路上のケンカでは、柔道の「投げ」が有効なわけ

2020.01.01 (水)

柔道の「投げ」について話そう。路上で「柔道の『投げ』が、いかに有効か」ということである。

 

 

テレビやインターネットでは総合格闘技が放送されている。あるいは、総合格闘技や格闘技に興味のある人なら、実際に試合を見に行ったことがあるんだと思う。あるいは、男であれば「闘い」に興味のないものはいないと思うので、実際に何かしらの格闘技を習っている人もいるかも知れない。

 

 

総合格闘技では、柔道の投げは軽視されている。少なくとも、それほど大きなウェートはしめていない。柔道の投げ、相手をこかす技術、レスリングのタックル。これらは、立ち技や寝技に比べて重要視されていないのではないか。試合を見ていて、投げは立ち技と寝技を繋ぐ間(ま)のようなものでしかない。総合格闘技のジムに通っても、本業としている人は別として、練習している人にとっては、あまり眼中に入らないのではないだろうか。総合格闘技のメインは立ち技、あるいは寝技であって、その他のものは、添付書類のような「ついてまわるもの」というイメージでしかない。言ってしまえば、「立ち技か寝技さえやっておけば、その他のものはどうでもいい」みたいな。

 

 

けど、改めて考えてほしい。どうして総合格闘技に、3つのフェーズがあるのかを。どうして総合格闘技の要素が3つに分けられるのかを。どうして総合格闘技の流れが、立ち技→「投げ」→寝技なのかを。

 

 

この「投げ」が重要なのである。多くの人が思っている以上に、この「投げ」というのは闘争において、大きなウェートをしめるのだ。大きなウェートをしめるのは、リングやマットの上、というよりも、路上での方が多い。僕も総合格闘技はかじったことがある程度でしかないのだけど、総合格闘技で「投げ」がどちらかというと脇役になるのに対して、路上では「投げ」というのはメインになることが多い。すなわち、「投げ」は大手になるのだ。相手をこかしたら終わり。地面に倒したら「詰み」である。ケンカは終了。投げたら「勝ったど〜!」なのだ。

 

 

どうして路上では、投げが大手になるのか。それは、人間に感情があるからだ。これは、リングやマットの上っていう「用意された場所」と、路上っていう「日常の中で突然やってくる場所」の違いでもある。リングやマットの上だと、それは特別な場所になる。精神的にも、日常とは全く別の扱いになる。野球の試合をするのに、ユニフォームを着るのが恥ずかしいとか、バットを振るのが恥ずかしいなんてことはないだろう。それは、「野球とはそういうものだからだ」と、野球用の頭になっているからだ。

 

 

けれど、路上のケンカではそうでもない。路上のケンカとは、日常の延長なのだ。日常的に拒まれること、恥ずかしいことは、できれば避けたいのが人間の感情なのだ。路上のケンカでは、寝技は敬遠されるのだ。考えてもみてほしい。ギャラリーがたくさんいて、自転車や通行人が行き来するなかで、たとえ寝技の経験があろうとも、ポジションの取り合いや、技の掛け合いなんて、やっていられるだろうか。恥ずかしくてできないだろう。仕事に行くのに、皆んながスーツを来てる中で一人だけ野球のユニフォームを着ているようなものだ。ビジネスバッグを持つ人の中で、一人だけ野球のバットを持っているようなものだ。恥ずかしくてできないだろう。日常の中での殴り合いでも十分に恥ずかしいのだが、寝技はもっと恥ずかしい。できればやりたくない。敬遠したいのが、寝技なのだ。ゆえに、「立ち技→投げ」の後に「→寝技」は、路上では滅多にない。投げられたら終わり。こかされたら、そこで「詰み」なのだ。

 

 

格闘技漫画「グラップラー刃牙」では、範馬勇次郎が「どうやって勝敗が決まるのか」について、確か「決着が着いた時の目線の高さ」と言っていた時があったが、範馬勇次郎のこのセリフは正しい。僕も賛成だ。路上では転がされると、地面にはいつくばされると、「負けた」という気持ちがこみ上げてくる。客観的に不利な状況に見えるから、転がされているのを回避したいのだろう。これが総合格闘技の試合であれば、「まだまだ決着はついていない」と思えるし、事実、そこは通過点に過ぎない。そこから寝技に突入するか、立って仕切り直しになる。けれど、路上では「『投げ』が通過点でしか無い」という前提がない。地面に転がされていたら、傍目には「負け」なのであって、「傍目に『負け』」「客観的に見て『負け』」というのが、路上のケンカで一番避けたいことなのだ。故に「投げ」は王手になる。投げられたら終わり。こかされたら、「詰み」だ。

 

 

僕は警察官をしていたから、路上での大立ち回りをしたことが何回かある。寝技どころか、殴り合いですら、敬遠される。殴り合いをしたらお終い。相手に打撃を加えることは、あからさまに暴行なので、犯罪になってしまう。傍目にも、殴ったり蹴ったりしたら「暴力をふるっている」「悪いことをしている」ことが明らかだろう。その点、「投げ」というのは、打撃に比べてどこか平和的、温和な雰囲気がある。あからさまに打撃を加えるのに比べて、「暴行をしている感」は緩和される。だから、感情のある人間が、感情が大きなウェートしめる路上のケンカの中に身を投じられた場合、「投げ」は総合格闘技以上に重要なのだ。

 

 

寝技をするには、ギャラリーが見ているので恥ずかしい。打撃を加えるのは「悪いことをしている」ようではばかられる。だから、投げが有効になるのだ。やっていて恥ずかしくなく、「罪を犯している」感もそれほどない、投げ。この有効性は、用意されたステージである試合と、日常の中に急に飛び込んで来る路上との違いが生むものでもある。

 

 

人間には感情があるので、路上のケンカでは、柔道の「投げ」がとりわけ有効なのである。

 

 

 

 

 

 


 

 

 

イライラは良くないし、できればイライラしないで生活したい。感情的になりがちな性格をコントロールして、楽しく笑いながら生活するためのヒントを載せた本です。

 

電子書籍でも買えますし、紙の本(プリント・オン・デマンド)も選べます。

 

タイトルは、「人に優しくなれる発想法」。想定されると読者は、主に子ども相手にイライラしてしまうお父さんお母さんですが、仕事やプライベートでのイライラする人間関係が気になっている方にも読んで欲しい内容となっています。

 

「人に優しくなれる発想法」購入ページへ

 


 

 

「素直さ」を考えるセミナーを定期的に開催しています。スケジュール・詳細はこちらをご覧ください。

 

自己中が思いやりに、
生真面目が寛容に、
怒りっぽさが優しさに、
そして非行が素直に変わります。

 

心よりお待ちしております。

お手数ですが、下記ご記入の上送信してください。
折り返しご連絡を差し上げます。

お名前 *
メールアドレス *
メールアドレス
(確認用)*
お電話番号 *
ご参加希望日*

※お申込み時に「受信拒否設定」などがあると当方からメールが届かない場合があります。また「迷惑メールフォルダ」に入ってしまい、返信に気が付かない場合がありますので必ずご確認をお願いいたします。

ご意見・ご質問・ご要望などあればご自由にご記入ください(任意)


 

 

30分の無料相談を承っています。子ども、非行、犯罪、警察対応、などのキーワードで気になりましたらご利用ください。基本はウェブ会議アプリを使ってのオンラインですが、電話や面談も対応できます。

 

モヤモヤ状態のあなたが、イキイキとする無料相談です。次の一歩を踏み出すために、お気軽にお問い合わせください。

 

下記お問い合わせフォームで「相談希望」である旨をお知らせ下さい。

お名前 *
メールアドレス *
電話番号
お問い合わせ内容*

 


 

 

ようやくできました。「妄想スナイパー理論」です。タイトルは「インパクトがある方が人目につくかな」と思って、こんなタイトルにしていますが、中身は「犯罪と非行をなくして、思いやりを育む方法」になります。

 

思いやりってけっこう、掴みどころのないものだと思うんですよ。昔から「思いやりを持ちなさい」とか「思いやりが大事です」なんて周りから言われることは多いと思いますが、「それって何なの?」と聞かれた場合や、「それってどういうこと?」と深く知ろうとした場合、それと「どうやって持つことができるの?」となった場合に、うまく答えられないと思うんです。

 

そこで、一つの具体案として、「スナイパーのようなものだと」というのを示したいと思います。スナイパーとは、遠くから銃で相手を狙う、狙撃です。思いやりとは、スナイパーのようなものなのです。もちろん、思いやりっていうのは頭の中のことなので、実際に銃なり狙撃なりはしませんが、遠くから狙うすスナイパーと思いやりっていうのは、似ています。

 

スナイパーと思いやりはどうして似ているのか。スナイパーと思いやりの間の共通点とは何なのか。スナイパーと思いやが似ているのだとしたら、思いやりを育むにはどうすればいいのか。そんなことを、この小冊子には載せてみました。35,222文字です。目次はこちらで公開しています。

 

下のフォームにてお名前とメールアドレスを入力のうえ、無料でダウンロードできますので、ぜひ読んで頂ければと思います。

 

お名前 *
メールアドレス *

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 路上のケンカでは、柔道の「投げ」が有効なわけ

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@konokoe.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP