正当な対価という自己都合な倫理〜お金は銀行に預けるな

2020.12.27 (日)

 

 

勝間本を読んで、自己嫌悪になった

ユーチューブで著者を久しぶりに見て本を読みたくなった。

 

 

そう言えば書店に平積みで「勝間式スローライフ」が並んでいたのを最近みた。僕がユーチューブで近頃この著者を見たのも、この人が新書のプロモーションをしているからかもしれない。4冊まとめて勝間本を買ったけど、そのうちの一冊「読書進化論」には「書籍は書くのと同じくらい、売るのにも力を入れなければ」なんてことが書かれていた。やはりプロモーションには力を入れいてるのだろう。

 

 

この「お金を銀行に預けるな」が出版されたのが2011年で約10年前。ちょうど10年くらい前に金融ブームがあったと思う。「子どもにもお金の教育を」というやつ。「日本ではお金の話をするのがはしたないと思われている」「外国では子どもの時からお金の教育を施している国もあり、そういう国は投資に対して日本人ほどの抵抗がない」「これからの時代、日本人も投資をしなければ」みたいなブーム。

 

 

この著者の名前が世間で広まったのも10年くらい前なので、子どもへの金融ブームを作ったのはこの人が先駆者だったのかなと思った。というのも、「子どもへお金の話を」というのは最近では誰でも考えつくことだし、多くの人が似たようなことを言っているけれど、その誰よりも詳しく論理的に書かれている本だったからだ。

 

 

でもって「子どもへお金の話を」のブームが、うまくまとめられている。この本を読むと、「そう、『子どへお金の話を』というのはつまりそういうこと」というのが共感できる。

 

 

デフレで貯蓄だけじゃ資産が増えない

資産が無くて苦しい

投資の方が資産が増える

金融リテラシーが必要

金融は時間がものをいう

大人になってからでは遅い。子どものうちから

 

という流れ。

 

 

読んでいる途中、自分が恥ずかしくなってくるところがある。というのも、僕も10年くらい前に「子どもにお金の話を」と声高に言っていたことがあるからだ。僕も「子どものうちから投資を経験する機会があれば」なんてことを考えていた。

 

 

その時は自分が考え出した考え、あたかも自分オリジナルの思考結果のように思っていたけれど、あれはこの著者の影響だったのだろう。この著者がテレビに出て、「子どもにもお金の話を」という類のことを言ったから、それに釣られて僕みたいな凡人まで「子どもにお金の話を」なんて言い出していたのだろう。

 

 

人は他人から影響を受けたことでも、自分で考えついたことのように考える。多分に影響を受けているのに、それを認めようとしない。社会の構造から操られているのに、主観的であるかのように錯覚していしまう。

 

 

僕も錯覚していただけだったのだ。恥ずかしい。人からの影響なのに、自分で考え出したかのようにうるまっていた。ただのコピーなのに、オリジナルであるかのように振る舞っていた。反省である。

 

 

勝間本を読んでいたはずなのに、いつのまにか構造主義について考えてしまった。

 

 

「正当な対価」という自己都合な倫理

でもね。この本を読んでもなお、僕は「お金って汚いな」とか「黒いな」って思う。よくマーケティングの話を聞くと、「サービスを提供してお金を対価として受け取るのは正しいこと」ってことをいう。確かに「正しいこと」ではあるけれど、それがベストでは無い。

 

 

「サービスを提供してお金を対価として受け取るのは正しいこと」なんてことを言う人は、「お金を対価としてもらうから、そのお金が今後の商品づくりに生かされたり、作り手を養うことになって……」なんてことをいう。お金をもらうことがさもベストな選択であるかのように言う。

 

 

けれどサービスを受ける側からすれば、失うもの無くサービスを受けられるならその方がいいに決まっている。つまり、無料なら無料の方がいいだろう。仕払うお金は少ないなら少ないほうがいい。

 

 

「正当な対価は受け取るべき」というのは、サービスを提供する側の自己都合な倫理なのではないか。

 

 

要は、サービスを提供する側に包容力があって、「お金はそんなにいらないです」と言えるだけの規模と器があるかどうかなのだ。それだけの規模や器が無いからサービス提供側はお金を受け取っている。正直に「自己都合でお金をもらっている」と言う方が、「正当な対価は受け取るべき」というより筋が通っている。

 

 

「正当な対価は受け取るべき」という人とも話をしたことがあるけれど、そういう人でもお金の話をするときには、どこか後ろめたいような姿勢で話す。顔に「こんなことを言うと悪いなあ」という表情が表れているにも関わらず、「ビジネスでは正当な対価を受け取るべきですよ」と言っている。

 

 

「正当な対価は受け取るべき」という人は、ウソをついているということだ。本当は自分でも「お金のことを言うのははしたない」と感じていながら、サービスの対象として正当な対価を受け取ることを推奨している。

 

 

お金を受け取ることはどうしようもないことなのだろう。自分が生きていくために他人を犠牲にすることだ。自分がお金を得るために他人からお金をもらう。そんな汚いものが、僕たちの生きている資本社会なのだ。決して正当でもなんでもない。

 

 

少なくとも「お金は汚いもの」という自覚があった方が綺麗なのではないか。正直に「サービスの対価としてお金を受けとるという汚いことをしている」との自覚があったほうが、その人間が素直に見れるのではないか。

 

 

「サービスの対価」は正当でもなんでも無く、自己都合なだけなのだ。

 

 


 

 

仕事依頼、絶賛受付中です。

 

犯罪、非行、警察関係、子育てなどに関しての記事執筆。人前で話すのも得意なので、講演依頼などもお待ちしています。下記お問い合わせフォームまたはメールにて承ります。

 


 

 

イライラは良くないし、できればイライラしないで生活したい。

 

感情的になりがちな性格をコントロールして、楽しく笑いながら生活するためのヒントを載せた本です。 「イライラしてはいけない」と頑張っている方々に向けて書きました。

 

電子書籍でも買えますし、紙の本(プリント・オン・デマンド)も選べます。

 

「人に優しくなれる発想法」購入ページへ

 


 

 

「犯罪と非行をなくして、思いやりを育む方法」の小冊子になります。

「こうすれば思いやりを育めるよ」「思いやりって、つまりはこんなことだよ」というのを載せました。

思いやりとは、スナイパー(狙撃手)のようなものである。35,222文字。目次はこちらで公開しています。

 

下のフォームにてお名前とメールアドレスを入力のうえ、無料でダウンロードできますので、ぜひ読んでみてください。

 

お名前 *
メールアドレス *

 


 

 

30分の無料相談を承っております。子ども、非行、犯罪、警察対応、などのキーワードで気になりましたらご利用ください。基本はウェブ会議アプリを使ってのオンラインですが、電話や面談も対応できます。

 

モヤモヤ状態のあなたが、イキイキとする無料相談です。次の一歩を踏み出すために、お気軽にお問い合わせください。

 

下記お問い合わせフォームで「相談希望」である旨をお知らせ下さい。

お名前 *
メールアドレス *
電話番号
お問い合わせ内容*

 


 

 

「素直さ」を考えるセミナーを定期的に開催しています。スケジュール・詳細はこちらをご覧ください。

 

自己中が思いやりに、
生真面目が寛容に、
怒りっぽさが優しさに、
そして非行が素直に変わります。

 

心よりお待ちしております。

お手数ですが、下記ご記入の上送信してください。
折り返しご連絡を差し上げます。

お名前 *
メールアドレス *
メールアドレス
(確認用)*
お電話番号 *
ご参加希望日*

※お申込み時に「受信拒否設定」などがあると当方からメールが届かない場合があります。また「迷惑メールフォルダ」に入ってしまい、返信に気が付かない場合がありますので必ずご確認をお願いいたします。

ご意見・ご質問・ご要望などあればご自由にご記入ください(任意)

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 正当な対価という自己都合な倫理〜お金は銀行に預けるな

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@konokoe.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP