バキのテイストで読める思考の頂上決戦〜史上最強の哲学入門

2019.05.13 (月)

 

こんな熱い哲学本があっただろうか。こんな分かりやすい哲学本があっただろうか。うまい具合にシンクロニシティしている。「分かりやすさ」とあ「熱さ」が。熱いから分かりやすい。グラップラー刃牙の男の熱さを、うまく哲学の説明に取り入れている。著者がグラップラー刃牙をリスペクトしているからこそのテイストだと思われる。

 

 

私は哲学なるものに興味を持ったのは、ここ半年くらいの間だ。本にして3冊目くらいだと思う。哲学関係のものを読むのは。今までは入門的な本を読んでいて、「これからはそろそろ個別の哲学者にスポットライトを当てた内容の本も読もう」と思っていたところである。で、この本に出会えてよかった。ざっくりとどんな哲学思想があるのか。どんな哲学者がいるのか。哲学とはどんなものを問うものなのか。そんなざっくりとした内容が、この本から読み取ることができた。

 

 

それはやはり、刃牙のテイストがあったからだろう。お互いに著者と読者、お互いに共有しているものがあると、話がスムーズに流れやすい。コミュニケーションの基本は話者の頭の中のイメージを、いかに読者にそのままのイメージで伝えることができるかだ。話者がうまく文章や言葉にできるかどうかわからないし。読者もうまく文章や言葉から話者のイメージを読み取ることができるかどうか分からない。

 

 

けれど、共通の興味があると、それを媒介にしてイメージを共有しやすい。著者と私との間に、「刃牙」というクッションがあって、そのクッションがうまくイメージ共有の角を取ってくれている様だ。お互いにゴツゴツした崖の上に立っていて、間に「刃牙」という柔らかいポイントがある。このポイントを通して、イメージを受け渡しをしている様だった。

 

 

純粋に読書が面白かった。ただ単純に、本が楽しかった。本当ならば難しい内容なのであろう。だって「哲学」である。誰もが言っているではないか。「何回なヨタ話で、結局何の役に立つのか分からない」と。確かに油断すると、何のことについて話しているのか分からない内容だ。気を抜いてしまうと、何回なごちゃごちゃとした海の底に沈んでしまいそうになる。

 

 

だけど、そこで海面まで引き上げてくれるのが、刃牙テイストである。「あれ? なんだか、何の話か分からなくなってきた」って思って、さらには「全然分からん。もうダメだ」と思って、「閉じるボタンを押してしまおうか」「本をパタンと閉じてしまおうか」という時に、刃牙テイストが出てくるのである。あっぷあっぷになっている私を、空気のあるところまで連れて行ってくれるのだ。「あっ、刃牙っぽい」というセリフや文章が出てきて、「ふーっ」っと深く息をつけるのだ。

 

 

行ったことはないが、サハラ砂漠の中を行進するようなものなのかもしれない。哲学という何回な思想の砂漠。その中を最後まで読もうと、哲学の中に興味を見出そうと、哲学を勉強しようと、行進している。だけど更新は楽ではない。日照りの中を、砂だらけの中を、歩き続けなければならない。食料も尽きた。水も尽きた。「内容がもう分からん!」って時に、なんだか昔、刃牙で読んだことがある様な言葉が出てくるのである。恵みの雨とか、そんなものをイメージしてもらえばいい。

 

 

とにかく、刃牙のテイストがあるおかげで、小難しい哲学の話を興味を持って読むことができた。漫画の勢いで哲学入門の本を駆け抜けられた。

 


 

「素直さ」を考えるセミナーを定期的に開催しています。スケジュール・詳細はこちらをご覧ください。

 

自己中が思いやりに、
生真面目が寛容に、
怒りっぽさが優しさに、
そして非行が素直に変わります。

 

心よりお待ちしております。

お手数ですが、下記ご記入の上送信してください。
折り返しご連絡を差し上げます。

お名前 *
メールアドレス *
メールアドレス
(確認用)*
お電話番号 *
ご参加希望日*

※お申込み時に「受信拒否設定」などがあると当方からメールが届かない場合があります。また「迷惑メールフォルダ」に入ってしまい、返信に気が付かない場合がありますので必ずご確認をお願いいたします。

ご意見・ご質問・ご要望などあればご自由にご記入ください(任意)


 

30分の無料相談を承っています。子ども、非行、犯罪、警察対応、などのキーワードで気になりましたらご利用ください。基本はウェブ会議アプリを使ってのオンラインですが、電話や面談も対応できます。

 

モヤモヤ状態のあなたが、イキイキとする無料相談です。次の一歩を踏み出すために、お気軽にお問い合わせください。

 

下記お問い合わせフォームで「相談希望」である旨をお知らせ下さい。

お名前 *
メールアドレス *
電話番号
お問い合わせ内容*


 

プレゼントの無料小冊子を更新しました。「子どもの非行を防ぐための素直な頭のつくり方」です。

 

非行に走る子どもは自己中が多いです。頭が固く、自分の価値観に固執しています。周りの人間の価値観や考えを受け入れられず、自分を通そうとします。自分以外の価値観や考えがあること自体が、見えていないのです。自分が正しくて、自分以外の考えは間違いだという先入観から抜けられない状態です。

 

子どもは周りから吸収する度合いが強いので、子どもの成長は周りの大人次第の側面があります。「周りの大人が自己中から脱し、素直な頭を持つ事で、接する子どもにも好影響を与えよう」というのが、この小冊子の狙いになります。

 

頭の柔軟性があり、状況や相手に応じて変化できる事。自分だけでなく、相手の考えも認める事ができる事。一つ上から全体を俯瞰できる事。そんな「素直な頭」をつくるための気づきを、この小冊子から得ていただければと思います。

お名前 *
メールアドレス *

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: バキのテイストで読める思考の頂上決戦〜史上最強の哲学入門

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@konokoe.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP