なぜアップルが宗教なのか〜GAFA 四騎士が創り変えた世界

2019.02.12 (火)

このGAFAって本、読んでいるところ・・って言うか今読んでいるんだけれど、なんか面白そうな予感がプンプンです。もともと参加したセミナーの中で「面白い」って紹介されていた本なんですけど、冒頭と目次を少し読んでみただけで期待が高まる仕掛けが施されています。

 

 

まず、実は4大企業寄りの話ではないと言う事。批判気味なことも冒頭にいきなり書かれていて、決して信者が4大企業をお勧めする内容にしてあるんではないですよってのが伝わってきます。

 

 

どっちかと言うと、批判的な面に重きを置いているんだと思います。まず目次で、私が好きなアップルに対して宗教って書いているのが気に入ってしまいまた。確かに、アップル製品好きの人って「アップル信者」なんて呼ばれていますよね。それだけアップルの製品って持つものに高揚感を与えてくれるんです。それに教祖っぽい人もいますし・・って言うかいましたし。

 

 

まだ冒頭しか読んでいないんですけど、4大企業のメリットとデメリットの割合が絶妙ですね。忘れられがちな4大企業による負の面をしっかりと抑えている。それなのに、確かなメリットの部分も記載されています。

 

 

これも中身を流し読みした際に目に入った内容なんですけど、アップル製品は人種差別的とか、性欲を刺激する、とか書いてありました。どういうことなんでしょう。だけど、なんとなくわかる気もします。

 

 

まんまと吊るされてしまったんでしょうか、私は。著者に。目次と少しの冒頭を読んだだけで、「それってどういう事?」「まさかあのアップルが?」なんて疑問符が私の頭についたままです。この疑問符を早く消したくてしょうがない。早く続きを読みたくてしょうがない。

 

 

でもいいですよね。こういう客観的な見方って。私も自分がどっちかというとアップル信者だっていう事は分かっているんです。物を持たない主義だし高級品とかブランド品に対して「格好悪い」っていう価値観を持つ私ですが、アップル製品だけは別になってしまっているんです。

 

 

物を持たない分、「アップルならいいか」って、アップル製品に対して甘くなっている部分があります。アップル製品がいけてる象徴っていう感じなんですよね。アップルの良さを分かっている一握りの者、とか、分かっている人はアップルを選ぶ、とか、そんな頭がどこかにあるんです。

 

 

「実はアップルの方が性能がいいわけじゃない」とか「アップル製品よりも優れている製品は他にもある」「機能よりも値段が高い」って事は気になってはいるんですけど、「iPhoneとMacBookの親和性がいい」とか「アップルクラウドが便利」なんて目に見えないモノによっぽどの価値があるかのように、自分に言い聞かせています。

 

 

だからもし、この本を読んでアップルに対する客観的な見方を与えてくれるなら、それに越した事はありません。そんな、アップルに対して視野狭窄になっている私に、広い視野をくれる事を、この本には期待します。これから中身の深い部分を読んでいきます。さていかに。

 


 

「素直さ」を考えるセミナーを定期的に開催しています。スケジュール・詳細はこちらをご覧ください。

 

自己中が思いやりに、
生真面目が寛容に、
怒りっぽさが優しさに、
そして非行が素直に変わります。

 

心よりお待ちしております。

お手数ですが、下記ご記入の上送信してください。
折り返しご連絡を差し上げます。

お名前 *
メールアドレス *
メールアドレス
(確認用)*
お電話番号 *
ご参加希望日*

※お申込み時に「受信拒否設定」などがあると当方からメールが届かない場合があります。また「迷惑メールフォルダ」に入ってしまい、返信に気が付かない場合がありますので必ずご確認をお願いいたします。

ご意見・ご質問・ご要望などあればご自由にご記入ください(任意)


 

30分の無料相談を承っています。子ども、非行、犯罪、警察対応、などのキーワードで気になりましたらご利用ください。基本はウェブ会議アプリを使ってのオンラインですが、電話や面談も対応できます。

 

モヤモヤ状態のあなたが、イキイキとする無料相談です。次の一歩を踏み出すために、お気軽にお問い合わせください。

 

下記お問い合わせフォームで「相談希望」である旨をお知らせ下さい。

お名前 *
メールアドレス *
電話番号
お問い合わせ内容*


 

プレゼントの無料小冊子を更新しました。「子どもの非行を防ぐための素直な頭のつくり方」です。

 

非行に走る子どもは自己中が多いです。頭が固く、自分の価値観に固執しています。周りの人間の価値観や考えを受け入れられず、自分を通そうとします。自分以外の価値観や考えがあること自体が、見えていないのです。自分が正しくて、自分以外の考えは間違いだという先入観から抜けられない状態です。

 

子どもは周りから吸収する度合いが強いので、子どもの成長は周りの大人次第の側面があります。「周りの大人が自己中から脱し、素直な頭を持つ事で、接する子どもにも好影響を与えよう」というのが、この小冊子の狙いになります。

 

頭の柔軟性があり、状況や相手に応じて変化できる事。自分だけでなく、相手の考えも認める事ができる事。一つ上から全体を俯瞰できる事。そんな「素直な頭」をつくるための気づきを、この小冊子から得ていただければと思います。

お名前 *
メールアドレス *

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: なぜアップルが宗教なのか〜GAFA 四騎士が創り変えた世界

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@konokoe.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP