テーマ「反道徳的子育て論」の投稿一覧

非行の経緯のあるお友達とのお付き合いについて

2020.01.19 (日)

いいんじゃないですか?     息子さんや娘さんが、非行の経緯があるお友達と付き合っていて、悪い影響を受けるかもしれない。あるいは、息子や娘に感じている悪さが、その非行の経緯のあるお友達からの悪影響か … 続きを読む»

子どもの主体性はなぜ必要なのか(その2)

2020.01.18 (土)

ここまでは「主体性」の話でした。     なぜ人生に主体性が必要なのか、という話。今度は、なぜその主体性が子どもに必要なのか、という話です。これは基礎固めでもあります。子どもの頃から主体性を持って行動 … 続きを読む»

子どもの主体性はなぜ必要なのか(その1)

2020.01.17 (金)

「子どもの主体性はなぜ必要なのか」     この問いに答えるには、ちょっと問いを変えなくてはなりません。「なぜ子どもに主体性は必要なのか」に変えたいと思います。同じことだと思うので、この「なぜ子どもに … 続きを読む»

子どもが非行に走らない家庭環境の作り方

2020.01.11 (土)

警察官をやっていると、夜中に警察署の中で子どもの笑い声を聞くことがある。     警察官というのは、基本的に24時間働いている。それはそうだろう。事件や事故というものに時間の制限はない。夜になったから … 続きを読む»

子育てにおいて、「理解できない」はチャンスである

2020.01.09 (木)

子どもが可愛くない親はなく、ほとんどの親にとって子どもは可愛い存在である。     だから、子どもが何かしらしないと言ったら、叶えさせてやりたいのが親心だろう。「勉強ができるようになりたい」と子どもが … 続きを読む»

子育てや教育とは、ケーキを型でくり抜くようなものだ

2020.01.08 (水)

悪いことというのは悪いことなのだが、いかんせん悪い事というのは、目で見ることも手で触ることもできない。     おそらく、言葉で表現することもできないだろう。それは、道徳というものが、理性を越えたとこ … 続きを読む»

モンテッソーリ教育やシュタイナー教育はもう古い?

2019.12.26 (木)

子どもを持つ親なら、自分の子どもに主体性を持たせたいと考えるのは当然なのかもしれない。僕もそうだった。     自分の意志で、自分の人生を切り拓く。自分がやりたいと思ったことをやってこそ、やりたいこと … 続きを読む»

イライラしないとは、未知に飛び込めるかどうか

2019.12.13 (金)

腹が減ればご飯を食べたくなるし、疲れれば横になって眠りたくなる。何時間もパソコンの前で文章を打っていると歩きまわりたくなるし、いつも同じ場所で文章を打っていると、たまには違う場所で文書を打ちたくもなる。   & … 続きを読む»

子どもを天才に育てる方法を発見! 新聞に載っていた

2019.12.04 (水)

子育てをしていると、誰もが「うちの子どもを天才にしたい」と思うのではないだろうか。     当たり前だが、子どもは若い。この世に生を受けてからまだ間もない。この先、老死するまでにまだ何十年も残されてい … 続きを読む»

子育ては手を抜いた方が、親にも子どもにも良いだろう

2019.11.05 (火)

子育てとは何か。子育ては何が楽しいのか。だって子どもなんて、なかなか言うことを聞いてくれないし、ワガママばっかりだし、ぜんっぜんご飯を食べてくれないし、いつまでも起きていて寝てくれないし。悪いことばかりなのではないか。良 … 続きを読む»

1 2 3 4 5 6 27

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP