新型のAir Podsを買ってみた

2019.03.28 (木)

新型のAir Podsを買ってみたので、その感想を書きます。

 

 

噂では色が「ブラックもある」とか「グレーもある」とかあったので、「結局は白だけかよ」とは思いました。グレーを買おうと思っていたので、残念感はあります。それと形ですね。これも噂では「違う形になる」ってあったので密かに期待していたんです。慣れの問題でしょうか。あんまり格好良く見えないんですよね。なんか耳から中途半端に何かが出ている感じがして。

 

 

それと初めに良くなかったことを書いてしまうんですけど、MacBookとの相性が少し「?」でした。iPhoneとはすぐにペアリングして簡単に出力できたけど、MacBookから出力する際には時間がかかりました。ブルートゥースで接続したのになかなかAir Podsから音が聞こえなくて。最後には聞こえるようになったんだけど、「あれ? あれ? 親和性が売りじゃなかったの?」なんて思いました。

 

 

まあでも楽ですね。コードがないってのは。イヤフォンを使う際に、いちいち絡まっているコードを解いてから耳に入れる作業がストレスフルだったんです。「新型Air Podsが出たら絶対に買おう」と決めていました。時間の無駄ですよね。絡まっているコードを解く時間。MacBook用のイヤフォンと、iPhone用のイヤフォンと両方持っていなきゃならなかったし。しかも両方が絡まっている状態だし。

 

 

で、「それだったら別に新型Air Podsじゃなくても良かったんじゃないの?」「アップルのワイヤレスイヤフォンじゃなくても良いんじゃないの?」って思うかもしれませんが、その通りです。目的が「コードが絡まるのがストレスだから」なのであれば、新型Air Podsじゃなくても良いし、アップルのワイヤレスイヤフォンである必要はありません。

 

 

じゃあ私はなんで新型Air Podsを買ったのか。そこはですね、弱いところなんです。ブランドに負けているんです。わざわざ高い値段で新型Air Podsを買ったのも、アップルの「人目を引くんじゃないか」っていう思い込みに負けているところなんです。

 

 

私は普段、「具体に惑わされるな」「なんでもない、キャッチーでないものにこそ本質がある」「ブランドに惑わされるな」なんて言っていますが、私自身、ブランドに惑わされている自分と惑わされていない自分で行ったり来たりなんです。

 

 

車には興味がないし、服もテキトーだし、食べ物にもお金を使わない。けれどアップルの製品は買ってしまうんですよね。ブランドと言っても、手が出ないほど値段が馬鹿高いわけではないし、デザインがシンプルで良いし、「アップルなら間違い無いんじゃないか」って決めている所がある。

 

 

囚われているし、拘っているのかもしれません。「iPhoneとの親和性」とか「使いやすさ」なんて言いながら、本音で言えば視野が狭くなっています。「ITに詳しくない」っていう言い訳をして、考えるのを拒否しています。他の選択肢を考えることから逃げているんです。省エネな考えだけど、周りが見えていないことは確か。それに、私が嫌いな「ブランドを持つことによる高揚感」を、アップル製品を持つことによって私が感じるのも確か。

 

 

この高揚感があるから、モチベーションが上がるし、アイディアが思いつくし、背筋が伸びる、のかもしれないけれど、社会を階層に分けてみるようになってしまう。社会を階層的に分けてみた上で、自分を(そうでもないのに)上位に設定して見てしまう。「あの人が持っていないものを自分は持っている」という優越感。本来であれば忌み嫌うべき感覚を自分が持っているのは、考えもんですね。

 


 

「素直さ」を考えるセミナーを定期的に開催しています。スケジュール・詳細はこちらをご覧ください。

 

自己中が思いやりに、
生真面目が寛容に、
怒りっぽさが優しさに、
そして非行が素直に変わります。

 

心よりお待ちしております。

お手数ですが、下記ご記入の上送信してください。
折り返しご連絡を差し上げます。

お名前 *
メールアドレス *
メールアドレス
(確認用)*
お電話番号 *
ご参加希望日*

※お申込み時に「受信拒否設定」などがあると当方からメールが届かない場合があります。また「迷惑メールフォルダ」に入ってしまい、返信に気が付かない場合がありますので必ずご確認をお願いいたします。

ご意見・ご質問・ご要望などあればご自由にご記入ください(任意)


 

30分の無料相談を承っています。子ども、非行、犯罪、警察対応、などのキーワードで気になりましたらご利用ください。基本はウェブ会議アプリを使ってのオンラインですが、電話や面談も対応できます。

 

モヤモヤ状態のあなたが、イキイキとする無料相談です。次の一歩を踏み出すために、お気軽にお問い合わせください。

 

下記お問い合わせフォームで「相談希望」である旨をお知らせ下さい。

お名前 *
メールアドレス *
電話番号
お問い合わせ内容*


 

プレゼントの無料小冊子を更新しました。「子どもの非行を防ぐための素直な頭のつくり方」です。

 

非行に走る子どもは自己中が多いです。頭が固く、自分の価値観に固執しています。周りの人間の価値観や考えを受け入れられず、自分を通そうとします。自分以外の価値観や考えがあること自体が、見えていないのです。自分が正しくて、自分以外の考えは間違いだという先入観から抜けられない状態です。

 

子どもは周りから吸収する度合いが強いので、子どもの成長は周りの大人次第の側面があります。「周りの大人が自己中から脱し、素直な頭を持つ事で、接する子どもにも好影響を与えよう」というのが、この小冊子の狙いになります。

 

頭の柔軟性があり、状況や相手に応じて変化できる事。自分だけでなく、相手の考えも認める事ができる事。一つ上から全体を俯瞰できる事。そんな「素直な頭」をつくるための気づきを、この小冊子から得ていただければと思います。

お名前 *
メールアドレス *

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 新型のAir Podsを買ってみた

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@konokoe.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP