、特段、することはありません。警察の電話に応えて、今後同じようなことがないように子どもに伝えるだけです。

 

 

2 気になるなら

 

 

子どもの行為について気になるなら、電話がかかってきた際に色々聞いて見ましょう。電話がかかって来ないなら、管轄する警察署に電話して聞いて見ましょう。少年補導した警察官がすぐに捕まるとは限りません。非番の可能性もあります。

 

 

なんの行為で補導されたのか。いつ、どこで、誰といたのか。その子どもに対する少年補導は良くあるのか、それとも初めてなのか。などです。

 

 

少年補導は、警察の子どもに対する注意です。それ自体が子どもの人生において不利になるわけではないでしょう。ですが、子どもの生活に気になることがあるなら、警察の話は参考になるのかもしれません。

 


 

 

 

 

プレゼントの無料小冊子を更新しました。「子どもの非行を防ぎための素直な頭のつくり方」です。

 

 

非行に走る子どもは自己中が多いです。頭が固く、自分の価値観に固執しています。周りの人間の価値観や考えを受け入れられず、自分を通そうとします。自分以外の価値観や考えがあること自体が、見えていないのです。自分が正しくて、自分以外の考えは間違いだという先入観から抜けられない状態です。

 

 

子どもは周りから吸収する度合いが強いので、子どもの成長は周りの大人次第の側面があります。「周りの大人が自己中から脱し、素直な頭を持つ事で、接する子どもにも好影響を与えよう」というのが、この小冊子の狙いになります。

 

頭の柔軟性があり、状況や相手に応じて変化できる事。自分だけでなく、相手の考えも認める事ができる事。一つ上から全体を俯瞰できる事。そんな「素直な頭」をつくるための気づきを、この小冊子から得ていただければと思います。

 

お名前 *
メールアドレス *

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 子どもが補導されたら

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@konokoe.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP