SNSで批判する人の勘違い〜警察官千葉とうしろうの「ねらい目」 - 非行を防ぎ、素直な子どもへ

SNSで批判する人の勘違い〜警察官千葉とうしろうの「ねらい目」

2018.07.24 (火)

SNSで人の批判する人がいます。そのような人は周りが見えていない、という内容になります。

 

 

サッカーなどのスポーツの分野なら、まだかわいい方です。明確な序列があるからです。「外野がどんなに騒いでも、所詮はプレーヤーに敵わない」というのを、批判する方もわかっているからです。批判されるプレーヤーとは、その道で成功した人です。実際にプレーすることになったら、批判している人たちは逆立ちしたって、敵いません。

 

 

ですが、これがスポーツ以外の分野だと、勘違いしている人が多いのではないでしょうか。学校とか政治の分野だと、明確な序列がわからない。スポーツの様に上手いプレーをテレビで見られるわけでもないし、わかりやすい成績があるわけでもありません。

 

 

最近、学校の先生や行政がエアコンの設置問題や、熱波のもとでの活動で、批判を受けている状況があります。それに対して、あたかも同等という意識で批判している内容が目につきます。「もし自分が学校の先生だったら、今の学校の先生よりずっとうまくやっている」かの様な内容です。

 

 

学校の先生も行政もそうですが、数限りない制約の中で動いています。時間だったり、人数だったり、場所的なものだったり、人間関係だったり。制約条件がある中でやっているのです。それらの制約条件とは、側から見ている分にはわからないものでしょう。

 

 

「SNSで批判する人」というのは、あたかも自分がわかった気になってしまっている、という痛い人でしかないのです。

 

未来は小さな一歩から。こちらの内容は、各業界の専門家がインターネットラジオやユーチューブを通して番組を提供する「これから放送局」でも視聴できます。

 


 

 

 

 

プレゼントの無料小冊子を更新しました。「子どもの非行を防ぐための素直な頭のつくり方」です。

 

 

非行に走る子どもは自己中が多いです。頭が固く、自分の価値観に固執しています。周りの人間の価値観や考えを受け入れられず、自分を通そうとします。自分以外の価値観や考えがあること自体が、見えていないのです。自分が正しくて、自分以外の考えは間違いだという先入観から抜けられない状態です。

 

 

子どもは周りから吸収する度合いが強いので、子どもの成長は周りの大人次第の側面があります。「周りの大人が自己中から脱し、素直な頭を持つ事で、接する子どもにも好影響を与えよう」というのが、この小冊子の狙いになります。

 

頭の柔軟性があり、状況や相手に応じて変化できる事。自分だけでなく、相手の考えも認める事ができる事。一つ上から全体を俯瞰できる事。そんな「素直な頭」をつくるための気づきを、この小冊子から得ていただければと思います。

 

お名前 *
メールアドレス *


 

抽象化の視点を身につけるセミナーを定期的に開催しています。スケジュール・詳細はこちらをご覧ください。

 

自己中が思いやりに、
生真面目が寛容に、
怒りっぽさが優しさに、
そして非行が素直に変わります。

 

心よりお待ちしております。

お手数ですが、下記ご記入の上送信してください。
折り返しご連絡を差し上げます。

お名前 *
メールアドレス *
メールアドレス
(確認用)*
お電話番号 *
ご参加希望日*

※お申込み時に「受信拒否設定」などがあると当方からメールが届かない場合があります。また「迷惑メールフォルダ」に入ってしまい、返信に気が付かない場合がありますので必ずご確認をお願いいたします。

ご意見・ご質問・ご要望などあればご自由にご記入ください(任意)

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: SNSで批判する人の勘違い〜警察官千葉とうしろうの「ねらい目」

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@konokoe.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP