警察ヒエラルキーの、外からは見えずらい本当のところ(その1)

2019.10.03 (木)

「警察って階級社会だよね」

 

などということはよくいわれるところである。が、実際に「階級社会だよ」と素直に言えるのかというと、そうではない気がする。というのも、警察官それぞれが階級というものは持っていても、その階級通りのヒエラルキーがあるのかというと、そうでもないからだ。その辺りは、警察組織以外の俗世間となんら変わりはなく、いろいろな要因が絡み合って、ヒエラルキーができるものなのだ。警察組織も、単純に階級なのかというとそうでもない。世間でも、単純に「お金の多いや少ない」だけではないだろう。実際にいましている仕事、それまで積み重ねてきたキャリア、家族がいるかそれとも独り身か、ライフワークはどれほど充実しているか、などなど。色々な要因が網のごとく絡まり合って、「あの人は自分より上だな」とか「この人には負けていないだろう」という差別意識が出てくるのだ。その辺りは警察官も同じで、「警部補は巡査より上」とか「警部はエライ」という単純なものではない。

 

 

だが、このヒエラルキーに関して本当のところを記している文献なんぞはどこにも見つからない。例えば、警察官になりたい学生が読むであろう、就職に関する本。これの「警察官へのなり方」的な本があるが、これを開いてみると「警察は階級社会である」とハッキリと書いてある。これでは社会は良くならない。こんな、単純に、短絡的に、安易に「警察は階級社会である」と言っては、戦争や虐殺や非人道的支配の社会に対して肯定しているようなものである。自分の国の首相がおかしいと思うのであれば「首相を代えるべきだ」と言えなければならないし、自分の待遇が正当に評価されていないのであれば「私はもっと評価されるべきだ」と言えなければならない。未来ある若者に読まれるべく本からして本当のことを言っていない。カラシをオブラートに包んでこっそりとシャリとネタの上に隠している。

 

 

だから、本当のところを話そう。別に、本当のところを言ったからと言って、私にメリットがあるわけでも、デメリットがあるわけでもないだろう。ただ、「これが本当のところですよ」というのを整理したいだけだ。絡み合った紐があればほどきたいわけで、難解だと言われるパズルが目の前にあるのならちょっとは解いてみたくなるだろう。というわけでm、複雑に絡み合っている警察社会のヒエラルキーを、「階級社会ですよ」という単純にいうのではなく、もっと奥までのぞいてみようと思う。幸い、「警察」というのはどこに言ってもネタになり、非常に需要があるものだと思う。ドラマでも、漫画でも、小説でも、警察ネタは頻繁に使われているし、昔から使われている割に枯れることがないように思われる。だから、トリビア的に聞いてほしいと思う。「そうなんだ」「そんなこともあるのだ」と。もしくは、いつくるかも分からない、警察から世話になるときのために準備しておいてほしい。それは、交通事故や犯罪、ということだ。演技は悪いし、印象は良くないのかもしれないが、全く交通事故や犯罪に会わずに人生を生きていくこともできないだろう。で、もしも交通事故や犯罪に会った時は、警察の世話になるはずだ。それは、誰にでも起こりうることである。もしもそうなった時に、少しでも警察から前向きな処理をされるよう、頭の隅に置いておいてほしい。制服の胸につけている階級章の階級だけで警察を判断すると、事実とことなる社会をみていることになる。恋愛あり、仕事あり、プライベートありで社会が複雑なように、警察社会も複雑なのだ。そのヒエラルキーは階級のみで決まるような単純なものではなく、かと言って決して外からわかるものではないだろう。それは解き明かす。

 

 

階級

 

 

で、まずは階級をおさらいしてみよう。ネットを検索すると、階級は全部で9個あるようである。「ネットを検索すると、階級は全部で9個あるようである」と書いたが、私は今、ネットを検索して改めて階級について思い返したところである。警察経験のある私ですら、階級については疎いのだ。

 

 

上から順に、

  1. 警視総監
  2. 警視監
  3. 警視長
  4. 警視正
  5. 警視
  6. 警部
  7. 警部補
  8. 巡査部長
  9. 巡査

 

となっている。警察官どうしがお互いの距離感をつかのに、まずは階級が前提となっている、ことは間違いないだろう。警察社会では異動があるので、久しぶりに会う人や、知ってはいたけれど初めて会う人、というのがたくさんいるのだ。組織の中で、就職してから退職するまで、出会いと別れを頻繁に繰り返しているのである。そんななんかで、久しぶりに会う人と面と向かったとき、相手の階級をまず気にするのは当然のことだろう。けれど、初めて言った通り、これが全てなのではない。相手との距離感、尊敬できるかどうか、自分の仲間かどうか。全てはここから始まるのだ。一緒に仕事をしなければならないのだ。ともに仕事をこなして、お互いを成長試合、刺激しあい、家に帰る時間を早めてくれたり遅めてくれたりもするのだ。そんな背中を任せられるかどうかの値踏みにおいて、階級は一基準でしかない。警察官は、誰もが「世間的には階級社会だと思われている」ということを意識している。そういう風に世間体は作っていかなければならないことは分かっている。だから、外面は「階級が全て」のような体裁を作っている。その方が楽だからだ。要らぬ波が立たないからだ。基本的に仕事は早く終わらせて帰りたいし、余計な仕事はしたくなく、自分が得意とする仕事をしたいと思っているのが警察だ。だから、要らぬ波を立てないために、外面は「階級が全て」と言っておくのが楽なのだ。

 

警察ヒエラルキーの、外からは見えずらい本当のところ(その2)へ

 


 

「素直さ」を考えるセミナーを定期的に開催しています。スケジュール・詳細はこちらをご覧ください。

 

自己中が思いやりに、
生真面目が寛容に、
怒りっぽさが優しさに、
そして非行が素直に変わります。

 

心よりお待ちしております。

お手数ですが、下記ご記入の上送信してください。
折り返しご連絡を差し上げます。

お名前 *
メールアドレス *
メールアドレス
(確認用)*
お電話番号 *
ご参加希望日*

※お申込み時に「受信拒否設定」などがあると当方からメールが届かない場合があります。また「迷惑メールフォルダ」に入ってしまい、返信に気が付かない場合がありますので必ずご確認をお願いいたします。

ご意見・ご質問・ご要望などあればご自由にご記入ください(任意)


 

30分の無料相談を承っています。子ども、非行、犯罪、警察対応、などのキーワードで気になりましたらご利用ください。基本はウェブ会議アプリを使ってのオンラインですが、電話や面談も対応できます。

 

モヤモヤ状態のあなたが、イキイキとする無料相談です。次の一歩を踏み出すために、お気軽にお問い合わせください。

 

下記お問い合わせフォームで「相談希望」である旨をお知らせ下さい。

お名前 *
メールアドレス *
電話番号
お問い合わせ内容*


 

プレゼントの無料小冊子を更新しました。「子どもの非行を防ぐための素直な頭のつくり方」です。

 

非行に走る子どもは自己中が多いです。頭が固く、自分の価値観に固執しています。周りの人間の価値観や考えを受け入れられず、自分を通そうとします。自分以外の価値観や考えがあること自体が、見えていないのです。自分が正しくて、自分以外の考えは間違いだという先入観から抜けられない状態です。

 

子どもは周りから吸収する度合いが強いので、子どもの成長は周りの大人次第の側面があります。「周りの大人が自己中から脱し、素直な頭を持つ事で、接する子どもにも好影響を与えよう」というのが、この小冊子の狙いになります。

 

頭の柔軟性があり、状況や相手に応じて変化できる事。自分だけでなく、相手の考えも認める事ができる事。一つ上から全体を俯瞰できる事。そんな「素直な頭」をつくるための気づきを、この小冊子から得ていただければと思います。

お名前 *
メールアドレス *

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 警察ヒエラルキーの、外からは見えずらい本当のところ(その1)

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@konokoe.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP