子どもの非行を防ぐには哲学を学べ

2019.02.24 (日)

よく私も「具体に囚われないようにするには思い込みをなくす」なんて言っています。子どもをフラットな視点で見ることは、感情的にならずに冷静に判断することにもなりますし、そうすると感情的になっていたのでは見えなかったものが見えてくるようにもなるんですよね。

 

 

思い込みをなくせば見えてくるものがある、なんて、大昔から言われていることなんですよね。

 

 

「知は力なり」なんて言う言葉を残したイギリスのフランシス・ベーコンは、16世紀から17世紀にいた哲学者なんですが、「知を得るためには、一切のイドラを排除せよ」って言っているようです。

 

で、イドラについての説明ですが、イドラっていうのは思い込みって訳すことができるようです。元々はラテン語のイドルム(幻影とか偶像)っていう意味らしいですね。ベーコンは4つのイドラを提唱しています。種族のイドラ、洞窟のイドラ、市場のイドラ、劇場のイドラ、という4つです。

 

 

まず種族のイドラっていうのは、人間であるがゆえの思い込みです。よく例として言われるのは、天体ですね。例えば地球にいると、夜には月が光り輝いて見えます。月そのものが光っているように見えるんですけど、これって太陽の光が反射しているだけなんですよね。月そのものに光源はないんです。だけど、それってなかなか地球にいると、体験しづらいですよね。人間であるがゆえの限界です。

 

 

次に洞窟のイドラっていうのは、自分の経験による思い込みです。人間は一回しか人生を経験できないんで、自分の経験が他の人間にも適用できる、自分の経験が他の全ての人にも当てはまるって無意識のうちに考えてしまいがちですが、この勘違いのことです。例えば、自分の地元って愛着が湧くと思うんです。一箇所にしか住んだことがないのに、そこが日本で一番住みやすい場所だと思ってしまう。だけど、実際は住めば都であって、住みやすい場所なんていくらでもあるわけです。経験がないと、視野が狭くなってしまうんですよね。

 

 

それから市場(いちば)のイドラです。これは、人が多く集まる場所で流れている噂に踊らされてしまうっていうイメージだと思います。現代でいえば、安易にネットニュースとかツイッターを信じてしまうことです。人が流している情報なんて、出所もわからないし、そもそも言葉の定義だって曖昧だし。そんなものを信じてしまうのは愚の骨頂なわけです。

 

 

最後に劇場のイドラです。権威ある人、伝統がある大企業、大御所、そんな人の言うことを信じてしまうってことです。本屋にもよく権威を借りたタイトルの本が並んでいますよね。「ケンブリッジ大学流の〇〇」とか、「東大生が選んだ〇〇」とか。そんな、権威あるものに囚われず、現実を見ましょうってことです。子どもの就職先では、いまだに大企業の方に目がいってしまいますし、塾選びでも有名なところの方を選んでしまいがちなのではないでしょうか?

 

 

というわけで、私が子どもの非行を防ぐために「思い込みや偏見や先入観をなくした方がいい」なんて言っても、それって言うのは何百年、下手すると何千年も前から哲学の世界では言われていることなんですね。

 


 

「素直さ」を考えるセミナーを定期的に開催しています。スケジュール・詳細はこちらをご覧ください。

 

自己中が思いやりに、
生真面目が寛容に、
怒りっぽさが優しさに、
そして非行が素直に変わります。

 

心よりお待ちしております。

お手数ですが、下記ご記入の上送信してください。
折り返しご連絡を差し上げます。

お名前 *
メールアドレス *
メールアドレス
(確認用)*
お電話番号 *
ご参加希望日*

※お申込み時に「受信拒否設定」などがあると当方からメールが届かない場合があります。また「迷惑メールフォルダ」に入ってしまい、返信に気が付かない場合がありますので必ずご確認をお願いいたします。

ご意見・ご質問・ご要望などあればご自由にご記入ください(任意)


 

30分の無料相談を承っています。子ども、非行、犯罪、警察対応、などのキーワードで気になりましたらご利用ください。基本はウェブ会議アプリを使ってのオンラインですが、電話や面談も対応できます。

 

モヤモヤ状態のあなたが、イキイキとする無料相談です。次の一歩を踏み出すために、お気軽にお問い合わせください。

 

下記お問い合わせフォームで「相談希望」である旨をお知らせ下さい。

お名前 *
メールアドレス *
電話番号
お問い合わせ内容*


 

プレゼントの無料小冊子を更新しました。「子どもの非行を防ぐための素直な頭のつくり方」です。

 

非行に走る子どもは自己中が多いです。頭が固く、自分の価値観に固執しています。周りの人間の価値観や考えを受け入れられず、自分を通そうとします。自分以外の価値観や考えがあること自体が、見えていないのです。自分が正しくて、自分以外の考えは間違いだという先入観から抜けられない状態です。

 

子どもは周りから吸収する度合いが強いので、子どもの成長は周りの大人次第の側面があります。「周りの大人が自己中から脱し、素直な頭を持つ事で、接する子どもにも好影響を与えよう」というのが、この小冊子の狙いになります。

 

頭の柔軟性があり、状況や相手に応じて変化できる事。自分だけでなく、相手の考えも認める事ができる事。一つ上から全体を俯瞰できる事。そんな「素直な頭」をつくるための気づきを、この小冊子から得ていただければと思います。

お名前 *
メールアドレス *

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 子どもの非行を防ぐには哲学を学べ

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@konokoe.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP