子どもに怒鳴ることは必要か

2019.05.14 (火)

「幼い子どもには怒鳴ることも必要だ」という話は聞いたことがありますが、私は必要ないと思います。単純に「怒鳴らなくてもいいだろう」というのが理由です。

 

 

まず、確かに怒鳴ると子どもの動きを止めることができるんです。一瞬ですが。でも、それに頼ってしまうんです。楽だから。怒鳴ると楽なんですよ。自分は動かずとも、エネルギーをほとんど消費しないで、相手をコントロールできる。しかも怒鳴ることで一種の快感が出てくるんです。「相手をコントロールできた」っていう快感ですね。人間的に悪い快感です。それが出てくる。で、この悪い快感を覆い隠すことができるんです。「子どもの安全を守った」とか「子どもに躾を教えた」とかいって。

 

 

自分の行動、自分が怒鳴ったことを正当化できるんです。「自分が悪いことをした」っていう自覚がないので、余計にタチが悪い。仮に「自分が悪いことをした」っていう自覚があるならば、まだ救いはあるんですけど。

 

 

正義感を振りかざす人っていると思うんです。大上段に立って、正義感で自分の意見を強化する人。例えば「安全第一」っていうのも正義感の押し付けだと思うんです。現場仕事をしている人だと「安全第一」っていうのはよく聞くと思います。これも「人の安全を守るのは当たり前だ」とか「命より大事なものはない」っていう一般的に道徳的にいいとされている正義感です。

 

 

これも意味のない押し付けですよね。安全第一なのかもしれないけれど、それに伴うマイナス面ってのがあるんです。例えば安全第一にするがゆえに、声掛けとか安全確認とか、面倒な動きが出てくるんです。そららの割合を考えることが大事だと思うんです。

 

 

いくら安全第一だからといって、現実的に仕事が遅れるのであれば、安全を犠牲にしなければならない。ただ考えなしに、思考停止で「安全第一!」なんて言っていてもしょうがないのです。

 

 

そんな「安全第一」と一緒だと思うんです。子どもを怒鳴るのって。思考停止で「子どもの安全を守るのが親の役目」なんてエゴが見え隠れしている。子どもにとっては余計な、正義感の押し付けでしかない。

 

 

考えることが必要でしょう。「本当に怒鳴ることが必要なの?」「怒鳴る以外の方法はないの?」「怒鳴ることで失われているものは何なの?」とか。

 

 

冷静に勝るものはないのかもしれません。客観的な視点、思い込みを排除した態度。「自分は間違っているのかもしれない」っていう考えです。常に自問自答していれば。思い込みを疑う視点があれば、間違った方向にはいかないんじゃないかと思います。

 

 

怒鳴る自分に甘んじるのではなく、怒鳴っている自分を冷静に見つめる視点です。「自身のなさ」とも言えるかもしれません。怒鳴ることに対して抵抗なく、良しとするのではなく、怒鳴りつつも「本当にこれでいいんだろうか」と自分の言動を疑う態度です。それが思考停止に陥らない方法ですし、思い込みを伏せ方法でもあります。無知の無知を意識して、井の中の蛙にならない方法です。

 


 

「素直さ」を考えるセミナーを定期的に開催しています。スケジュール・詳細はこちらをご覧ください。

 

自己中が思いやりに、
生真面目が寛容に、
怒りっぽさが優しさに、
そして非行が素直に変わります。

 

心よりお待ちしております。

お手数ですが、下記ご記入の上送信してください。
折り返しご連絡を差し上げます。

お名前 *
メールアドレス *
メールアドレス
(確認用)*
お電話番号 *
ご参加希望日*

※お申込み時に「受信拒否設定」などがあると当方からメールが届かない場合があります。また「迷惑メールフォルダ」に入ってしまい、返信に気が付かない場合がありますので必ずご確認をお願いいたします。

ご意見・ご質問・ご要望などあればご自由にご記入ください(任意)


 

30分の無料相談を承っています。子ども、非行、犯罪、警察対応、などのキーワードで気になりましたらご利用ください。基本はウェブ会議アプリを使ってのオンラインですが、電話や面談も対応できます。

 

モヤモヤ状態のあなたが、イキイキとする無料相談です。次の一歩を踏み出すために、お気軽にお問い合わせください。

 

下記お問い合わせフォームで「相談希望」である旨をお知らせ下さい。

お名前 *
メールアドレス *
電話番号
お問い合わせ内容*


 

プレゼントの無料小冊子を更新しました。「子どもの非行を防ぐための素直な頭のつくり方」です。

 

非行に走る子どもは自己中が多いです。頭が固く、自分の価値観に固執しています。周りの人間の価値観や考えを受け入れられず、自分を通そうとします。自分以外の価値観や考えがあること自体が、見えていないのです。自分が正しくて、自分以外の考えは間違いだという先入観から抜けられない状態です。

 

子どもは周りから吸収する度合いが強いので、子どもの成長は周りの大人次第の側面があります。「周りの大人が自己中から脱し、素直な頭を持つ事で、接する子どもにも好影響を与えよう」というのが、この小冊子の狙いになります。

 

頭の柔軟性があり、状況や相手に応じて変化できる事。自分だけでなく、相手の考えも認める事ができる事。一つ上から全体を俯瞰できる事。そんな「素直な頭」をつくるための気づきを、この小冊子から得ていただければと思います。

お名前 *
メールアドレス *

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 子どもに怒鳴ることは必要か

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@konokoe.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP