テーマ「抽象的ブックレビュー」の投稿一覧

哲学を理解するための一翼を担う本となる〜ポスト構造主義

2020.01.04 (土)

  比較的わかりやすい方だと思う。というか、間違いなく「わかりやすい」本に分類されるだろう。     哲学本というのは難解だ。どんなに「初心者向け」とか「入門書」とうたっている本でも、内容が … 続きを読む»

除夜の鐘に対するクレームと、大麻に対する「ダメ、ぜったい」の共通点〜大麻ビジネス最前線

2019.12.29 (日)

    除夜の鐘に対するクレームが、世の中にはあるという。年越しの風物詩で、なっていても迷惑だと思わないどころか、風情を感じて文化の香りがするものだと思うが、これにも文句を言う人がいるという。この「除 … 続きを読む»

期限を設定することが人生のブースターになるよ〜誰にでもわかるハイデガー

2019.12.22 (日)

    東日本大震災の時、皆んなは何をしていただろうか。人と話をするときに、この「東日本大震災のときは何をしていた?」というのは、決り文句のように聞こえる。「趣味は何?」とか「好きなタイプは?」とか「 … 続きを読む»

日本人にとって哲学の理解など、しょせんは無理か〜反哲学入門

2019.12.21 (土)

    毎年、ノーベル賞の時期になると、報道に違和感を覚えるのは私だけではないだろう。毎年毎年噂される、「村上春樹はノーベル文学賞をとれるのか」という論争。本人も迷惑に思っているだろう。毎年「今年こそ … 続きを読む»

田舎の農道をアメ車で走らないために〜「身の丈に合ったシゴトづくり」で自分らしい人生を切り拓く方法

2019.11.19 (火)

  フィットという車がある。コンパクトカーの先駆け的な存在で、格好いい見てくれなのにコンパクト、車内が比較的広いのにコンパクト、というホンダの車である。日本の道路事情は、決して良いものとは言えない。欧米なんかで … 続きを読む»

目の前の石を取り除くような〜なぜあなたは「黒い服」を着るのか

2019.11.18 (月)

  世の中には正論があふれている。     「自分らしさを見つけよう」 「周りなんか気にしないで、本来の自分に目を向けよう」 「自分のやりたいことをやろう」 「自分の心にフタをするのは、もう … 続きを読む»

あらゆるコンテンツをむさぼり読め〜読書について

2019.11.09 (土)

  ん〜、著者は批評の神様らしい。ということは、この本もそこそこは一流の部類に入るのだろうか。この本の中で、著者は「一流の本のみを読め」というようなことを言っている。他にも「一流の本のみを読め」というようなこと … 続きを読む»

言語とは、ゲームのようなものである〜はじめての言語ゲーム

2019.11.06 (水)

  基本的に哲学の本は難しい。本書も例外ではない。「はじめての言語ゲーム」とタイトルなっていて、「はじめての……」なんて書かれていると、いかにも初心者向けで、初めて読んだ人にも容易にわかった気にさせてくれるよう … 続きを読む»

バラエティ番組のヤラセ感を感じる〜死神の浮力

2019.11.04 (月)

  バラエティ番組を見ているときに「それってやらせじゃないの?」という違和感を抱かないだろうか。出演者のわざとらしい演技。現実感のない、芝居がかっている振る舞いを見ていて、せっかく見ていたのに冷めてしまうことは … 続きを読む»

お金儲けはよくないよな〜知ることより考えること

2019.10.27 (日)

  私はお金儲けが悪いことだと思っている。生活費を稼ぐためとか、生活していくのに必要なお金を稼ぐのは構わない。お金儲けをしようとしてお金を稼ぐことが、悪いことなのだ。「そんなのルサンチマンだ」という声が聞こえて … 続きを読む»

1 2 3 4 5 6 37

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP