テーマ「非行の原因と対策」の投稿一覧

子どもの蹴ったり叩いたりの暴力が気になるなら

2019.09.29 (日)

普段、子どもに対して「そんなことを言った覚えはない」などと言っていないだろうか。子どもがする暴力的な行為や、粗暴な言葉遣い。それに対して、「自分はそんな言葉遣いはしない」とか「自分はそんな行動を教えた覚えはない」などと言 … 続きを読む»

イライラをなくし、優しさを育むための理論(その5)

2019.09.19 (木)

次に「相手にうまく説明する効果」である。相手に何を説明する際は、新しい概念なりを説明することが多いだろう。そもそも相手にとっては未知であるから説明の必要性が出てくるものであって、相手が知っているものであればわざわざ説明す … 続きを読む»

イライラをなくし、優しさを育むための理論(その4)

2019.09.18 (水)

ここでも大事なのは、同じと見ることである。相手と自分を同じレベルの人間と認識することである。もしも「自分はあいつとは違う」とか「あいつの言っていることが分からない」などと、自分と相手を別々の種類の生き物、違う世界に住む住 … 続きを読む»

イライラをなくし、優しさを育むための理論(その3)

2019.09.17 (火)

自分が見えている世界は部分であるにも関わらず、それが全体像だと思ってしまっている。しかも、そのことに気づいていない。これが、私が交通事故処理をする中ではじき出した、世のケンカやトラブルに共通する原因ではないかと思う。もっ … 続きを読む»

イライラをなくし、優しさを育むための理論(その2)

2019.09.16 (月)

相手と仲良くなれる     イライラしないようにするにはどうすれば良いのか。それは、相手と仲良くなってしまえば良いのである。相手と友達になって、繋がりを持ってしまえば良いのだ。職場でもよくある話だと思 … 続きを読む»

イライラをなくし、優しさを育むための理論(その1)

2019.09.15 (日)

私が「妄想スナイパー理論」と呼んでいる理論について説明しよう。妄想スナイパー理論とは、優しさを育むための理論である。小学生の頃、悪いことをした際に、先生に呼ばれて怒られた記憶はないだろうか。クラスメイトに対して意地悪した … 続きを読む»

子どもの非行を防ぐ方法とは、ジャンプ力のようなものである(その2)

2019.09.14 (土)

目の前のリアリティのある怒りの感情にとらわれずに、冷静に相手の気持ちを想像しようとすること。それは、目に見えないものを見ようとすることだ。手で触れないものを手で触ろうとすることだ。無いものを想像することだ。「自分に対して … 続きを読む»

子どもの非行を防ぐ方法とは、ジャンプ力のようなものである(その1)

2019.09.13 (金)

ジャンプの画像がたくさん出てきた。二つの世界を繋ぐとか、遠くから近くを狙うとか、私は子どもの非行を防ぐ方法、イライラしない方法、優しさを育む方法、思いやりを育てる方法、相手の身になって考える方法、などを、文章にしている。 … 続きを読む»

思いやりを育む方法とは(その5)

2019.09.11 (水)

例えば、映画館に行ったとしよう。席に座って、さて、映画を見ようとした瞬間、前の席に座っている人間が、頭をゆらゆらさせていることが分かる。これでは見づらい。「注意しようかどうか」と散々迷った挙句に、「よし言ってやろう。注意 … 続きを読む»

思いやりを育む方法とは(その4)

2019.09.10 (火)

答えは、共通点である。共通点を見つけることによって、一見繋がらざるものを繋げているのである。例えば、「自分の理解を助ける効果」で出てきた新しくできたコンビニ。これで買い方が分からなくならないのは、過去のコンビニに通った経 … 続きを読む»

1 2 3 4 5 6 59

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP