バラエティ番組のヤラセ感を感じる〜死神の浮力

2019.11.04 (月)

 

バラエティ番組を見ているときに「それってやらせじゃないの?」という違和感を抱かないだろうか。出演者のわざとらしい演技。現実感のない、芝居がかっている振る舞いを見ていて、せっかく見ていたのに冷めてしまうことはないだろうか。昔「ガチンコ」というテレビ番組があった。名前のとおり、「本気で◯◯に打ち込む」という企画。これの企画で「ファイトクラブ」というのがあって、これは何なのかというと、街の不良を本気でボクシングに打ち込ませる、という企画。で、街の不良たちなので、トレーナーとか先輩期に噛み付いたりして、その辺りが見どころではあったのだけれど、いかんせん、「ウソくさいなあ」という雰囲気が、見ていて残る番組でした。

 

 

そんな「それってやらせじゃないの?」という違和感を、この本の主人公である夫婦にはいだいてしまった。はじめに脚本ありきで、その脚本のとおりに夫婦を行動させる、みたいな。いや、小説なのだから、人が作ったノンフィクションなのだから、はじめにストーリーがあって、そのストーリーのとおりに登場人物を動かすのは当たり前なんですよ。著者の思ったとおりに登場人物を動かすのは当たり前なんですよ。だけど、その動きが自然じゃなかったんだよね。作者の「こんな風に持っていきたい」という構想が頭の中にあって、その構想のとおりにストーリーを動かしたいから、登場人物を行動させる、みたいな。

 

 

この本っていうのは、殺された小学生の娘の復習をしようとする夫婦の物語なんですよ。だから見どころとしては、小学生の娘を殺されて、「こんなにも心がおだやかではないんですよ」っていうのを期待したんです。ですけどそれが、ストーリーに合わせたものになってしまった、という感じです。犯人に復讐をするために、夫婦でスタンガンで相手の動きを止める連携の練習をしていた、とか。まあ、難しいんですけどね。「そんなこと、しないんじゃないの?」「ちょっと違うんじゃないの?」という印象です。

 

 

だから、バラエティ番組における、ヤラセ感を感じたんです。「こんな展開に持っていきたい」という作者の構想がはじめにあって、それに合わせるために、キャラクターをこう行動させるとか、こう思案させる、とか。つまりは、不自然だった、ということです。現実っていうのは、未来を読めない世の中なわけだと思うんですよ。我々は生きていて、先を読めない。今「現在」を我々は生きているんですけど、次々とやってくる未来に対して、先取りして行動はできないわけですよ。確かに「こんなことが起こるんだろうな」とか「こうなるから、こうしておいたほうがいい」とか、そんな風に、やがてやってくる未来を想像して、読もうとして我々は今現在において行動したり思案したりしているんですけど、それが完全に合わせられることは無いわけです。パズルのピースを合わせるが如く、「こう来るのがわかっていて、こう動いた」というのは無いわけです。

 

 

読むことはできる。読みが当たることもある。けれどそれは、どんなに読みが当たったとしても、あくまでも「読みが当たった」のであって、空いている棚に本を入れるとか、物をよけて前に進むとか、当たり前のことではないはずなんですよ。復習をしようとしていた夫婦には、そんな行きあたりばったり感がなかったです。わざと、復習する相手の罠にハマってみたり、相手の思うつぼのような動きをしたり、そんな、「わざとストーリーを面白く見せるために、ひっかかってみました」のような動きをうする夫婦のように感じられました。それを見て感情移入しろっていうのなら、無理な話なのではないか、と。ヤラセ感満載のテレビ番組を見ていて、「涙しろ」とか「感情移入しろ」たってそうはいかないですよね。どこかしらでシラケ感がやってくるんです。本当はテレビでも小説でも、没入しているのが視聴者や読者としては理想なんですけど、冷めてしまう。没入できなくなってしまう。現実の世界に連れ戻されてしまう。「あ、これは作られた物語なのか」と、客観に連れ戻されてしまう。「そんな感じを受けてしまう作品だなあ」と思って読んでしまいました。

 

 

とはいえ、とはいえ。面白かったです。ヤラセ感に着目して書いてはしまったんですけど、読みやすさもありました。夫婦につきそう死神の行動にはヤラセ感は感じず、実際に死神というものは(たぶん)存在しないのに、違和感なく世界に入っていました。それと、相変わらずこの作者はたとえ話がうまい。「記憶が張り付いている」とか「皮膚を裏返されたように」とか、「よく次々と、そんな大手をだしてくることができるな」と関心しました。強力な波状攻撃のような、そんなたとえ話の連続でした。何回も波動拳を打ってくるリュウとか。そんな風に、徐々に、だけど確実に、。ゲージの体力を減らされました。読むことに対する抵抗を減らされて、本に引っ張られるようでした。

 


 

 

イライラは良くないし、できればイライラしないで生活したい。感情的になりがちな性格をコントロールして、楽しく笑いながら生活するためのヒントを載せた本です。

 

電子書籍でも買えますし、紙の本(プリント・オン・デマンド)も選べます。

 

タイトルは、「人に優しくなれる発想法」。想定されると読者は、主に子ども相手にイライラしてしまうお父さんお母さんですが、仕事やプライベートでのイライラする人間関係が気になっている方にも読んで欲しい内容となっています。

 

「人に優しくなれる発想法」購入ページへ


 

「素直さ」を考えるセミナーを定期的に開催しています。スケジュール・詳細はこちらをご覧ください。

 

自己中が思いやりに、
生真面目が寛容に、
怒りっぽさが優しさに、
そして非行が素直に変わります。

 

心よりお待ちしております。

お手数ですが、下記ご記入の上送信してください。
折り返しご連絡を差し上げます。

お名前 *
メールアドレス *
メールアドレス
(確認用)*
お電話番号 *
ご参加希望日*

※お申込み時に「受信拒否設定」などがあると当方からメールが届かない場合があります。また「迷惑メールフォルダ」に入ってしまい、返信に気が付かない場合がありますので必ずご確認をお願いいたします。

ご意見・ご質問・ご要望などあればご自由にご記入ください(任意)


 

30分の無料相談を承っています。子ども、非行、犯罪、警察対応、などのキーワードで気になりましたらご利用ください。基本はウェブ会議アプリを使ってのオンラインですが、電話や面談も対応できます。

 

モヤモヤ状態のあなたが、イキイキとする無料相談です。次の一歩を踏み出すために、お気軽にお問い合わせください。

 

下記お問い合わせフォームで「相談希望」である旨をお知らせ下さい。

お名前 *
メールアドレス *
電話番号
お問い合わせ内容*


 

プレゼントの無料小冊子を更新しました。「子どもの非行を防ぐための素直な頭のつくり方」です。

 

非行に走る子どもは自己中が多いです。頭が固く、自分の価値観に固執しています。周りの人間の価値観や考えを受け入れられず、自分を通そうとします。自分以外の価値観や考えがあること自体が、見えていないのです。自分が正しくて、自分以外の考えは間違いだという先入観から抜けられない状態です。

 

子どもは周りから吸収する度合いが強いので、子どもの成長は周りの大人次第の側面があります。「周りの大人が自己中から脱し、素直な頭を持つ事で、接する子どもにも好影響を与えよう」というのが、この小冊子の狙いになります。

 

頭の柔軟性があり、状況や相手に応じて変化できる事。自分だけでなく、相手の考えも認める事ができる事。一つ上から全体を俯瞰できる事。そんな「素直な頭」をつくるための気づきを、この小冊子から得ていただければと思います。

お名前 *
メールアドレス *

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: バラエティ番組のヤラセ感を感じる〜死神の浮力

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@konokoe.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP