好きを表現する力〜働き方1.9

2019.01.31 (木)

「ヒロシです」

 

のセリフで一世を風靡した芸人、ヒロシは今、ユーチューブで動画を配信しているそうです。そんな彼の本が面白い、という事を聞いたので早速読んでみました。

 

 

で、そんな「働き方1.9」という本。刺さったのはこの、「好きを表現する力」という言葉です。好きな事を発信するのに何が必要か、という話の中で、著者であるヒロシは「好きを表現する力」だと行っています。

 

 

それが見ている者の心を射抜くって事なんだと思います。「自分はこれが好き」「俺はこれをこんな風に使っているんだぜ」そんな仲間内の会話のような者なのかもしれません。自分の好きなものを表現するっていうのは。

 

 

人に伝えるには、つまり発信するには、文章かトークか、ということになります。文章にしろトークにしろ、好きな事をいかに伝えるか、を考えなければなりません。自分の中にモヤモヤとした塊、「これが好き」っていう概念があったとしても、そのままでは相手に伝わらないし、発信できません。

 

 

今のところ、相手に伝える手段は、大まかに分けて文章で書くか、口で話すか、です。だから、どうにかして具体化しなければならないんです。頭の中にモヤモヤとした抽象的なものがあるのは分かるんですけど、発信するために、文章orトークという枠にはめなければならないんです。具体化ですよね。

 

 

でその中で、いかに自分がこれに熱狂しているか、っていうのが伝わるのが、今必要とされている技術だというのです。おそらくそれっていうのは、今まで一般的に必要とされてきた表現方法ではないのかもしれません。

 

 

容姿や、論理力、正確な日本語。それとか心地いい話の仕方。そんなものは必要ないのかもしれません。もちろん、あった方がいいんでしょうけれど、絶対的に必要なものではありません。容姿がダサくても、論理性がすっ飛んだ話でも、「日本語か?」と言いたい日本語でも、滑舌の悪い話し方でも、それでもそこに狂があるのなら、伝わる人には伝わるのでしょう。

 

 

そして、伝わる人には伝わるっていうのが、この現代で求められているものなんだと思います。いかに好きか、いかに狂を込められるか、いかに没頭しているか、それを表現する力が求めらるものです。それっていうのは、論理的な話よりもよっぽど相手の心を射抜くんでしょう。その相手っていうのはもちろん、同じような好きの対象を持っている一部の人です。その他の多くの人には「何言ってんの?」ってなるのかもしれませんね。

 

 

だから、好きなものに向き合う事。狂を込められるものを深掘りする事。没頭の対象に対してとことん没頭する事。そんなことが必要な世の中なんだと思います。

 


 

「素直さ」を考えるセミナーを定期的に開催しています。スケジュール・詳細はこちらをご覧ください。

 

自己中が思いやりに、
生真面目が寛容に、
怒りっぽさが優しさに、
そして非行が素直に変わります。

 

心よりお待ちしております。

お手数ですが、下記ご記入の上送信してください。
折り返しご連絡を差し上げます。

お名前 *
メールアドレス *
メールアドレス
(確認用)*
お電話番号 *
ご参加希望日*

※お申込み時に「受信拒否設定」などがあると当方からメールが届かない場合があります。また「迷惑メールフォルダ」に入ってしまい、返信に気が付かない場合がありますので必ずご確認をお願いいたします。

ご意見・ご質問・ご要望などあればご自由にご記入ください(任意)


 

30分の無料相談を承っています。子ども、非行、犯罪、警察対応、などのキーワードで気になりましたらご利用ください。基本はウェブ会議アプリを使ってのオンラインですが、電話や面談も対応できます。

 

モヤモヤ状態のあなたが、イキイキとする無料相談です。次の一歩を踏み出すために、お気軽にお問い合わせください。

 

下記お問い合わせフォームで「相談希望」である旨をお知らせ下さい。

お名前 *
メールアドレス *
電話番号
お問い合わせ内容*


 

プレゼントの無料小冊子を更新しました。「子どもの非行を防ぐための素直な頭のつくり方」です。

 

非行に走る子どもは自己中が多いです。頭が固く、自分の価値観に固執しています。周りの人間の価値観や考えを受け入れられず、自分を通そうとします。自分以外の価値観や考えがあること自体が、見えていないのです。自分が正しくて、自分以外の考えは間違いだという先入観から抜けられない状態です。

 

子どもは周りから吸収する度合いが強いので、子どもの成長は周りの大人次第の側面があります。「周りの大人が自己中から脱し、素直な頭を持つ事で、接する子どもにも好影響を与えよう」というのが、この小冊子の狙いになります。

 

頭の柔軟性があり、状況や相手に応じて変化できる事。自分だけでなく、相手の考えも認める事ができる事。一つ上から全体を俯瞰できる事。そんな「素直な頭」をつくるための気づきを、この小冊子から得ていただければと思います。

お名前 *
メールアドレス *

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 好きを表現する力〜働き方1.9

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@konokoe.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP