言葉に重みをのせる方法とは〜言葉にできるは武器になる

2019.04.03 (水)

 

「言葉が意見を伝える道具ならば、まず意見を育てる必要がある」

 

 

これは、「言葉にできるは武器になる」という本で語られた言葉である。この本は、この一言から出発しているし、この一言を体現するためにどうするか、という視点で書かれている。

 

 

意見を育てるための本なのである。意見を育てるとはどういうことか。どうすれば自分の意見を見つけることができるのか。自分の意見とはどこにあるのか。発してみれば予想外に短い自分の意見を、どうすれば重く、相手に刺さるような言葉にすることができるのか。

 

 

言葉にできない、ということは、所詮は自分の意見でないか。そこまで深く考えられていない、ということなのである。だから是非とも、自分の意見を重くする、ということを考えてほしい。自分は長い話ができない、自分は相手に刺さる言葉を発することができない、という人は、自分の内面に目を向けてほしい。

 

 

相手に刺さる言葉の使い方、という表面的なことではないのだ。テクニックという枝葉ではないのだ。目を向けるべきは、もっと根幹の部分。あなたの意見であって、それはあなたの内側にあるものなのだ。

 

 

私もプレゼンが近々あり、悩んでいた。どうもプレゼンがギクシャクして、表面的で、重厚さが足りないことが気になっていた。あともう少しでプレゼンの期日が来る、だけど何回練習しても、練り直してもうまくいかない。プレゼンに重厚さを持たせることができない。と悩んでいた。

 

 

そんな時に読んだのが、「言葉にできるは武器になる」である。これを読んで気づいたのだ。自分は借り物の言葉でプレゼンしようとしていたことを。耳障りのよさそうな、聞こえのいい、自分の言葉ではない言葉。何処かで聞いたことのある言葉でプレゼンを作っていたのだ。

 

 

自分の言葉ではない、借り物の言葉。だから、大幅に削った。自分の思いが入っていない部分は思い切って捨ててみたのである。

 

 

それで残った部分のみでプレゼンの資料を作ってみた。その結果、自分でも納得のいく重厚なものが出来上がったのである。嘘臭さのない、本音ベースのプレゼン。それゆえに説得力があり、相手に刺さるものが出来上がったのではないだろうか。削りすぎたかと思い、時間が余ってしまうのではないかと心配したのだが、そんなことはない。

 

 

自分の言葉で言える部分というのは、結構広げられるものである。自分の経験からくる例えも入れることができるので、話を膨らませることができるのである。

 

 

もう一度見直してほしい。自分が発しようとしている言葉を。それは借り物の言葉ではないのか。絶えず、自分の本音を探ることが大事なのだ。「言葉が意見を伝える道具ならば、まず意見を育てる必要がある」のだ。言葉の軽さ、短さ、相手に刺さらない不甲斐なさに悩んでいるのだとしたら、もう一度見つめ直す必要がある。自分の意見と。絶えず自分の意見とは何なのかと探す姿勢が大事なのだ。

 

 

言葉にできる武器を身につけるため、絶えず自問自答を繰り返してほしい。

 


 

「素直さ」を考えるセミナーを定期的に開催しています。スケジュール・詳細はこちらをご覧ください。

 

自己中が思いやりに、
生真面目が寛容に、
怒りっぽさが優しさに、
そして非行が素直に変わります。

 

心よりお待ちしております。

お手数ですが、下記ご記入の上送信してください。
折り返しご連絡を差し上げます。

お名前 *
メールアドレス *
メールアドレス
(確認用)*
お電話番号 *
ご参加希望日*

※お申込み時に「受信拒否設定」などがあると当方からメールが届かない場合があります。また「迷惑メールフォルダ」に入ってしまい、返信に気が付かない場合がありますので必ずご確認をお願いいたします。

ご意見・ご質問・ご要望などあればご自由にご記入ください(任意)


 

30分の無料相談を承っています。子ども、非行、犯罪、警察対応、などのキーワードで気になりましたらご利用ください。基本はウェブ会議アプリを使ってのオンラインですが、電話や面談も対応できます。

 

モヤモヤ状態のあなたが、イキイキとする無料相談です。次の一歩を踏み出すために、お気軽にお問い合わせください。

 

下記お問い合わせフォームで「相談希望」である旨をお知らせ下さい。

お名前 *
メールアドレス *
電話番号
お問い合わせ内容*


 

プレゼントの無料小冊子を更新しました。「子どもの非行を防ぐための素直な頭のつくり方」です。

 

非行に走る子どもは自己中が多いです。頭が固く、自分の価値観に固執しています。周りの人間の価値観や考えを受け入れられず、自分を通そうとします。自分以外の価値観や考えがあること自体が、見えていないのです。自分が正しくて、自分以外の考えは間違いだという先入観から抜けられない状態です。

 

子どもは周りから吸収する度合いが強いので、子どもの成長は周りの大人次第の側面があります。「周りの大人が自己中から脱し、素直な頭を持つ事で、接する子どもにも好影響を与えよう」というのが、この小冊子の狙いになります。

 

頭の柔軟性があり、状況や相手に応じて変化できる事。自分だけでなく、相手の考えも認める事ができる事。一つ上から全体を俯瞰できる事。そんな「素直な頭」をつくるための気づきを、この小冊子から得ていただければと思います。

お名前 *
メールアドレス *

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 言葉に重みをのせる方法とは〜言葉にできるは武器になる

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@konokoe.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP