結論を伝えるよりも先に、前提をそろえよう〜一番伝わる説明の順番

2018.09.15 (土)

 

話をするとき、誰かに思いを伝えるとき、大勢の前でプレゼンするとき、あなたは何から順番に話していますか?よく言われるのが「結論から」です。最後に結論を持ってこられたのでは、聞いている方はどこに向かって話が進んでいるのかわかりません。

 

 

結論を最初に持ってくることによって、その後から話される理由や根拠が生きています。結論という目的地が話す方と聞く方、両方に意識されていてこそ、理由や根拠が話全体と繋がり、例え話や数字のデータが生き生きとしてくるのです。

 

 

でも実は、結論を伝えるより先にするべきものがあります。それが前提をそろえる事です。前提が整理されていると、結論自体がより効果的になります。前提とは、聞き手が何を聞きたいと望んでいるのか、話し手が何を話したいと思っているのか、そのギャップをどうするのか、です。

 

 

話の内容、つまり結論と理由と根拠が話をする側のものだとしたら、前提とは聞き手側も含めた全体の地図、ということになります。よく言われる「結論から話せ」は、話し手にとってのことです。

 

 

話をより効果的にするには、相手に刺さるようにするには、聞き手側のことも考えなければなりません。それが、結論より先に来る前提をそろえる事なのです。前提をそろえる事で、改めて全体図が見えてきます。

 

 

時間内に何を話せばいいのか、どこまで深く話せばいいのか、どこに重点を置いて話せばいいのか。聞き手側抜きで考えていた内容に修正が加わります。それは、聞き手側の実態がない状態で考えていた、つまり準備していただけではつかめなかった、準備と実践のブレになります。

 

 

難しいのが「前提をそろえることが実践の中でしかできない」ということでしょう。前提をそろえるには相手が必要であり、その「相手がいる」というのは、つまりは本番です。本番が始まってからしか、前提をそろえることはできないのです。

 

 

本番が始まって、実際に準備してきた内容を話すまでのわずかな間。そのわずかな間に、自分が話したいことと、相手が聞きたいことのギャップを捉えて修正するのです。それをすることで、「場」全体の一体感が出てくるのでしょう。

 

 

具体的には、雑談ということになります。一見なんの関わりもないような世間話から、

・聞き手のレベルはどのくらいか

・聞き手の雰囲気はどんな感じか、

・この聞き手なら、ここを修正した方がいい

・ここを修正すると、全体としてこんな感じかな

というのを頭の中で整理することになります。

 

伝わりやすい話し方とは、結論と理由と根拠があって、結論よりも先に前提が整理されている話し方です。聞き手の望む内容と、話し手が話したい内容のギャップを修正する作業なのです。

 


 

 

 

 

プレゼントの無料小冊子を更新しました。「子どもの非行を防ぐための素直な頭のつくり方」です。

 

 

非行に走る子どもは自己中が多いです。頭が固く、自分の価値観に固執しています。周りの人間の価値観や考えを受け入れられず、自分を通そうとします。自分以外の価値観や考えがあること自体が、見えていないのです。自分が正しくて、自分以外の考えは間違いだという先入観から抜けられない状態です。

 

 

子どもは周りから吸収する度合いが強いので、子どもの成長は周りの大人次第の側面があります。「周りの大人が自己中から脱し、素直な頭を持つ事で、接する子どもにも好影響を与えよう」というのが、この小冊子の狙いになります。

 

頭の柔軟性があり、状況や相手に応じて変化できる事。自分だけでなく、相手の考えも認める事ができる事。一つ上から全体を俯瞰できる事。そんな「素直な頭」をつくるための気づきを、この小冊子から得ていただければと思います。

 

お名前 *
メールアドレス *


 

抽象化の視点を身につけるセミナーを定期的に開催しています。スケジュール・詳細はこちらをご覧ください。

 

自己中が思いやりに、
生真面目が寛容に、
怒りっぽさが優しさに、
そして非行が素直に変わります。

 

心よりお待ちしております。

お手数ですが、下記ご記入の上送信してください。
折り返しご連絡を差し上げます。

お名前 *
メールアドレス *
メールアドレス
(確認用)*
お電話番号 *
ご参加希望日*

※お申込み時に「受信拒否設定」などがあると当方からメールが届かない場合があります。また「迷惑メールフォルダ」に入ってしまい、返信に気が付かない場合がありますので必ずご確認をお願いいたします。

ご意見・ご質問・ご要望などあればご自由にご記入ください(任意)

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 結論を伝えるよりも先に、前提をそろえよう〜一番伝わる説明の順番

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@konokoe.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP