易しいけれど頼りない〜世界一やさしい問題解決の授業

2019.04.07 (日)

 

アマゾンで本を買おうと思って色々な本の書評を読んでいた際に、ロジカルシンキング系の本としては「子ども向けでやさしい」「基本を押さえている」とのことでこの本が紹介されていたので購入。

 

 

これを読んで思うのは、子ども向けに質を落とすことと、実用性の両方が難しいということだろう。この本では問題解決をするキャラクターのきのこちゃんやナスビくんが出てくるが、この例えではどこか頼りない。私も中学生の頃に本や教科書を読んでいた際、うすうす感じていたことである。「どうも頼りない」と。あの時は中学生だったから、うまく理解することができなかった。

 

「書かれている内容はあくまで子ども用、中学生用に内容を簡略化したものであり、このまま現実に当てはめるのは難しい。もっと応用させたり発展させたりして、初めて現実に使える武器になる。けれど、基本は押さえてある。基本は押さえているので『頼りない』と避けたりせず、ぜひ身につけてほしい」

 

 

こんなことを言ってくれていたら、おそらくあの時も本や教科書に対して違った態度をとっていたことだろう。結局、私はそんなどこか「頼りない」雰囲気のする本や教科書を見て、本や教科書全体に対するイメージを「頼りない」としてしまった。

 

 

なるほど、この本を読んでどうも「過去のことがよみがえる」と感じていたのは、子どもの時に読んだ本や教科書の頼りなさがよみがえって来るからなのか。当時、私が読んでいた本や教科書が「あくまで子ども用」と分かっていたら、本に対する信頼度も違っていただろうに。そう考えると、子どもの頃に読むよんとか教科書というのは、その後の本や教科書にイメージ全体に波及する。

 

 

海外旅行のようなものだろう。初めて海外に行くと、過ごしたごく一地域のイメージが、その国全体のイメージになってしまう。アメリカのカリフォルニアの、さらには滞在したホテルを中心にした半径何百メートルかの範囲に、その滞在中というごくわずかの期間に起こったことが、アメリカという国全体の、過去から現在までのイメージになってしまう。

 

 

滞在中にたまたま寒かったとしたら「アメリカは寒い国だった」などというイメージになるし。滞在したホテルで親切な人に会ったら「アメリカは親切な国だ」というイメージになるだろう。

 

 

子どもの時に本を読むとはそんなものなのだ。あくまで子ども向けに作られた本である。何かを得るにはあまりにもごく一部すぎる。全体を本にまとめたのでは、あまりにもレベルが高くなってしまう。だから易しくした内容が、乗っている。旅行で行った海外のようなもので、その国のごく一部であって決して全体ではない。けれどそれがイメージとして定着してしまう。

 

子どもがこの本を読んで、「ロジカルシンキングってこんなものなの?」「本ってこんなものなの?」「どっちもどこか頼りない」というイメージを持つのではないかと若干、心配になる。

 


 

「素直さ」を考えるセミナーを定期的に開催しています。スケジュール・詳細はこちらをご覧ください。

 

自己中が思いやりに、
生真面目が寛容に、
怒りっぽさが優しさに、
そして非行が素直に変わります。

 

心よりお待ちしております。

お手数ですが、下記ご記入の上送信してください。
折り返しご連絡を差し上げます。

お名前 *
メールアドレス *
メールアドレス
(確認用)*
お電話番号 *
ご参加希望日*

※お申込み時に「受信拒否設定」などがあると当方からメールが届かない場合があります。また「迷惑メールフォルダ」に入ってしまい、返信に気が付かない場合がありますので必ずご確認をお願いいたします。

ご意見・ご質問・ご要望などあればご自由にご記入ください(任意)


 

30分の無料相談を承っています。子ども、非行、犯罪、警察対応、などのキーワードで気になりましたらご利用ください。基本はウェブ会議アプリを使ってのオンラインですが、電話や面談も対応できます。

 

モヤモヤ状態のあなたが、イキイキとする無料相談です。次の一歩を踏み出すために、お気軽にお問い合わせください。

 

下記お問い合わせフォームで「相談希望」である旨をお知らせ下さい。

お名前 *
メールアドレス *
電話番号
お問い合わせ内容*


 

プレゼントの無料小冊子を更新しました。「子どもの非行を防ぐための素直な頭のつくり方」です。

 

非行に走る子どもは自己中が多いです。頭が固く、自分の価値観に固執しています。周りの人間の価値観や考えを受け入れられず、自分を通そうとします。自分以外の価値観や考えがあること自体が、見えていないのです。自分が正しくて、自分以外の考えは間違いだという先入観から抜けられない状態です。

 

子どもは周りから吸収する度合いが強いので、子どもの成長は周りの大人次第の側面があります。「周りの大人が自己中から脱し、素直な頭を持つ事で、接する子どもにも好影響を与えよう」というのが、この小冊子の狙いになります。

 

頭の柔軟性があり、状況や相手に応じて変化できる事。自分だけでなく、相手の考えも認める事ができる事。一つ上から全体を俯瞰できる事。そんな「素直な頭」をつくるための気づきを、この小冊子から得ていただければと思います。

お名前 *
メールアドレス *

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 易しいけれど頼りない〜世界一やさしい問題解決の授業

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@konokoe.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP