子どもを非行から素直な成長へ導くコラム

育児を楽にするには距離を置くことであって、そのためには書くことだ

2020.12.02 (水)

生後5ヶ月の男の子を殺したとして、神奈川県警が35歳の母親を逮捕したという。母親は容疑を認めており、育児に悩んでいたとか。さっきニュースで見た。     僕は男なので、女性の悩みについてどうこう言える … 続きを読む»

辛さのドラゴンフィッシュブロー。共感されないことがこたえる。

2020.12.01 (火)

ときどき自分が嫌になる。     もっと自身を持って歩いていったらいいのに。もっと胸を張って人前に出ていればいいのに。LINEで、フェイスブックで、リアルな中で。もっと堂々としていたらいいのに。 &n … 続きを読む»

トラブル製造装置としての法律。法律や規則の負の面2つ〜あぶない法哲学 常識に盾突く思考のレッスン

2020.11.30 (月)

  この本も面白かった。     1つ前に読んだ「科学をかたるとはどういうことか」も面白かったけど、この本も同じように哲学関係の本。よかった。やっぱりこれまでにない視点っていうのは、本を読む … 続きを読む»

バクマンのサイコーとシュージンへの要望。睡眠時間とハイスクール奇面組の影

2020.11.29 (日)

  「バクマン」を読んでる。     「いまさら」になるのだろうか、わからない。SNSを見ていて読みたくなった。とあるライターの人がバクマンを賛美する記事をSNSに投稿していて、その記事を読 … 続きを読む»

ブラック・フライデーにミニマリストの気持ちが揺らぐ

2020.11.28 (土)

黒いパンダ。     今日、近所のイオンに行ったら黒色の広告だらけだった。天井にも商品棚にも、黒を背景とした世界の中で黒色のパンダが踊っている。本来は白色と黒色であるはずなのに、体のほとんどが黒色のパ … 続きを読む»

未来・可能性がある子どもを、非行に走らせない。

家族の財布から現金を抜いたり、お店で万引きしたり、非行の兆しを見せた小学校低学年の子どもを、非行に走る事なく、素直なまま成長させます。小学校低学年は、子ども自身の成長や環境の変化で問題行動が多くなりますが、社会性や基本的な善悪の判断が養われる時期です。私には、少年補導や少年事件捜査をとおして、多くの子どもと接し、また寄せられる悩み相談に対応し解決してきた経験があります。子の声傾聴会では、セミナー、相談、コンサルティングなどをとおして、皆さんのお悩みを解決しています。

子どもを非行に走らせることなく、健全に成長させるために

大学卒業後、民間企業を経て警察官を拝命。子どもを授かり、子どもの無邪気さ、素直さ気づく。警察官の仕事に誇りを感じ、社会の中で子どもが健全に育つべく、少年犯罪に積極的に携わる。多くの子どもと接し、また寄せられる家庭の悩みに精力的に対応し、解決してきた。しかし警察官としての経験を重ねるうちに、子どもの声よりも組織の都合を優先した体質に疑問を感じ、悩み始める。執行力の低下、同僚との不和。現在、束縛ばかりの組織を離れ、自由な立場に身を置く。警察官のフィルターをとおして見た、子育て社会について発信中。

子どもを非行に走らせないために

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP