子どもを非行から素直な成長へ導くコラム

無園児虐待のニュースに見る、親が子どもと距離を置くべき理由

2020.09.29 (火)

親は子どもと距離を置くべきだ。     犯罪や非行っていうのは怒りによって発生することが多い。家庭内暴力、ご近所トラブル、親子喧嘩、虐待。普段は仲良くしていても、怒りの感情が原因となって修羅場になる。 … 続きを読む»

焚き火のルーツは人類躍進の原動力だった〜われわれはなぜ嘘つきで自信過剰でお人好しなのか

2020.09.28 (月)

  「物語の口承は、火の管理のもうひとつの副産物だったのかもしれない。なぜなら、日中の狩猟採集民の会話は、焚き火のまわりに集まって語り合う夜の物語とは大きく異なるからだ」 —『われわれはなぜ嘘つきで自信過剰でお … 続きを読む»

コロナ禍ではプレゼン最中のおしゃべりを、ドブに捨てることがなくなる

2020.09.27 (日)

昨日、オンライン上でプレゼンをする機会があった。     20人ほどのプレゼンターによる、ズームを使ってのプレゼン。本当は都内あたりに場所を借りて集まってのプレゼンをしたかったのだけれど、コロナの勢い … 続きを読む»

子どもに与えたい、多様化の時代に必要な能力とは

2020.09.26 (土)

今日、とある場所でプレゼンをする機会があった。     20人ほどが集まっての、各自の仕事に関する近況報告である。一人の持ち時間が30分で、それぞれが今現在の仕事の状況を発表したり、または商品としての … 続きを読む»

たとえば、子どもに無理にご飯をたべさせることの功罪

2020.09.24 (木)

子どもの非行を防ぐには、怒らないことが大切だ。     警察官をやっているとわかるのだけれど、非行や犯罪の現場には大抵、怒っている人がいる。家庭内のケンカでもそうだし、ご近所どうしのトラブルでもそうな … 続きを読む»

未来・可能性がある子どもを、非行に走らせない。

家族の財布から現金を抜いたり、お店で万引きしたり、非行の兆しを見せた小学校低学年の子どもを、非行に走る事なく、素直なまま成長させます。小学校低学年は、子ども自身の成長や環境の変化で問題行動が多くなりますが、社会性や基本的な善悪の判断が養われる時期です。私には、少年補導や少年事件捜査をとおして、多くの子どもと接し、また寄せられる悩み相談に対応し解決してきた経験があります。子の声傾聴会では、セミナー、相談、コンサルティングなどをとおして、皆さんのお悩みを解決しています。

子どもを非行に走らせることなく、健全に成長させるために

大学卒業後、民間企業を経て警察官を拝命。子どもを授かり、子どもの無邪気さ、素直さ気づく。警察官の仕事に誇りを感じ、社会の中で子どもが健全に育つべく、少年犯罪に積極的に携わる。多くの子どもと接し、また寄せられる家庭の悩みに精力的に対応し、解決してきた。しかし警察官としての経験を重ねるうちに、子どもの声よりも組織の都合を優先した体質に疑問を感じ、悩み始める。執行力の低下、同僚との不和。現在、束縛ばかりの組織を離れ、自由な立場に身を置く。警察官のフィルターをとおして見た、子育て社会について発信中。

子どもを非行に走らせないために

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP