体に自信をつける本〜筋トレとランニングが人生のパフォーマンスを最強にするトレーニング

2019.06.14 (金)

 

『「女の子にモテたい」とか、不純な気持ちでもいいから筋トレを始めてみよう。体が格好良くなって自分に自信がつくし、そうすると前向きになって人生のパフォーマンスが上がるのでオススメですよ』という本になります。終始軽いノリの文章になっており、筋トレ=ハードトレーニングのような想像を払拭して、読者を筋トレへと誘う仕掛けになっているのだと思います。

 

 

目標がある人っているでしょうか。最近では「自分がやりたいことがわからない」なんて声も若者を中心に聞かれるので、もしかしたら目標を持っていない人もいるかもしれません。逆に、大きな目標を持ってそれに向かってまっしぐらに邁進中、という人もいるかもしれません。

 

 

「夢は大きく」なんて言いますが、実際に大きな夢を持ってみると、押しつぶされそうになります。大きな夢と、今いる自分の位置があまりにも離れすぎていて。大きな夢に対して自分の位置がちっぽけ過ぎて。毎日毎日コツコツとやっていても、なかなか結果が表れない。今までやってきたことって、何か間違いだったんじゃないの?なんて思って、それまでの努力を無駄にして夢を諦めてしまう、なんてことあると思います。

 

 

大きな夢は持ったがいいが、その大きな夢に押しつぶされないために、夢を諦めないために、アドバイスを一つ。「無理かも」と思った時は、ハードルを下げることがオススメです。ハードルを下げて、とりあえずやり切ることを優先するのです。10のうち、ずっと10を続けていることが理想なのですが、現実的に「無理だ」と思う時もあるでしょう。そんな時は、辞めるのではなく、ハードルを下げるのです。完璧にこなそうとせず、7なり5に下げて、その上でやり切ることを目指すのです。

 

 

昔遊んだRPGでも、同じようなことをやっていたはずです。例えば「北の洞窟」に行ってボスを倒さなければならないとします。実際に来たの洞窟に行ったはいいけれど、敵が強過ぎてすぐに全滅してしまった。ダンジョンの半分も進めなかったとしたらどうするでしょう。

 

 

ゲームを諦めますか? そうではないですよね。レベル上げ、ですよね。まだそのダンジョンに挑むだけのレベルでないのであれば、フィールド上でのレベル上げが必要になるんです。北の洞窟に向かわず、日ひたすらに雑魚キャラを倒す日々をこなさなければならないんです。

 

 

日常でもこれと同じと言えます。ハードルを越えられそうになかったら、一旦ハードルを下げる。そうすると、モチベーションを失わずに完遂することができます。

 

 

筋トレも、続けることで威力をはっきりする分野です。ただ、その続けることが難しい。グラップラー刃牙のジャックなんかのようにオーバーワーク前提でやれることがどれだけ羨ましいことか。ジャックは手が耐えられなくなってバーベルを勝手に落として、ようやくトレーニングが終わるんです。1日に30時間という矛盾、です。

 

 

そこまででなくとも、毎日続けようとするのが普通でしょうが、それだと続かないことも多いと思います。そんな時は毎日でなく、「時々休んでもよし」としたり、「時間を短くする」としたり、とにかく「諦める」ではなく、「やり切る」ことを目指すのです。そうすれば形はどうであれ、続いていることに変わりはありません。

 

 

何事も続けることが大事なのであって、形は気にするところではありません。たとえ中身がどうであれ、どの中身がいいのかは、後になって見なければ分からないでしょう。格好悪くても、内容がなくても、合格ラインギリギリでも、とにかく続けることが大事であって、それで見えてくるものがあるはずです。続けるためのコツは、諦めそうになった時にハードルを下げることです。

 


 

「素直さ」を考えるセミナーを定期的に開催しています。スケジュール・詳細はこちらをご覧ください。

 

自己中が思いやりに、
生真面目が寛容に、
怒りっぽさが優しさに、
そして非行が素直に変わります。

 

心よりお待ちしております。

お手数ですが、下記ご記入の上送信してください。
折り返しご連絡を差し上げます。

お名前 *
メールアドレス *
メールアドレス
(確認用)*
お電話番号 *
ご参加希望日*

※お申込み時に「受信拒否設定」などがあると当方からメールが届かない場合があります。また「迷惑メールフォルダ」に入ってしまい、返信に気が付かない場合がありますので必ずご確認をお願いいたします。

ご意見・ご質問・ご要望などあればご自由にご記入ください(任意)


 

30分の無料相談を承っています。子ども、非行、犯罪、警察対応、などのキーワードで気になりましたらご利用ください。基本はウェブ会議アプリを使ってのオンラインですが、電話や面談も対応できます。

 

モヤモヤ状態のあなたが、イキイキとする無料相談です。次の一歩を踏み出すために、お気軽にお問い合わせください。

 

下記お問い合わせフォームで「相談希望」である旨をお知らせ下さい。

お名前 *
メールアドレス *
電話番号
お問い合わせ内容*


 

プレゼントの無料小冊子を更新しました。「子どもの非行を防ぐための素直な頭のつくり方」です。

 

非行に走る子どもは自己中が多いです。頭が固く、自分の価値観に固執しています。周りの人間の価値観や考えを受け入れられず、自分を通そうとします。自分以外の価値観や考えがあること自体が、見えていないのです。自分が正しくて、自分以外の考えは間違いだという先入観から抜けられない状態です。

 

子どもは周りから吸収する度合いが強いので、子どもの成長は周りの大人次第の側面があります。「周りの大人が自己中から脱し、素直な頭を持つ事で、接する子どもにも好影響を与えよう」というのが、この小冊子の狙いになります。

 

頭の柔軟性があり、状況や相手に応じて変化できる事。自分だけでなく、相手の考えも認める事ができる事。一つ上から全体を俯瞰できる事。そんな「素直な頭」をつくるための気づきを、この小冊子から得ていただければと思います。

お名前 *
メールアドレス *

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 体に自信をつける本〜筋トレとランニングが人生のパフォーマンスを最強にするトレーニング

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@konokoe.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP