警察が厳しい採用状況を乗り切るためには〜警察官千葉とうしろうの「ねらい目」 - 非行を防ぎ、素直な子どもへ

警察が厳しい採用状況を乗り切るためには〜警察官千葉とうしろうの「ねらい目」

2018.04.17 (火)

インターネットラジオ・警察官千葉とうしろうの「ねらい目」の12回目です。

 

 

前半のコーナー「今日のねらい目」は、警察組織で問題になっている採用状況についてです。警察では、採用状況の厳しさが問題とされています。募集枠に対して、応募してくる人数が少ないのです。競争倍率が低くなり、それが人員の質の低下につながるのではないか、と組織は心配しています。

 

 

もしかしたら、警察組織はこれを「好景気の時は相対的に公務員の人気が下がる」などと間違えて捉えているかもしれません。それは景気に左右されるような問題などではなく、「本音と建前」に関わる問題です。本音と建て前がかい離しており、本当に欲しい人材に、組織の実態が伝わっていないのです。

 

 

警察組織に必要なのは、「警察は違う」などと自分たちの組織を特別扱いせず、面子を気にしたりせず、本音を話すことです。本音を話すことにより、説得力、共感、リアルが話しに乗り、警察と学生(社会人)のベストマッチが生まれるのです。考えなしに「倍率が低下している」と嘆く必要はなく、必要な人の元に、必要な情報が届けば、それに越したことはありません。

 

 

後半のコーナー「本のねらい目」は、「超集中力」を紹介しています。選択肢を減らす事が、集中力の維持になります。集中力の源であるウィルパワーは時間とともに消耗し、睡眠や食事などで回復します。ウィルパワーの消耗で代表的なのが、選択肢です。

 

 

集中力をうまく使うには、際限あるウィルパワーの消費を減らし、大事なところで集中力を発揮しなければなりません。ウィルパワーを消費する代表は選択肢です。ミニマリズムにもつながる考えです。モノを減らして、選択肢で悩むことを減らすのです。そうすれば大事な場面で集中力を発揮できます。

未来は小さな一歩から。こちらの内容は、各業界の専門家がインターネットラジオやユーチューブを通して番組を提供する「これから放送局」でも視聴できます。これから放送局はこちらからお楽しみください。

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 警察が厳しい採用状況を乗り切るためには〜警察官千葉とうしろうの「ねらい目」

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@konokoe.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP