テーマ「非行の原因や対策」の投稿一覧

抽象化の3つの効果が、なぜ子どもの非行防止に関係があるのか

2019.03.25 (月)

子どもの非行を防ぐには、物事を抽象的に考える必要がある。抽象とは、具体の反対である。具体が「ハッキリしたこと、分かりやすいこと、細かいこと、現実的なこと」を求めるのに対し、抽象は「モヤモヤしたこと、分かりにくいこと、大ざ … 続きを読む»

子どもの非行を防ぐために必要な、抽象化思考の3つの効果とは

2019.03.23 (土)

子どもの非行を防ぐには、物事を抽象的に見ることが必要である。抽象とは具体の反対である。具体とは、ハッキリしているもの、分かりやすいもの、細かいもの、現実的なもの、自分に近いもの、である。それに対して抽象とは、ふわっとして … 続きを読む»

子どもの非行を防ぐために家庭で気にする事とは

2019.03.22 (金)

子どもの非行を防ぐために家庭で気にする事とは、「気にしない事」である。「気にしない事」を気にしなければならない。大らかになる事、大雑把になる事、細かい事を気にしない事、「どっちでもいいよ」「どうでもいいよ」と考えられるよ … 続きを読む»

子どもの非行を防ぐために何に目を向けるべきか

2019.03.21 (木)

子どもの非行を防ぐために目を向けなければならないもの、それは抽象的なものである。モヤモヤとしていて、分かりづらいもの。ハッキリしていて分かりやすいものである具体的なものよりも、抽象的なものに目を向けるべきである。 &nb … 続きを読む»

子どもの非行を防ぐために気をつけることとは

2019.03.20 (水)

子どもの非行を防ぐには、細かいことは気にしない方がいい。細かいことを気にするとは、不寛容さの現れである。正解はない、当たり前はない。そんなことが分かっていると、ついつい指摘したくなる相手の至らない所なんてものは、実は無い … 続きを読む»

子どもの非行を防ぐための具体的な方法とは

2019.03.19 (火)

子どもの非行を防ぐための具体的な方法を3つ言いたい。それは、本を読むこと、モノづくりをすること、積極的に変わることである。具体的な方法は、まだまだあると思う。けれどこの3つが、今のところ私が「子どもの非行を防ぐためにいい … 続きを読む»

子どもを非行に走らせないために意識することとは

2019.03.18 (月)

子どもの非行を防ぐには、囚われないことが必要だ。囚われないようにするには、自分の心の奥底にある本音と対話しなければならない。   私たちが囚われるものとは、具体的なものである。ハッキリしているもの、分かりやすい … 続きを読む»

家庭で何をすれば、非行や犯罪を防ぐことができるのか

2019.03.17 (日)

非行や犯罪を防ぐために家庭でするべきことは、想像する時間を持つことである。犯罪者や非行少年のみならず、マナー違反の人間や、トラブルメーカー、チンピラ、不良。彼らがどんな人間かというと、想像することができない人間なのである … 続きを読む»

犯罪や非行を防ぐために家庭で何をすればいいのか

2019.03.16 (土)

モノづくりの時間をとること、本を読む時間を作ること、一人で想像する時間を作ること。そうすれば、非行や犯罪は防ぐことができる。家庭から犯罪者や非行少年を出さないためにできることである。これらのことを子どもにやらせるのではな … 続きを読む»

家庭で何をすれば、非行や犯罪は減るのか

2019.03.15 (金)

「家庭で何をすれば、非行や犯罪は減るのか」     それは考えることをすることだ。自分の本音はどこにあるのか。自分は人生で何を成し遂げたいのか。自分の理想の人生はどこにあるのか。自分はこの世に生を受け … 続きを読む»

1 2 3 4 5 6 53

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP