美味しいものを食べたくなる〜なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

2019.04.01 (月)

 

積極的に食べ歩こう。もっと美味しいレストランにお金を使おう。この本を読んで、レストランに興味が湧いた。これまでよりも積極的にレストランに通おう。刺さったのは、「僕はあと何回、生きている間に美味しい料理を食べられるだろう」と言う記述。確かに、いつ死ぬかもしれない。明日死ぬかもしれない。なんて考えると、生きている間の楽しみも期限があるように思えてしまう。実際に、期限があるのだろう。生きている間に食べられる美味しい料理が無限であるはずがない。

 

 

行ってみたいレストランは、著者が言っているように驚きをくれるようなレストランだろう。確かに私は想像できる味を提供してくれるレストランを今まで選んでいたのかもしれない。あの時食べた味とおんなじ味。あの時食べた料理が食べたい。そんな、昔と同じ味を求めるしかしていなくて、いい意味で裏切ってくれることを基準でレストランを選んだことがなかった。

 

 

これは一種の思考停止だったのかもしれない。いつも同じ料理、いつも同じ味、いつも同じレストラン。これではいつまでたっても世界が広がらない。視野が広くならない。世間が広がらない。「変化を」なんて私はいつも言っているのだが、レストラン、味、料理、に関しては盲目であった。

 

 

いつも同じ環境にとどまっているものと、積極的に環境を変えているものでは、得られるものが違うだろう。確かに得られるものは、大きいものの時もあるが、小さい時のものもある。いつも大きいものが得られるものではない。けれど、それを何ヶ月、何年と続けていくと、結果は言うまでもない。どこかのメジャーリーガーが、「遠くへ行く方法は、目の前の小さなものの積み重ねでしかない」なんて言っていたけれど、食に関してもそうなのだろう。

 

 

いつまでも自分の狭い頭の中で記憶している味や料理を繰り返すのではなく、いい意味で自分を裏切ってくれる料理を探すようにしよう。そうすれば、楽しさも増えるし、料理や味の幅も広がるのではないだろうか。普段でも、旅行に行った際も、仕事で遠くに行った際も、馴染みのある味を求めてレストランに入るのではなく、驚きを求めるのだ。料理や味に関しても、世間を広げよう。「ええ、こんな味があるのか」「ええ、こんな料理があるのか」「ええ、こんな組み合わせがあるのか」「ええ、こんなレストランがあるのか」なんていう体験ができれば、残りの人生も今まで以上に潤うのではないだろうか。

 

道の領域へ打って出よう。これは仕事や趣味だけでなく、レストランでも、である。ちなみに、ドタキャンやSNSだけは、注意してマナーを忘れずに。

 


 

「素直さ」を考えるセミナーを定期的に開催しています。スケジュール・詳細はこちらをご覧ください。

 

自己中が思いやりに、
生真面目が寛容に、
怒りっぽさが優しさに、
そして非行が素直に変わります。

 

心よりお待ちしております。

お手数ですが、下記ご記入の上送信してください。
折り返しご連絡を差し上げます。

お名前 *
メールアドレス *
メールアドレス
(確認用)*
お電話番号 *
ご参加希望日*

※お申込み時に「受信拒否設定」などがあると当方からメールが届かない場合があります。また「迷惑メールフォルダ」に入ってしまい、返信に気が付かない場合がありますので必ずご確認をお願いいたします。

ご意見・ご質問・ご要望などあればご自由にご記入ください(任意)


 

30分の無料相談を承っています。子ども、非行、犯罪、警察対応、などのキーワードで気になりましたらご利用ください。基本はウェブ会議アプリを使ってのオンラインですが、電話や面談も対応できます。

 

モヤモヤ状態のあなたが、イキイキとする無料相談です。次の一歩を踏み出すために、お気軽にお問い合わせください。

 

下記お問い合わせフォームで「相談希望」である旨をお知らせ下さい。

お名前 *
メールアドレス *
電話番号
お問い合わせ内容*


 

プレゼントの無料小冊子を更新しました。「子どもの非行を防ぐための素直な頭のつくり方」です。

 

非行に走る子どもは自己中が多いです。頭が固く、自分の価値観に固執しています。周りの人間の価値観や考えを受け入れられず、自分を通そうとします。自分以外の価値観や考えがあること自体が、見えていないのです。自分が正しくて、自分以外の考えは間違いだという先入観から抜けられない状態です。

 

子どもは周りから吸収する度合いが強いので、子どもの成長は周りの大人次第の側面があります。「周りの大人が自己中から脱し、素直な頭を持つ事で、接する子どもにも好影響を与えよう」というのが、この小冊子の狙いになります。

 

頭の柔軟性があり、状況や相手に応じて変化できる事。自分だけでなく、相手の考えも認める事ができる事。一つ上から全体を俯瞰できる事。そんな「素直な頭」をつくるための気づきを、この小冊子から得ていただければと思います。

お名前 *
メールアドレス *

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 美味しいものを食べたくなる〜なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@konokoe.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP