子どもを非行から素直な成長へ導くコラム

キャンパスライフが読んでいてよみがえる〜砂漠

2019.10.18 (金)

  「何やってるんだバカヤロー」 「何度、同じことを言わせるんだ」 「ミスばかしやがって」     社会に出て働き始めると、実に色々な罵声を浴びせられることになる。私もそうだった。社会人にな … 続きを読む»

子どもを可愛がっていてはダメなことは、中国史からも学べる〜史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち

2019.10.17 (木)

    中国の歴史を見ていると、ずっと世襲というのをやって失敗しているようだ。世襲とはつまり、自分の子どもを王様にするということ。自分の子どもを王様にして、自分の子どもに苦労することなく甘い汁を吸わせ … 続きを読む»

教員間のいじめ問題について「あってはならないこと」なんて言っているのは論外

2019.10.16 (水)

神戸市東須磨の小学校で、教員間のいじめが問題になっていますよね。30歳代の男性教員が、同僚の同じ年齢くらいの男性教員と40歳代の女性先輩教員にいじめを受けたってことで。激辛カレーを無理に食べさせられたとか、悪口を言われた … 続きを読む»

いつまでたっても解けない数学の難問と同じで、子どもの泣き声って解決しなければならない永遠のテーマ

2019.10.15 (火)

      私は子どもが好きだ。自分の子どものみならず、社会において子どもは大切にしなければならない存在だと思っているし、守らなければならない存在だとも思っている。誰の子どもであれ、愛しさは … 続きを読む»

争いごとと向き合う警察官は、野生動物を身近で見る機会を得た動物学者のようだ

2019.10.14 (月)

警察官になって、「何がいいのか」「何が良かったのか」というと、イライラの矢面に立てることだろう。人間の、一番嫌な部分に立ち会うことができる。これが警察官になって、一番私が得をしたところだ。一番嫌な部分、それは怒りの感情だ … 続きを読む»

未来・可能性がある子どもを、非行に走らせない。

家族の財布から現金を抜いたり、お店で万引きしたり、非行の兆しを見せた小学校低学年の子どもを、非行に走る事なく、素直なまま成長させます。小学校低学年は、子ども自身の成長や環境の変化で問題行動が多くなりますが、社会性や基本的な善悪の判断が養われる時期です。私には、少年補導や少年事件捜査をとおして、多くの子どもと接し、また寄せられる悩み相談に対応し解決してきた経験があります。子の声傾聴会では、セミナー、相談、コンサルティングなどをとおして、皆さんのお悩みを解決しています。

子どもを非行に走らせることなく、健全に成長させるために

大学卒業後、民間企業を経て警察官を拝命。子どもを授かり、子どもの無邪気さ、素直さ気づく。警察官の仕事に誇りを感じ、社会の中で子どもが健全に育つべく、少年犯罪に積極的に携わる。多くの子どもと接し、また寄せられる家庭の悩みに精力的に対応し、解決してきた。しかし警察官としての経験を重ねるうちに、子どもの声よりも組織の都合を優先した体質に疑問を感じ、悩み始める。執行力の低下、同僚との不和。現在、束縛ばかりの組織を離れ、自由な立場に身を置く。警察官のフィルターをとおして見た、子育て社会について発信中。

子どもを非行に走らせないために

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP