イライラを抑える方法とは

2019.03.06 (水)

イライラを抑えるには、距離をとることです。イライラする相手との間に距離をとって離れること。それと、イライラすることとの間に時間的な距離をとることです。

 

 

警察官をしていた際、仕事の度に喧嘩やトラブルを処理してきました。酔っ払いどうし、道を歩く通行人どうし、車の運転手どうし、お互いに偶然会ったにも関わらず、喧嘩やトラブルになってしまいます。家族の間で、友達との間で、恋人との間で、お互いに長く付き合っているにも関わらず、喧嘩やトラブルになってしまいます。

 

 

喧嘩やトラブルの処理をする際には双方から話を聞かなければなりません。喧嘩の当事者は視野が狭くなっていて自分主体のことしか話さないので、双方から聞かないと全体が見えないんです。しかも、お互いに話が聞こえる距離にいると、「違うだろ!」などの突っ込みが入るので、離れて話を聞くのです。

 

 

まずはイライラする相手と距離を置くことです。「何か一言を言ってやりたい」などと考えて近くにいると、なかなか頭が冷えません。ムシャクシャしていてもいいので、とにかく離れて相手の気配を感じないところまで行きます。

 

 

次に時間的に距離をとることです。時間を置けば、考えを巡らせる余裕ができるので、その出来事に対して冷静に考えることができるようになります。

 

 

その時に基本になるのは「間違っているのは自分かもしれない」と考えることです。相手が悪いとばかり考えるとイライラが増幅されるので、自分の落ち度を探してみるのです。少なからずあると思います。自分の落ち度を1つ1つ見つけていくと、最終的には「相手が悪い」という結論になったとしても、後ろめたい気持ちが出てきてイライラが減るのではないでしょうか。

 

 

それと、「一緒でしょ」と考えることです。自分が喧嘩やトラブルの当事者でないときは、喧嘩やトラブルの当事者がバカらしく思えますが、いざ自分が当事者になってしまうと、なかなか後に引けないものです。

 

 

自分のトラブルと、その他のくだらないトラブルの共通点を探して「こんなの一緒だよ」と考えると、イライラしている自分がバカらしく思えてきます。喧嘩やトラブルの当事者になってイライラしている人をバカらしく思えるので、同じように喧嘩やトラブルの当事者になっている自分が「バカらしくてやる気が萎える」状態になるのではないでしょうか。「自分も所詮はバカな喧嘩当事者の一人」と考えられると、いつまでも相手にイライラしている自分がバカらしく思えてくるものです。

 

 

「どうでもいい」と考えることで冷静になることもできます。近くに寄ってイライラする相手の粗探しをしたり、相手の落ち度を徹底的に突こうとしたり、イライラの原因がどこにあるのか、責任の所在を明確にしようとしたり、これらは全て冷静さをかく態度です。近くに寄ってイライラの相手や原因をはっきりさせようとしたりはしないことです。

 

 

どこに落ち度があろうとも、イライラの原因がなんであろうとも、「そんなもの、どうでもいい」と考えられられるようになると必要以上に干渉しようとしたり、必要以上に近くに寄ることもなくなるのだと思います。

 


 

「素直さ」を考えるセミナーを定期的に開催しています。スケジュール・詳細はこちらをご覧ください。

 

自己中が思いやりに、
生真面目が寛容に、
怒りっぽさが優しさに、
そして非行が素直に変わります。

 

心よりお待ちしております。

お手数ですが、下記ご記入の上送信してください。
折り返しご連絡を差し上げます。

お名前 *
メールアドレス *
メールアドレス
(確認用)*
お電話番号 *
ご参加希望日*

※お申込み時に「受信拒否設定」などがあると当方からメールが届かない場合があります。また「迷惑メールフォルダ」に入ってしまい、返信に気が付かない場合がありますので必ずご確認をお願いいたします。

ご意見・ご質問・ご要望などあればご自由にご記入ください(任意)


 

30分の無料相談を承っています。子ども、非行、犯罪、警察対応、などのキーワードで気になりましたらご利用ください。基本はウェブ会議アプリを使ってのオンラインですが、電話や面談も対応できます。

 

モヤモヤ状態のあなたが、イキイキとする無料相談です。次の一歩を踏み出すために、お気軽にお問い合わせください。

 

下記お問い合わせフォームで「相談希望」である旨をお知らせ下さい。

お名前 *
メールアドレス *
電話番号
お問い合わせ内容*


 

プレゼントの無料小冊子を更新しました。「子どもの非行を防ぐための素直な頭のつくり方」です。

 

非行に走る子どもは自己中が多いです。頭が固く、自分の価値観に固執しています。周りの人間の価値観や考えを受け入れられず、自分を通そうとします。自分以外の価値観や考えがあること自体が、見えていないのです。自分が正しくて、自分以外の考えは間違いだという先入観から抜けられない状態です。

 

子どもは周りから吸収する度合いが強いので、子どもの成長は周りの大人次第の側面があります。「周りの大人が自己中から脱し、素直な頭を持つ事で、接する子どもにも好影響を与えよう」というのが、この小冊子の狙いになります。

 

頭の柔軟性があり、状況や相手に応じて変化できる事。自分だけでなく、相手の考えも認める事ができる事。一つ上から全体を俯瞰できる事。そんな「素直な頭」をつくるための気づきを、この小冊子から得ていただければと思います。

お名前 *
メールアドレス *

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: イライラを抑える方法とは

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@konokoe.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP