専門家コラム一覧

子どもの非行を防ぐには「 どうせ一緒でしょ」と思えるかどうか

2018.12.10 (月)

子どもの非行を防ぐには、物事を抽象的に見ることが必要だと思うんですが「一緒でしょ」って思えるかどうか、が抽象的に見ることでは重要なんです。「要は一緒でしょ」「つまりこういうことだよね」って、ひとくくりにして見られるかどう … 続きを読む»

資格を取ることを考えるな〜考えたら負け

2018.12.09 (日)

    色々とたくさん、勇気をもらえる言葉が書いてありました。非常に読みやすいです。っていうか、読みのが簡単です。ページを開いて、右ページに金言、左ページに文章が5行くらい、載っているだけですから。 … 続きを読む»

唐揚げはどうして飲酒に最高なのか〜最高の飲み方

2018.12.08 (土)

  私は普段、お酒はほとんど飲まないんです。頭が回らなくなるのが嫌なんですよね。お酒を飲んでアルコールが入ると、すぐに酔ってしまうんです。お酒が弱いってことです。何か考え事ができなくなるんです。やりたい仕事や考 … 続きを読む»

本音に勝る武器はない

2018.12.07 (金)

私はよく、警察組織を批判するコラムを書いています。「警察のこんな所が悪い」とか「警察のこんな所が時代遅れ」とか「警察のこんな所は建前でしかない」とか。それっていうのは、警察組織の姿勢が時代に追いついておらず、建前ばかりの … 続きを読む»

楽しさは抽象的なもの〜自分探しと楽しさについて

2018.12.06 (木)

  自分探しっていうのは、自分が何に対して没頭できるか、何に対して楽しを感じるのか、を探すっていう事だと思います。楽しさっていうのは抽象的なものです。楽しさを感じるもの、没頭できるものがないっていう人は、具体的 … 続きを読む»

忘れることは、抽象化の一つである〜警察官千葉とうしろうの「ねらい目」

2018.12.05 (水)

「子どもが学校に通う事にこだわる必要はないよ」という内容です。   例えば外で遊ぶのが好きな子どもがいたとします。その子どもは、体を動かすのが好きで、外で友達とワイワイやっているのが楽しくて、ボールを投げたりす … 続きを読む»

数字で結果を求めること〜警察官千葉とうしろうの「ねらい目」

2018.12.04 (火)

特に結果を求めるような時に使われると、数字っていうのは分かりやすい指標の一つになります。     例えば職場で「今月の目標を達成できたか?」なんて使われ方をすると、誰にでも分かる一つの指標になります。 … 続きを読む»

常識を疑うってのは、素直ってこと〜常識にとらわれない100の講義

2018.12.03 (月)

  常識を疑うことっていうのは、素直っていうことなんです。なぜなら、世の中の常識っていうのは、ほとんどが建前でできているからです。世の中に溢れている常識、当たり前、当然のこと、全ては後から誰かの都合で作られたも … 続きを読む»

子どもの習い事は、なぜ必要ないのか

2018.12.02 (日)

「野球やりなさい」     もしかしたら、子どもに対して何かしらスポーツチームに入らせている人がいるかもしれません。例えば野球。日本各地ではまだまだナンバーワンスポーツと言ったら野球なのだと思います。 … 続きを読む»

子どもの非行を防ぐ抽象の視点とは

2018.12.01 (土)

「右膝の裏が痛いんです」     これは先日、私は理学療法士の方に右膝を見てもらう際に、私が言った言葉です。私は右膝の裏によく痛みが走るんです。座ってから立ち上がる時や走る時。そんな時に、右膝の裏にあ … 続きを読む»

1 2 3 4 5 6 123

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP