SUVに傷をつけたくない本末転倒ぶり。怒りは執着が生むものだ。

2020.12.03 (木)

僕は、怒りとは執着だと思っている。

 

 

先日、こんな話を聞いた。僕の友人Aが、車を傷つけられたのである。Aは駐車場に車を止めていたのだが、他の車がAの車の隣に駐車したのだ。そのときにぶつかってしまった。ドアを開けた際に、ドアがAの車のボディにぶつかってしまった。

 

 

幸い、その人は当て逃げなどせずに事故を申告したので、Aはその場で相手から謝罪されたらしい。めでたしめでたし……だとは思うが、Aはかなり怒っているようだった。

 

 

僕もAの車の傷を見せてもらってけれど、小指の爪ほどの傷だった。多少ボディが凹んでいたのかもしれないが、かすり傷ともいっていい具合だ。

 

 

僕は、車は消費財だと思っている。確かに車というのはカッコいいし、男であれば車のカッコよさを誰もが認めるところだと思う。買ったままの車はキレイだし、できればそのままの美しさで所有していたいし、走らせていたい。

 

 

けれど、「そのままの美しさで」というのはないものねだりである。車は本来、道路を走るものであり、道路を走る限りそこには予想しきれないものが存在する。飛び石だったり、歩行者だったり、対向車だったり。それらの間をすり抜けて車を綺麗なままにしておこうというのは、シワが無い肌のままで年を取りたいと望むようなもの。何より塗装なんてのは自然劣化するものだ。買った状態のままで放置しておいても、ボディ表面の美しさは剥げていく。

 

 

しかもAの車はSUVである。オフロードを走るための車なのだ。SUVは、車高を高くしたりして、悪路を走るのに都合のいい格好をしている。確かに最近では「シティよりのSUV」なるものも存在する。見てくれのカッコよさはSUVのままに、悪路走破性には優れない車だ。悪路走破性がいいということは、通常のアスファルト道路を走る上では無駄が多く、どちらかと言うと向かない。見た目だけSUVで中身は通常の車というのも存在する。

 

 

けれど、いくらシティ走行よりのSUVと言ったところで、結局はSUVなのだ。悪路を走ってなんぼの車だ。車高だって高いし、それなりのタイヤを履いている。悪路を走れば、ボディに傷だってつく。それなのに「車を綺麗なままにしておきたい」というのは、おもちゃを飾っておくようなものだ。

 

 

ディズニー映画「トイ・ストーリー」の主人公ウッディは、子どもが遊ぶように作られたカウボーイ人形だ。おもちゃは子どもと遊んでこそ幸せなのであって、棚に飾られていたり、箱にしまわれていただけでは幸せを感じられない。遊ばれてこそのおもちゃなのだ。

 

 

「トイ・ストーリー2」に登場する悪役アルはおもちゃマニアで、ウッディを綺麗なままに保存して高く売ろうとした。塗装し直したのはいいが、ガラスケースに保存しておこうとしたのだ。悪路走破性を売りにするSUVを「綺麗なまま維持しておきたい」と望んだAは、おもちゃをガラスケースに入れて保存しようとしたアルのようだ。それはSUV本来の使われ方ではない。

 

 

つまり、「SUVに乗っているのだから傷はつきものだろう。小指ほどの小さなキズでガタガタ言うな」というのが僕の意見である。

 

 

これはAも理解していた。Aは僕にこう言う。「それはわかります。確かに僕も、人からこの話を聞いたなら同じことを言うと思います」と。僕はコクンとうなずいた。でも、Aのその先がの言葉がいけなかった。続けてAはこう言ったのだ。「だけど、あの車は買ったばかりなんです。まだ愛着があるんです。だから僕は怒っているんです」と。

 

 

怒りというのは、執着があるところに生まれる。

 

 

もしも車を傷つけられたのが他人の車だったなら、Aも笑い話として応じていただろう。「SUVに乗っているのだから傷はつきものだろう。小指ほどの小さなキズでガタガタ言うな」と、僕と同じことを言っていたに違いない。

 

 

傷つけられた車が、自分の車だったから怒ったのだ。他人ごとの話でなく、自分ごとの話だから怒ったのだ。まだ傷つけられた車に執着を持っており、「大事にしたい」と思っていたから怒ったのだ。

 

 

執着とは、距離が近いという意味だ。大事に思っているとは、近くで対象を見ていることであり、それだけを見ていること。他のことは視界に入らない。自分にとって対象は2つとない存在であるから、傷つけられると怒りが湧き上がる。「替えのきかないものをこんなにしやがって」と、やられた行為が自分の中で大きくなるのだ。

 

 

怒りは執着が生むものなのだ。

 

 

僕は、犯罪も非行も怒りが生むものだと思っている。犯罪や非行のあるところには必ず怒っている人がいる。怒りがなくなれば、犯罪や非行もなくなるのだ。

 

 

では怒りどうして生まれるのか。執着が生むのだ。相手との近い距離感が、怒りを生むのだ。相手を近くで見ると視界にいっぱいに感じられて、周りが見られなくなる。相手が強大なものに見える。

 

 

怒りをなくすには、距離を開けることだ。相手を全体として見るのではなく、あくまで全体の中の一部として見る。そうすると、たとえ傷つけられたとしても「替えがきく」と考えられ、不正に対する怒りもそれほど大きくならない。

 

 

Aは自分の車に執着するのではなく、「車なんてどうだっていいよ」と冷めた目で見られていれば、怒りも湧き上がらなかったのだ。

 

 

怒りを生むのは執着である。ライフスタイルもそう、家族もそう、恋人もそう。何事も執着せず、距離を開けること。そうすれば相手が車でなくて人間であれば、束縛してしまうこともない。結果、執着しない行為は相手のためにもなる。相手のための行為であれば、それはもう「優しさ」とも言えるだろう。

 

 

怒り対策には、執着しないことだ。

 

 


 

 

仕事依頼、絶賛受付中です。

 

犯罪、非行、警察関係、子育てなどに関しての記事執筆。人前で話すのも得意なので、講演依頼などもお待ちしています。下記お問い合わせフォームまたはメールにて承ります。

 


 

 

イライラは良くないし、できればイライラしないで生活したい。

 

感情的になりがちな性格をコントロールして、楽しく笑いながら生活するためのヒントを載せた本です。 「イライラしてはいけない」と頑張っている方々に向けて書きました。

 

電子書籍でも買えますし、紙の本(プリント・オン・デマンド)も選べます。

 

「人に優しくなれる発想法」購入ページへ

 


 

 

「犯罪と非行をなくして、思いやりを育む方法」の小冊子になります。

「こうすれば思いやりを育めるよ」「思いやりって、つまりはこんなことだよ」というのを載せました。

思いやりとは、スナイパー(狙撃手)のようなものである。35,222文字。目次はこちらで公開しています。

 

下のフォームにてお名前とメールアドレスを入力のうえ、無料でダウンロードできますので、ぜひ読んでみてください。

 

お名前 *
メールアドレス *

 


 

 

30分の無料相談を承っております。子ども、非行、犯罪、警察対応、などのキーワードで気になりましたらご利用ください。基本はウェブ会議アプリを使ってのオンラインですが、電話や面談も対応できます。

 

モヤモヤ状態のあなたが、イキイキとする無料相談です。次の一歩を踏み出すために、お気軽にお問い合わせください。

 

下記お問い合わせフォームで「相談希望」である旨をお知らせ下さい。

お名前 *
メールアドレス *
電話番号
お問い合わせ内容*

 


 

 

「素直さ」を考えるセミナーを定期的に開催しています。スケジュール・詳細はこちらをご覧ください。

 

自己中が思いやりに、
生真面目が寛容に、
怒りっぽさが優しさに、
そして非行が素直に変わります。

 

心よりお待ちしております。

お手数ですが、下記ご記入の上送信してください。
折り返しご連絡を差し上げます。

お名前 *
メールアドレス *
メールアドレス
(確認用)*
お電話番号 *
ご参加希望日*

※お申込み時に「受信拒否設定」などがあると当方からメールが届かない場合があります。また「迷惑メールフォルダ」に入ってしまい、返信に気が付かない場合がありますので必ずご確認をお願いいたします。

ご意見・ご質問・ご要望などあればご自由にご記入ください(任意)

 

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: SUVに傷をつけたくない本末転倒ぶり。怒りは執着が生むものだ。

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@konokoe.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP