どうしたらはんざいがなくなるかな

2020.10.23 (金)

犯罪をなくすには、怒らないことだ

怒らないこと。それが犯罪をなくす方法です。

 

 

世の中には多くの犯罪があります。「これは悪いことですよ」と法律ではっきりとしているのさえ、2,000コ近くあります。数え方によっては10,000コにもなるそうです。犯罪とは法律違反のことを言います。10,000コもの法律違反すべてにぴったりと共通する「犯罪をなくす方法」は、おそらく見つけられないでしょう。

 

 

ですが、それでもあえて犯罪をなくす方法を「何か1つ」というのであれば、それは「怒らないこと」だと私は強く思います。

 

 

誰もが納得するように伝えるのも難しく、私の経験からの話しです。私は、犯罪の周りには常に怒っている人がいると思っています。影のように常に犯罪につきまとっているのです。

 

 

道ばたでケンカをする若者は怒っています。家で子どもに暴力をふるう親も怒っています。交通事故を起こした人も、「相手が間違っている。オレは悪くない」と怒っています。学校でもいじめる子や暴力を振るう子も、怖く見えますよね。怒っているオーラが出ているのです。

 

 

物を盗む人は、「怒っている」とは少し違うのですが、周りがよく見られなくなっています。これは「怒る」のと同じことです。

 

 

怒る人は自分のことだけを考えて、周りが見られなくなります。相手の気持を考えられなくなるのです。自分の都合だけを考えて、「自分が正しい、相手が間違っている」と単純に考えます。しかもその考えから抜け出すことができないので、周りがどんなに説得しても、「自分が正しい、相手が間違っている」から離れられません。

 

 

物を盗む人も、自分の事だけを考えます。自分さえ良ければいいと考えるのです。「自分のお金が無くなったから、家に入って盗む」「自分はお金が必要だから、お年寄りをだまして盗む」など、これらは自分の都合だけしか見られなくなったことと同じです。

 

 

仲のいい友だちどうしのように、犯罪の隣にはつねに怒っている人が立っているのです。

 

 

もしかしたら、「犯罪があるから怒る人が出てくる」と考える人もいるかもしれません。けれど私は、「どっちが先か」という順番は関係ないと思っています。哲学の世界では「原因と結果(因果関係)なんて本当はないんじゃないの?」と思われたりします。私もその意見に賛成で、常に2つのことが一緒にあるのなら、どちらが原因でどっちが結果かは重要でないと思っています。見る方向によって、原因と結果は逆転するものだと思っています。

 

 

なので私にとっては、犯罪と一緒にいるのが怒っている人、という事実で十分です。

 

 

怒っている人がいなくなれば、犯罪も一緒にいなくなるのではないかと私は考えています。仲のいい友だちは、片方がどこかに行けばもう一人の方もついて行きますよね。それと同じで、怒っている人がなくなれば、犯罪も一緒になくなると思うのです。

 

 

怒らない方法

では、どうすれば私たちは怒らなくなるのでしょうか。それには、「同じものを見ていても、他の人には違う様に見えるのではないか」と想像できることが必要です。

 

 

たとえばピラミッド。ピラミッドは、横から見ると三角形に見えます。ですけど上から見ると四角形に見えるのです。もしも地面の下から見ることができれば、それでも四角形に見えるでしょう。

 

 

私たちは普段、ピラミッドを横から見ることが多いです。けれど、だからといって「ピラミッドは三角形だ」とばかり思っていたら、怒っている人と同じです。周りがよく見られなくなって「自分が正しい、相手が間違っている」と考えている人の思考になります。

 

 

「もしかしたら自分が間違っているんじゃないか」

「もしかしたら正解はないんじゃないか」

「もしかしたら、相手には違う様に見えているんじゃないか」

 

 

そんな風に考えられるようになることが必要です。自分とは違う意見の人、自分とは別の答えを持った人、自分とは好き嫌いが異なる人。そんな人と出会った時に、そんな場面に出くわした時に、無理に「自分が正しい、相手が間違っている」と考えることを捨てることです。

 

 

「もしかしたら違う見方があるのかも」の考えて、想像力を働かせます。そんな考えが、犯罪をなくすのです。

 

 

もっと具体的にはどうすれば?

違う見方ができるようになるには、どうしたらいいでしょうか。想像力をきたえるには、何をしたらいいでしょうか。1つ具体例をあげます。

 

 

それは、文章を書くことです。小学生であれば、読書感想文を書いていると思います。そんな風に、「自分はこう思う」「自分はこう考えている」というのを文字にしていくことが、想像力をきたえるいい練習になります。

 

 

自分の顔は自分で見ることができません。近くにあるものほど、よくわからないのです。自分の顔は、鏡がないと見ることができません。自分の目、自分の鼻、口、どこにどんな風についているのか。他の人とどう違うのか。鏡がなくはわかりませんよね。

 

 

それと同じで、自分の考えも文章という鏡に映さなくては見ることができません。もしも自分の顔を鏡に映さないで見ようとすれば、間違った思い込みをすることになります。勝手な思い込みです。

 

 

 

自分の考えも文字にしてはじめて、「どうなっているのか」を見ることができます。考えを文字にすることを、「思考の言語化」と言います。頭の中にあるだけではモヤモヤとしていて、他の人と比べることができません。他の人と、どこが同じでどこが違うのか。思っているだけではよくわかりません。

 

 

モヤモヤしてわからないので、文字にしてみるのです。文章に書いてみるのです。「自分ってこう思っているんだ」「自分の考えってこうだったんだ」「自分はこんなことが好きで、こんなことが嫌いだったんだ」というのが、はっきりとわかるでしょう。まるで鏡で自分の顔を見たときのように。

 

 

自分の考えがわかってはじめて、他の人と比べられるようになります。「あの人はこう思っているけれど、自分はこう思っている」というのがわかるようになります。「自分とは違う見方がある」「自分とは違う見方をしている人がいる」「もしかしたら間違っているのは自分かも」というのが見えてきます。

 

 

考えていることを文字にしていく作業は楽しいですよ。

 

 


 

 

仕事依頼、絶賛受付中です。

 

犯罪、非行、警察関係、子育てなどに関しての記事執筆。人前で話すのも得意なので、講演依頼などもお待ちしています。下記お問い合わせフォームまたはメールにて承ります。

 


 

 

イライラは良くないし、できればイライラしないで生活したい。

 

感情的になりがちな性格をコントロールして、楽しく笑いながら生活するためのヒントを載せた本です。 「イライラしてはいけない」と頑張っている方々に向けて書きました。

 

電子書籍でも買えますし、紙の本(プリント・オン・デマンド)も選べます。

 

「人に優しくなれる発想法」購入ページへ

 


 

 

「犯罪と非行をなくして、思いやりを育む方法」の小冊子になります。

「こうすれば思いやりを育めるよ」「思いやりって、つまりはこんなことだよ」というのを載せました。

思いやりとは、スナイパー(狙撃手)のようなものである。35,222文字。目次はこちらで公開しています。

 

下のフォームにてお名前とメールアドレスを入力のうえ、無料でダウンロードできますので、ぜひ読んでみてください。

 

お名前 *
メールアドレス *

 


 

 

30分の無料相談を承っております。子ども、非行、犯罪、警察対応、などのキーワードで気になりましたらご利用ください。基本はウェブ会議アプリを使ってのオンラインですが、電話や面談も対応できます。

 

モヤモヤ状態のあなたが、イキイキとする無料相談です。次の一歩を踏み出すために、お気軽にお問い合わせください。

 

下記お問い合わせフォームで「相談希望」である旨をお知らせ下さい。

お名前 *
メールアドレス *
電話番号
お問い合わせ内容*

 


 

 

「素直さ」を考えるセミナーを定期的に開催しています。スケジュール・詳細はこちらをご覧ください。

 

自己中が思いやりに、
生真面目が寛容に、
怒りっぽさが優しさに、
そして非行が素直に変わります。

 

心よりお待ちしております。

お手数ですが、下記ご記入の上送信してください。
折り返しご連絡を差し上げます。

お名前 *
メールアドレス *
メールアドレス
(確認用)*
お電話番号 *
ご参加希望日*

※お申込み時に「受信拒否設定」などがあると当方からメールが届かない場合があります。また「迷惑メールフォルダ」に入ってしまい、返信に気が付かない場合がありますので必ずご確認をお願いいたします。

ご意見・ご質問・ご要望などあればご自由にご記入ください(任意)

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: どうしたらはんざいがなくなるかな

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@konokoe.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP