ながら運転はどこまでか。ホルダーにセットしていれば? 停止中は?

2020.12.23 (水)

ながら運転の細かいところを探っていきたい。

 

 

まず根拠を示すことから始めるけれど、根拠は道路交通法違反の第71条である。

 

 

五の五 自動車又は原動機付自転車(以下この号において「自動車等」という。)を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る。第百十八条第一項第三号の二において「無線通話装置」という。)を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。同号において同じ。)のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法第四十一条第一項第十六号若しくは第十七号又は第四十四条第十一号に規定する装置であるものを除く。第百十八条第一項第三号の二において同じ。)に表示された画像を注視しないこと。

 

以下、詳細を説明していく。

 

 

ホルダーにセットしていれば違反にならない?

ホルダーにセットしていれば違反にはならない。というのも、ながら運転にはディスプレイの操作と注視の二種類があるが、違反とするにはどちらも「手で保持した状態」が求められるからだ。手でスマホを持ちながらの操作や注視が違反になるのであって、ホルダーにセットしていて手に持っていないのであれば、それは違反の対象にはならない。これはカーナビを操作しても取締りされないのと同じである。

 

 

カーナビは一般的に手に持って操作したり注視するものではなく、車に取り付けられているもの。だから運転中にカーナビを操作したり注視しても、危険ではあるけれど違反の対象にはならない。警察に切符を切られることもないのだ。手に持っての操作や注視が違反なのであり、ホルダーにセットしたスマホをいくら操作したり注視しても違反にはならない。ただし危険ではある。

 

 

信号停止中は違反にならない?

停止中は違反にならない。信号停止中はもちろんのこと、渋滞での停止中、道路脇に停止中、いくらスマホを操作したり注視してもオッケーである。「オッケー」とは言っても「違反にならない」「切符を切られない」という意味であって、迷惑だし危険なことであるのに変わりはない。

 

 

特に信号での停止中や渋滞での停止中はスマホをいじって時間つぶしをしたくなるもの。これを引きずって、ブレーキを緩めて車が少しでも進めば違反となる。スマホはゲームにしろ動画にしろウェブ記事を読むにしろ没入してしまうので、始めたらやめられない魔力がある。青信号に変わって前の車が進めば、動画を見たまま発信なんてこともあり得る。というか、そういう状況は容易に想像できるだろう。

 

 

警察官はよくよくそういうポイントを見ているもの。違反ドライバーを探している警察官にとって、停止している車は車内が見やすい。停止中にスマホを操作しているドライバーを探しているものだ。そんなドライバーに目をつけておいて、動き出してもスマホを見ているのを確認してから止めるのは、警察官の常套手段だ。ぜひ注意していただきたい。

 

 

緊急の電話は違反にならない?

違反にならなくはないのだけれど、警察官の裁量次第だろう。本当は違反。切符を切られても文句は言えない。ただし、人情味のある警察官なら見逃してくれるかもしれない。「だったら見逃せよ」と思うかもしれないけれど、見逃すのは警察官にとっても非常にリスキーな行為。もしも見逃したのがバレてしまえば犯人隠避となりかねない。

 

 

昨今はどこにでも監視カメラが見ているご時世。人のポケットにはスマホが入っているし、街なかには監視カメラそのものが設置されている。動画サービスだって身近にあるし、どこでリークされるかわからない。なので、「昔に比べて人情味のある警察官が減った」とは言われているが、正確には「人情味のある警察官の数は変わらないが、人情味のある行動をするにはリスクが増えた」のだ。

 

 

「死にそうな母親が待っていて……」とか「娘が事故で病院に……」なんてのは「緊急の電話」に違いないけれど、警察に捕まったときにそれを言った所で見逃してくれるとは期待しないほうが良い。「では後で警察署に来てください」と言われるのがオチだろう。

 

 

カーナビは違反にならない?

車載タイプのカーナビであれば違反にならない。スマホのカーナビを手に持ちながら運転をすれば違反になる。手に持っているかどうかが、違反になるかどうかの別れ目である。

 

 

パッと見は違反にならない?

難しいところ。本当のところを言えば、一瞬でも見れば違反になる。ただし、「2秒以上」とか「30メートル以上」が、警察官が違反として切符を切る目安。ただし、スマホを見ている間はついつい時間が経つのを忘れてしまいがち。自分では「1秒見ただけ」でも実際には5秒くらい見ているものである。

 

 

自転車は違反にならない?

これもグレーゾーン。違反にはなる。けれど切符を切られることはまずない。警察にとって自転車の違反を取締りのは面倒な手続きになる。赤切符か警告書。警察の組織内でも取締りをすることは推奨されていない。警察側の組織改善が求められるところだろう。

 

 


 

 

仕事依頼、絶賛受付中です。

 

犯罪、非行、警察関係、子育てなどに関しての記事執筆。人前で話すのも得意なので、講演依頼などもお待ちしています。下記お問い合わせフォームまたはメールにて承ります。

 


 

 

イライラは良くないし、できればイライラしないで生活したい。

 

感情的になりがちな性格をコントロールして、楽しく笑いながら生活するためのヒントを載せた本です。 「イライラしてはいけない」と頑張っている方々に向けて書きました。

 

電子書籍でも買えますし、紙の本(プリント・オン・デマンド)も選べます。

 

「人に優しくなれる発想法」購入ページへ

 


 

 

「犯罪と非行をなくして、思いやりを育む方法」の小冊子になります。

「こうすれば思いやりを育めるよ」「思いやりって、つまりはこんなことだよ」というのを載せました。

思いやりとは、スナイパー(狙撃手)のようなものである。35,222文字。目次はこちらで公開しています。

 

下のフォームにてお名前とメールアドレスを入力のうえ、無料でダウンロードできますので、ぜひ読んでみてください。

 

お名前 *
メールアドレス *

 


 

 

30分の無料相談を承っております。子ども、非行、犯罪、警察対応、などのキーワードで気になりましたらご利用ください。基本はウェブ会議アプリを使ってのオンラインですが、電話や面談も対応できます。

 

モヤモヤ状態のあなたが、イキイキとする無料相談です。次の一歩を踏み出すために、お気軽にお問い合わせください。

 

下記お問い合わせフォームで「相談希望」である旨をお知らせ下さい。

お名前 *
メールアドレス *
電話番号
お問い合わせ内容*

 


 

 

「素直さ」を考えるセミナーを定期的に開催しています。スケジュール・詳細はこちらをご覧ください。

 

自己中が思いやりに、
生真面目が寛容に、
怒りっぽさが優しさに、
そして非行が素直に変わります。

 

心よりお待ちしております。

お手数ですが、下記ご記入の上送信してください。
折り返しご連絡を差し上げます。

お名前 *
メールアドレス *
メールアドレス
(確認用)*
お電話番号 *
ご参加希望日*

※お申込み時に「受信拒否設定」などがあると当方からメールが届かない場合があります。また「迷惑メールフォルダ」に入ってしまい、返信に気が付かない場合がありますので必ずご確認をお願いいたします。

ご意見・ご質問・ご要望などあればご自由にご記入ください(任意)

 

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: ながら運転はどこまでか。ホルダーにセットしていれば? 停止中は?

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@konokoe.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP