警察ヒエラルキーの、外からは見えずらい本当のところ(その2)

2019.10.04 (金)

年齢

 

次に、年齢である。これはどこの社会に行っても、人間である限り付きまとうのだろう。警察という「階級が絶だと思われている組織」ですら、相手と自分の距離感や上下関係を意識する上で、年齢を見ないことはない。警察に入るとき、警察学校に入ったとき、警察官になったとき。その時には確かに「階級社会だから」とか「階級が全てだ」と言われて入ったものである。が、そんな警察官になりたての若造ですら、「でも年齢は気にしなくちゃな」と思っているものである。「階級が全てだ」と言われて警察社会に入っても、それでも何も言われずとも年齢のことは気にするものである。年上には自然と敬語になるし、年下には敬語を使われることを本能的に分かっている。

 

 

階級社会においても相手の年齢によって言葉遣いや態度を変えている自分を見たり、そんな周りの雰囲気を見ていると、年齢というものが人間社会の主たる部分を形作っていることに気づく。いくら「年齢は気にしない」とか「年齢なんて関係ない」と言っても、気にするのが人間なんだろう。本当に気にしない人からは、話題にもならない。なぜなら眼中にないからだ。「年齢は気にしない」とか「年齢なんて関係ない」という言葉が出るということは、それだけ気にしているということであり、意識がいっているということなのである。

 

 

どれだけ「年齢は気にしない」とか「年齢なんて関係ない」とは言っても、年下からタメ語で命令されれば嫌な思いはするだろうし、自分よりも年上に向かって命令口調での指示は、なかなかできるものでもない。年齢は気にするものだし、気にするのが人間だし、気にしなければ人間どころか生物ですらないだろう。

 

 

年齢というのは見た目の話だけではない。「見た目が弱々しいからいたわってあげよう」とか「若々しいから、命令しても動いてくれるだろう」という見てくれだけの問題ではなく、やはり年を重ねることで積まれてきたものというのはあるものなのだ。したたかさや、逃げ道を作っておくことや、微妙なバランス感覚、見えないコネ、などである。警察の仕事をしていても、この年を重ねることで育まれたであろうバランス感覚を頼らざるを得ないことが出てくる。相手の階級が下であっても、年長者のバランス感覚や見えないコネを必要とすることが出てくるのだ。だから、やはり「年長者には頭を下げておこう」という感覚になるのだ。

 

 

拝命順

 

 

なかなか分かりづらいものかもしれないが、拝命順というのもヒエラルキーを形作る大きな要因の一つである。拝命というのは「警察官になる」というのであって、拝命日とは「警察官になった日」である。その拝命日から数えて、「自分は今、何日立っているか」ということである。警察官一人一人には、5〜6ケタの職番(正式な名前は忘れた。職業番号? 職務番号?)というのが付されている。仕事をしていると、この職番が必要な時が時々あるわけで、そうすると、自然と「あの人は何年の拝命なんだ」というのが分かってくるのである。

 

 

基本的な感覚としては、この拝命順というのは年齢と一緒である。この世に生まれてからどのくらいの日数が経ったのか。日数が長ければ、それだけポテンシャルを秘めている、ということだろうし。日数が長いのにポテンシャルがなければ、「それってどうなの?」と思われてしまう。でも、年齢だけだと、その辺りのポテンシャルの現実的な部分を図りきることができない。というのも、それぞれ警察官になった日が違うからだ。現実的なところを言えば、年齢の中でも特に警察官になってからの日数が重要視されであろう。この世に生まれてからどのくらいの日数が経っているのか、その中でも警察官になってからどのくらいの日数が経っているのか、を測るのが、この拝命順なのである。この拝命順、おそらく多くの人が、そっと確認しあっていることだろう。どこかで職番を見る機会や聞く機会があるのなら、そっと気になる相手の職番を横目で見ているのである。

 

 

この拝命順。お互いを値踏みする際の、スパイス的な役割である。というのも、このお互いがいつの拝命なのか、拝命してからどのくらいの日数が経っているのか。そのあたりが分かってくるのは、階級や年齢よりもずっと後だからだ。後から効いてくるわけだ。階級がどれで、年齢はどのくらい。その上で拝命がいつでと分かって、「ああ、なるほどね」となる。この拝命を聞くと、相手の人生観とかの裏の方にも、色々と想像が行くのである。年齢が上の割に拝命順が若いと、「警察官になる前は何をやっていたのだろう」とか想像するし。単純に高校や大学を卒業して警察官になったわけではないのなら、「どうして前の仕事を辞めてまで警察官になったのだろう」という興味を引きつけてくれるものなのだ。

 

警察ヒエラルキーの、外からは見えずらい本当のところ(その1)へ

 


 

「素直さ」を考えるセミナーを定期的に開催しています。スケジュール・詳細はこちらをご覧ください。

 

自己中が思いやりに、
生真面目が寛容に、
怒りっぽさが優しさに、
そして非行が素直に変わります。

 

心よりお待ちしております。

お手数ですが、下記ご記入の上送信してください。
折り返しご連絡を差し上げます。

お名前 *
メールアドレス *
メールアドレス
(確認用)*
お電話番号 *
ご参加希望日*

※お申込み時に「受信拒否設定」などがあると当方からメールが届かない場合があります。また「迷惑メールフォルダ」に入ってしまい、返信に気が付かない場合がありますので必ずご確認をお願いいたします。

ご意見・ご質問・ご要望などあればご自由にご記入ください(任意)


 

30分の無料相談を承っています。子ども、非行、犯罪、警察対応、などのキーワードで気になりましたらご利用ください。基本はウェブ会議アプリを使ってのオンラインですが、電話や面談も対応できます。

 

モヤモヤ状態のあなたが、イキイキとする無料相談です。次の一歩を踏み出すために、お気軽にお問い合わせください。

 

下記お問い合わせフォームで「相談希望」である旨をお知らせ下さい。

お名前 *
メールアドレス *
電話番号
お問い合わせ内容*


 

プレゼントの無料小冊子を更新しました。「子どもの非行を防ぐための素直な頭のつくり方」です。

 

非行に走る子どもは自己中が多いです。頭が固く、自分の価値観に固執しています。周りの人間の価値観や考えを受け入れられず、自分を通そうとします。自分以外の価値観や考えがあること自体が、見えていないのです。自分が正しくて、自分以外の考えは間違いだという先入観から抜けられない状態です。

 

子どもは周りから吸収する度合いが強いので、子どもの成長は周りの大人次第の側面があります。「周りの大人が自己中から脱し、素直な頭を持つ事で、接する子どもにも好影響を与えよう」というのが、この小冊子の狙いになります。

 

頭の柔軟性があり、状況や相手に応じて変化できる事。自分だけでなく、相手の考えも認める事ができる事。一つ上から全体を俯瞰できる事。そんな「素直な頭」をつくるための気づきを、この小冊子から得ていただければと思います。

お名前 *
メールアドレス *

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 警察ヒエラルキーの、外からは見えずらい本当のところ(その2)

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@konokoe.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP