専門家コラム一覧

音楽は作れば聞く。文章も書けば読む。知っている人は知っている大量かつ効果的に本を読む方法

2020.10.24 (土)

「大量の曲を作るってことは、勉強しなきゃいけません」     これは音楽家のつんく♂さんのnote に書いてあった記事の抜き出しです。「凡人が、天才に勝つ方法」という記事に載っていました。 &nbsp … 続きを読む»

どうしたらはんざいがなくなるかな

2020.10.23 (金)

犯罪をなくすには、怒らないことだ 怒らないこと。それが犯罪をなくす方法です。     世の中には多くの犯罪があります。「これは悪いことですよ」と法律ではっきりとしているのさえ、2,000コ近くあります … 続きを読む»

「あるある」に必要なのは、樹形図の根本まで掘れるシャベルだ〜賃貸か購入か判断基準はこの3つ(ちきりんブックス)

2020.10.22 (木)

僕は賃貸派 「家は購入でなく賃貸だ!」     それが僕の持論である。理由はたくさんある。まず家の値段は高すぎる。多くの人が平気で、月収の100倍ほどの家を買ってしまう。その結果どうなるかというと、普 … 続きを読む»

なぜ未成年は深夜に出かけてはいけないの?

2020.10.21 (水)

法律の話、それと経験からの話をします。     法律の話 それぞれの都道府県には「青少年健全育成条例」という法律があります。どの都道府県でも作られていて、この法律の中には大抵、未成年の深夜外出を制限す … 続きを読む»

金、地位、名誉をバカにする態度。「高踏的」を紹介する

2020.10.20 (火)

「高踏的」という言葉があるらしい。     ネット辞書のウェブリオで調べてみると、「金銭、地位、名誉などといった世俗的な欲望を超えて、超俗の境地や態度にあるさま」とある。これは、僕が「犯罪や非行に走ら … 続きを読む»

実際にプレーできる長島監督。権威もあるし、読んで面白くもある〜吾輩は猫である

2020.10.19 (月)

    「吾輩は猫である。名前はまだ無い。」     そんな有名な書き出しではじまる、多くの日本人が知っている作品である。僕は小学校の教科書に「坊っちゃん」が載っていて読んで、社会 … 続きを読む»

いま振り返るゾイド。子どもたちの心をとらえた魅力は接着剤という名の想像力だ

2020.10.18 (日)

ゾイドの記事をヤフーで読んだので、少しゾイドの話をしたいと思います。     僕が持っていたゾイドの中で一番大きなのはディメトロドンでした。小さいもの(ワニ型の)も持っていましたが、メインを張っていた … 続きを読む»

構造主義が、犯罪のない世界をつくる

2020.10.17 (土)

犯罪をなくすには、他人に対する思いやりが必要だ。     それは自分の世界を外から眺められるようになることでもある。最近よく聞く言葉でいうと「多様性」だ。多様性というと、どこか安っぽくなってしまうけれ … 続きを読む»

構造主義とは「鬼滅の刃」でいう無限城だ〜現代文読解のテーマとキーワード

2020.10.16 (金)

    「難しい文章を読むには、知の下地が必要である」     これがこの本のコンセプトである。     僕は好きで哲学を読んでいるけれど、この習慣が難しい本を … 続きを読む»

高校生が万引きして、警察は学校に連絡しますか

2020.10.15 (木)

基本的にはしませんね。     高校生が万引き、なんてのはまぁよくある話です。でもって万引した本人、あるいは親としては学校に連絡されるかどうかが気になりますよね。学校は高校生にとって外での生活の本拠地 … 続きを読む»

1 2 3 4 5 6 191

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP