子どもの非行を防ぐ抽象化思考トレーニング(その2、常識だと思わない) - 非行を防ぎ、素直な子どもへ

子どもの非行を防ぐ抽象化思考トレーニング(その2、常識だと思わない)

2018.07.27 (金)

普段の生活の中で、「そんなの常識なのにどうして誰もわからないんだろう」「そんなの当たり前なのに、なぜあの人は理解できないんだろう」「決まり切ったことなのに、なんて世間知らずなんだ」と感じる事はないでしょうか。

 

 

職場でも「そんなの社会人として常識だろう」とか「どうしてそんな当たり前のことがわからないんだ」という言葉がよく聞かれまます。実際に口に出して言うまでしなくとも、「世の中には常識がなかったり、当たり前が通じない人が多すぎる」と、感じてはいないでしょうか。

 

 

 

もしそうなのであれば、あなたは視野狭窄に落ち入っているのかもしれません。自分中心となり、周りが見えていないのかもしれません。世の中で多く言われている「常識」というのは、ごく狭い範囲の中でしか通じないものがほとんです。

 

 

 

・箸は右手で持つ

・朝のあいさつは「おはよう」と言う

・服を着て外出する

 

 

 

一見、当たり前のように思えることですが、どれも前提条件がつきます。「現代の日本においては、」という前提条件です。日本と違う文化を持った、例えばアフリカで生活する人たちに対して「箸は右手で」と言ったところで通用しません。英語圏で朝のあいさつは「グッド・モーニング」でしょう。文明を持つ以前の昔の人に向かって「外出時は服を」と言っても相手にされないでしょう。

 

 

 

ほんの30年前には、携帯電話も存在しませんでした。それが、肩に掛けて持ち運べる電話が世に出てきて、手に収まるガラケーが出てきて、インターネットと繋がったスマートフォンが出てきたのです。今の時代、スマートフォンを知らない人がいないのは「当たり前」で、肩に掛けるような大きな電話を持ち運んでいる人は「非常識」と思われるでしょう。

 

 

 

ですが「当たり前」や「常識」というのは、前提条件次第でいくらでもくつがえるものです。時間や場所が変わればいくらでも「当たり前が通じない人」や「非常識な人」は存在します。世の中に正解はありません。条件次第で、いくらでも正解にもなり得るし、不正解にもなり得るのです。

 

 

 

何かを常識だと思ったり、当たり前だと思ったり、当然の事だと思うことは、具体レベルでしか物事を見られていない結果です。具体化とは線を引く事でもあります。線を引いて手を加えられないものだと神聖視してしまう事です。

 

 

一歩引いた「そもそも」の視点が抜けており、視野狭窄に陥っている典型とも言えます。常識だと思ってしまっては、常識だと思って引いた線の中でしか物事を考えられません。引いた線自体を疑う事。そもそも常識だと思って引いた線は正しいのか。引いた線は正しいのか。

 

 

「常識」という言葉は、説明できない事柄に対する逃げ口上でしかありません。物事を深く考えず、具体レベルの視点しかない人は、よくこの常識という言葉を使います。「何でそうなんですか?」と聞かれて「それが常識だから」「そんなの常識だよ」という人は、なぜそれが必要なのかまで考えられないのです。

 

 

常識という言葉を使わないことは、抽象化思考を促すトレーニングになります。常識という線に縛られた、狭い範囲しか見えない視点から抜け出し、一歩引いた視点を得るために、常識という言葉を使わないことが有効です。一歩引いて「そもそも」の視点から考えること。あらかじめ決まっていると思われる部分から脱し、上から全体を眺める視点を持とうとすること。それは抽象化思考を促すかっこうのトレーニングとなります。

 


 

 

 

 

プレゼントの無料小冊子を更新しました。「子どもの非行を防ぐための素直な頭のつくり方」です。

 

 

非行に走る子どもは自己中が多いです。頭が固く、自分の価値観に固執しています。周りの人間の価値観や考えを受け入れられず、自分を通そうとします。自分以外の価値観や考えがあること自体が、見えていないのです。自分が正しくて、自分以外の考えは間違いだという先入観から抜けられない状態です。

 

 

子どもは周りから吸収する度合いが強いので、子どもの成長は周りの大人次第の側面があります。「周りの大人が自己中から脱し、素直な頭を持つ事で、接する子どもにも好影響を与えよう」というのが、この小冊子の狙いになります。

 

頭の柔軟性があり、状況や相手に応じて変化できる事。自分だけでなく、相手の考えも認める事ができる事。一つ上から全体を俯瞰できる事。そんな「素直な頭」をつくるための気づきを、この小冊子から得ていただければと思います。

 

お名前 *
メールアドレス *


 

抽象化の視点を身につけるセミナーを定期的に開催しています。スケジュール・詳細はこちらをご覧ください。

 

自己中が思いやりに、
生真面目が寛容に、
怒りっぽさが優しさに、
そして非行が素直に変わります。

 

心よりお待ちしております。

お手数ですが、下記ご記入の上送信してください。
折り返しご連絡を差し上げます。

お名前 *
メールアドレス *
メールアドレス
(確認用)*
お電話番号 *
ご参加希望日*

※お申込み時に「受信拒否設定」などがあると当方からメールが届かない場合があります。また「迷惑メールフォルダ」に入ってしまい、返信に気が付かない場合がありますので必ずご確認をお願いいたします。

ご意見・ご質問・ご要望などあればご自由にご記入ください(任意)

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 子どもの非行を防ぐ抽象化思考トレーニング(その2、常識だと思わない)

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@konokoe.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP