本の著者になるとは(その2)

2019.10.02 (水)

それと、書いた後の自分の成長具合。ランニングはやった後に体の健康を感じると思う。それもライティングと同じで、書いた後は成長を感じるのだ。世界が広がる感じだ。もちろん、想像の中で。書いていたテーマについて、あるいはその周辺のテーマについて。「自分はこんな風に思っていたのか」「あ、でもこうすると解決策が出るんじゃないか」「自分だったらこうするな」という自分の意見が確立されるのだ。これを見込めるから、途中の苦しさも耐えることができる。この成長感が分かっているから、途中の苦しさが期待でしかないのだ。

 

 

書くことの長いバージョンである著者とは、走ることでいえばマラソンのようなものだろう。苦しさも、ランニングよりもずっとある。準備だってしなければならない。周りと、周囲の人と合わせなけらばならないことも出てくる。そんな沈み込む作業があるから、後で出てくる爽快感もまた大きいのだ。それに、今度は達成感も出てくる。マラソンでも「よく、こんな長い距離を走れたなあ」と言う達成感があるだろう。難しいこと、優しいことではないことをやりきった後に、達成感があるだろう。それと同じことが、著者として書いた後に訪れた。約7万字。もしかしたら「7万字で少なくね?」と思う人もいるかもしれない。けれど、それでも7万字である。

 

 

これを一貫したことで通すのが難しい。途中でスタイルを変えたくなる。人間なのだから、絶えず違う考えが頭に浮かんでは消えていく。長い目で見てもそうだ。だから、もしかしたら短時間で終わらせるのがいいのかもしれない。短時間で数万字を書ききるのが理想なのかもしれない。出ないと、書いている途中で考えが変わってしまう。まあそれを防ぐための企画書なのかな、とも思う。はじめに各章や各項の内容を決めるのだから。そこで、「ここのまとまりでは何を書くのか」をはっきりさせておけば、考えがぶれることを、完全ではないにせよ、ある程度防いでくれる。この、企画書を作ることのような、予めの作業が著者として書くことの「準備」だ。

 

 

それに、準備としていえば、周りと合わせることも出てくる。マラソンも、一人ではできない。一人では、ただ長距離を走っているだけで、それはマラソンとは言えないだろう。ちゃんとしたマラソンをするには他の人と合わせることが必要で、ちゃんとして書くには、それなりの合わせることが必要なのだ。書くことの場合、合わせることの窓口は編集者になるだろう。一人ではできない、共同作業なのだ。

 

 

で、この著者になるとは、やはり武器になるのだ。人から選ばれるための目を惹く言葉が、ここから生まれることになる。人間は外面ではない。内面がなければ、人間として評価はされない。けれど、それでもどこから入るのかと言えば、まずは見た目から入るしかないのだ。人と会って、飛び込んでくるのは見た目しかないだろう。見た目の後に、遅れてやってくるのが内面への評価だ。内面への評価は、見た目という入り口を通った後にやってくるのではないだろうか。見た目の最低ラインをクリアした者が、内面を評価される段階に回ることができる。就職やオーディションなどの選考でも同じだろう。具体的なところから入って、その後で抽象的なところでの選考が待っている。

 

 

その見た目に相当するものが、この著者としての肩書になる。「本を一冊書いた」「本という体裁を撮ったものを書くだけの実績がある」なのだ。「どこどこのマラソン大会に出場した」「42キロを完走できた」「マラソンを完走するだけの体力がある」という肩書。この肩書が、武器になるのだと思う。大きな入り口になるのではないか。強力な入り口になるのではないか。ディズニーランドの、入り口のように、その入り口に集まる者を魅了して、「中に入りたい」と思わせてくれるようになるのではないか。

 

 

だいたい、多くの人が著者としての経験がない。この武器を持っていない。得体のしれいない物を持っているということは、持っていない人にとって興味の対象になるだろう。

 

 

ただ、不安もある。この本が、世の中で受け入れられるのか、という不安だ。この武器が世の中に通じるのか、でもいい。世の中に通じなくても、武器と違って実際に体を傷つけられるわけではない。戦いの果てに命を落とすこともない。そこは姿勢でカバーできる。「これが世の中に役立つことなんですよ」と姿勢を正していること。自分の書いた本に絶対の自信を持っていること。そんな姿勢が必要なのではないか。たとえ、初めの方は受け入れられることがなされなくても、そんな著者が自信を持つことで、世の中を突破できるのではないか。

 

 

タイトルは、「人に優しくなれる発想法」である。副タイトル(?)として「子育て 職場・上司 対人関係のイライラを解消して」とある。続けて「子育て 職場・上司 対人関係のイライラを解消して人に優しくなれる発想法」というところだ。

 

 

この本、表紙の下の方に「イライラは良くないし、できればイライラしないで生きたい」とあるが、このコピーを選んだ編集者は「さすがだ」と思う。確かにこのコピーは、私が本文の中で書いたものだけれど、それほど意識して書いたものではなかった。「なんとなく」という文章の流れの中で出てきたコピーだ。けれど、こうして改めて一つ抜き出されると、どこかいい言葉のように思えるし、何か自分の言いたかったことが、このコピーに集約されているようにも思える。目の付け所が素晴らしい、ということなのだろう。

 

本の著者になるとは(その1)

 


 

「素直さ」を考えるセミナーを定期的に開催しています。スケジュール・詳細はこちらをご覧ください。

 

自己中が思いやりに、
生真面目が寛容に、
怒りっぽさが優しさに、
そして非行が素直に変わります。

 

心よりお待ちしております。

お手数ですが、下記ご記入の上送信してください。
折り返しご連絡を差し上げます。

お名前 *
メールアドレス *
メールアドレス
(確認用)*
お電話番号 *
ご参加希望日*

※お申込み時に「受信拒否設定」などがあると当方からメールが届かない場合があります。また「迷惑メールフォルダ」に入ってしまい、返信に気が付かない場合がありますので必ずご確認をお願いいたします。

ご意見・ご質問・ご要望などあればご自由にご記入ください(任意)


 

30分の無料相談を承っています。子ども、非行、犯罪、警察対応、などのキーワードで気になりましたらご利用ください。基本はウェブ会議アプリを使ってのオンラインですが、電話や面談も対応できます。

 

モヤモヤ状態のあなたが、イキイキとする無料相談です。次の一歩を踏み出すために、お気軽にお問い合わせください。

 

下記お問い合わせフォームで「相談希望」である旨をお知らせ下さい。

お名前 *
メールアドレス *
電話番号
お問い合わせ内容*


 

プレゼントの無料小冊子を更新しました。「子どもの非行を防ぐための素直な頭のつくり方」です。

 

非行に走る子どもは自己中が多いです。頭が固く、自分の価値観に固執しています。周りの人間の価値観や考えを受け入れられず、自分を通そうとします。自分以外の価値観や考えがあること自体が、見えていないのです。自分が正しくて、自分以外の考えは間違いだという先入観から抜けられない状態です。

 

子どもは周りから吸収する度合いが強いので、子どもの成長は周りの大人次第の側面があります。「周りの大人が自己中から脱し、素直な頭を持つ事で、接する子どもにも好影響を与えよう」というのが、この小冊子の狙いになります。

 

頭の柔軟性があり、状況や相手に応じて変化できる事。自分だけでなく、相手の考えも認める事ができる事。一つ上から全体を俯瞰できる事。そんな「素直な頭」をつくるための気づきを、この小冊子から得ていただければと思います。

お名前 *
メールアドレス *

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 本の著者になるとは(その2)

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@konokoe.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP