交通違反で切符にサインをしなくてもいいのか

2019.06.01 (土)

警察官から交通の取り締まりを受けて、サインをしない人って時々います。いるんです。ですけど、私はサインをするべきだと強く思うんです。それっていうのは、その人のアイデンティティにも関わることです。嘘をつくことになるからです。

 

 

テレビでもよく、犯罪を犯して逃げている人が紹介されています。人を殺しておいて、ドロボーをしておいて、捕まりたくないものだから逃げいている人。指名手配になっている人。そういう人をテレビやネットで見て、「卑怯だな」とか「人間として許せないね」なんて思うことはありませんか? 今までそんなニュースを見たり聞いたりして、「自分だったらそんなこといはしないな」と思うことはありませんか?

 

 

交通取り締まりを受けてサインをしないということは、そんな犯人をこの先、笑えないことになります。そんな犯罪人を反面教師として見ることができないことになります。なぜなら、サインをしないということは、彼らと一緒になってしまうからです。罪を犯して逃げている、ということで何ら、彼らと変わらない存在になってしまうんです。

 

 

もしあなたに子どもがいるのなら、子どもに対しても「嘘をつくな」とか「悪いことをしたら正直にいうこと」なんて言えなくなります。なぜなら、あなたが嘘をついているのだから。なぜなら、あなたが正直に言っていないのだから。

 

 

交通取り締まりを受けるということは、警察の勘違いではありません。おそらく大部分は、違反者が意固地になって交通違反を認めていないだけです。だから、結局は「自分に正直になった方がいいですよ」ということになります。警察が見間違えるわけがないんです。だって、ハッキリとわかるんですから。見えるんですから。見間違えようがありません。車のナンバーも、運転している人間も。携帯電話であれば、使っている携帯電話がどんな携帯電話なのかも。何もかも分かるんですよ。一回、道路で車を止めて、顔を上げて周りを見てみればいいと思います。意外と交通違反が多いことに気づきます。意外と交通違反は見つけられることに気づきます。結構、自信を持って違反だと言えることに気づきます。

 

 

だから、「意固地にならないで正直になれば」というのが私の意見です。一回、嘘をいうと癖になります。一回、逃げてしまうと、逃げたことがある、という事実から逃げることができなくなります。一回やってしまうと、後戻りができなくなるんです。

 

 

何のことはない。たかだか交通違反です。認めたからと言って、サインをしたからと言って、人生に負けたわけではありません。確かに「サインをしたくない」という気持ちはわからないでもないです。「警察官の言い方が気に入らない」とか「他にも違反者がたくさんいる中で、自分だけが取り締まりを受けるのが納得できない」という気持ちもわからないでもありません。

 

 

ですが、そこは気持ちの持っていきようです。大人になるべきところでしょう。「すいませ〜ん」なんて軽口叩いてサインでもしてやればいいんです。「ごめんねえ」なんて言って、自分の名前を書いてやればいいんです。そうすれば逃げていることにもならず、交通違反をしたことはリセットされます。なぜなら、ちゃんとした形式で罪を清算しているからです。逃げずに受け止めて、自分がやったことと正面から向き合っているからです。

 

それを、サインをしなかったり、違反を認めないから、おかしな話になるんです。話がややこしくなるし、状況がこじれるんです。

 


 

「素直さ」を考えるセミナーを定期的に開催しています。スケジュール・詳細はこちらをご覧ください。

 

自己中が思いやりに、
生真面目が寛容に、
怒りっぽさが優しさに、
そして非行が素直に変わります。

 

心よりお待ちしております。

お手数ですが、下記ご記入の上送信してください。
折り返しご連絡を差し上げます。

お名前 *
メールアドレス *
メールアドレス
(確認用)*
お電話番号 *
ご参加希望日*

※お申込み時に「受信拒否設定」などがあると当方からメールが届かない場合があります。また「迷惑メールフォルダ」に入ってしまい、返信に気が付かない場合がありますので必ずご確認をお願いいたします。

ご意見・ご質問・ご要望などあればご自由にご記入ください(任意)


 

30分の無料相談を承っています。子ども、非行、犯罪、警察対応、などのキーワードで気になりましたらご利用ください。基本はウェブ会議アプリを使ってのオンラインですが、電話や面談も対応できます。

 

モヤモヤ状態のあなたが、イキイキとする無料相談です。次の一歩を踏み出すために、お気軽にお問い合わせください。

 

下記お問い合わせフォームで「相談希望」である旨をお知らせ下さい。

お名前 *
メールアドレス *
電話番号
お問い合わせ内容*


 

プレゼントの無料小冊子を更新しました。「子どもの非行を防ぐための素直な頭のつくり方」です。

 

非行に走る子どもは自己中が多いです。頭が固く、自分の価値観に固執しています。周りの人間の価値観や考えを受け入れられず、自分を通そうとします。自分以外の価値観や考えがあること自体が、見えていないのです。自分が正しくて、自分以外の考えは間違いだという先入観から抜けられない状態です。

 

子どもは周りから吸収する度合いが強いので、子どもの成長は周りの大人次第の側面があります。「周りの大人が自己中から脱し、素直な頭を持つ事で、接する子どもにも好影響を与えよう」というのが、この小冊子の狙いになります。

 

頭の柔軟性があり、状況や相手に応じて変化できる事。自分だけでなく、相手の考えも認める事ができる事。一つ上から全体を俯瞰できる事。そんな「素直な頭」をつくるための気づきを、この小冊子から得ていただければと思います。

お名前 *
メールアドレス *

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 交通違反で切符にサインをしなくてもいいのか

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@konokoe.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP