子どもを非行から素直な成長へ導くコラム

「家族にイライラしてしまう」を改善するのに、なぜ「自分の考える時間」が必要なのか

2019.05.24 (金)

家族に対してイライラしてしまう。可愛いはずの子どもにもつらく当たってしまう。そんなことで悩んでいないでしょうか。     私は、イライラや怒りっぽい性格を穏やかにするには、自分の時間を作ることが大切だ … 続きを読む»

「人生をどう好転させたらいいのか」が具体例でわかる〜最強!のニーチェ

2019.05.23 (木)

  19世紀に生きたドイツの哲学者、フリードリヒ・ニーチェの実存哲学について書かれた本になります。20代の女性ビジネスマン・アキホちゃんが、作家である著者とニーチェ哲学について問答する形です。   & … 続きを読む»

子どもどうしのケンカにどう対応するか

2019.05.22 (水)

よくケンカの仲裁はしますし、子どもだけでなく大人どうしのトラブルの仲裁もします。一番言いたいのは、立場が違えば見えている風景も違う、ということです。ケンカのトラブルは、本当に立場ごとに見えているものが違うんです。しかもお … 続きを読む»

イライラを抑える方法とは

2019.05.21 (火)

イライラを抑えるには、書くことをお勧めします。書くことです。文章を書くことです。書くといっても、ペンで紙に向かって書くよりは、キーボードを使ってディスプレイに打っていく方がいいと思います。まず、自分の気持ちを第三者的に見 … 続きを読む»

おかげで般若心境が好きになりました〜史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち

2019.05.20 (月)

  内容としては、古代インド仏教と諸子百家と日本の仏教の総おさらいって感じです。でも内容が濃かった。特に、古代インド哲学の説明のところ。難解で的を絞りきれないような内容なんでしょう。本物は。それを、バキテイスト … 続きを読む»

未来・可能性がある子どもを、非行に走らせない。

家族の財布から現金を抜いたり、お店で万引きしたり、非行の兆しを見せた小学校低学年の子どもを、非行に走る事なく、素直なまま成長させます。小学校低学年は、子ども自身の成長や環境の変化で問題行動が多くなりますが、社会性や基本的な善悪の判断が養われる時期です。私には、少年補導や少年事件捜査をとおして、多くの子どもと接し、また寄せられる悩み相談に対応し解決してきた経験があります。子の声傾聴会では、セミナー、相談、コンサルティングなどをとおして、皆さんのお悩みを解決しています。

子どもを非行に走らせることなく、健全に成長させるために

大学卒業後、民間企業を経て警察官を拝命。子どもを授かり、子どもの無邪気さ、素直さ気づく。警察官の仕事に誇りを感じ、社会の中で子どもが健全に育つべく、少年犯罪に積極的に携わる。多くの子どもと接し、また寄せられる家庭の悩みに精力的に対応し、解決してきた。しかし警察官としての経験を重ねるうちに、子どもの声よりも組織の都合を優先した体質に疑問を感じ、悩み始める。執行力の低下、同僚との不和。現在、束縛ばかりの組織を離れ、自由な立場に身を置く。警察官のフィルターをとおして見た、子育て社会について発信中。

子どもを非行に走らせないために

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP