なぜリカオンが好きなのか

2019.02.02 (土)

リカオンっていう、中型犬みたいな野生動物。なんともたまらない。犬やオオカミみたいに唸ったりしない。ユーチューブの動画を見る限り、常にキャンキャンって高い声で鳴いている感じ。なのにえぐい。

 

 

インパラやイボイノシシやバッファローを、生きたまま食い始めるんです。相手が子どもでも、相手が逃げていても、相手が必死で鳴いていても、関係ありません。集団でガツガツガツガツ。おそらく肉食動物っていうのは草食動物よりも頭が回るんでしょうね。個体では小さくてもチームプレーができている様ですね。

 

 

リカオンも、うまく獲物を集団で囲んでいます。四方八方からのヒットアンドアウェーで翻弄して、チャンスを見て後ろからガブリ。そのまま引きずり倒します。獲物の草食動物は、まだ立っている状態では踏ん張りが効いて、相手から逃げようとしているんですが、倒れてしまってはおしまいです。

 

 

リカオンが腹やお尻めがけて飛びついてきます。かわいい高い声でキャンキャンキャンキャン鳴きながら、白色の尻尾をフリフリしながら。皮膚を噛みちぎり、お腹の中に顔を突っ込んで、内臓を引っ張り出して。

 

 

リカオンは草食動物を襲って食べるんですけど、決して食物連鎖の頂点に立っているわけではありません。敵がいないわけではありません。弱さがある。弱さがあるから引かれるんですよね。これがただただ強い肉食動物だったら引かれません。何の興味もないでしょう。強いのに弱い。だから引かれるんです。

 

 

ネコ科のライオン、ヒョウ、チーターは、いずれもリカオンよりも体が大きい動物です。ネコってのはイヌよりも有利なのかもしれませんね。体格的に。イヌにとってネコってのは、越えられない壁なのかもしれません。

 

 

草食動物の中にも、いつか飛び抜けて頭のいい個体が出てくれば面白いんですけどね。バッファローなんか、体は大きいし角もあるし、あとは頭さえ回れば決してライオンにだって負けないはずなんですよね。ただ一匹。ただ一匹、脳みそがでかい個体が突然変異で現れれば、面白い野生の世界になるんでしょうけど。

 

 

そういえばリカオンって、子犬は可愛いんですよ。不思議ですよね。凶悪なリカオンでも、子犬はかわいい。人間のみならず、動物でも子どもって可愛らしいですよね。丸っこい顔ってのはかわいいんでしょうね。よちよち歩きだし。だけどライオンとかハイエナに狙われるんですけどね。

 

 

こちらにもリカオンの記事を書いてみたので、読んでいただければ嬉しいです。

 


 

「素直さ」を考えるセミナーを定期的に開催しています。スケジュール・詳細はこちらをご覧ください。

 

自己中が思いやりに、
生真面目が寛容に、
怒りっぽさが優しさに、
そして非行が素直に変わります。

 

心よりお待ちしております。

お手数ですが、下記ご記入の上送信してください。
折り返しご連絡を差し上げます。

お名前 *
メールアドレス *
メールアドレス
(確認用)*
お電話番号 *
ご参加希望日*

※お申込み時に「受信拒否設定」などがあると当方からメールが届かない場合があります。また「迷惑メールフォルダ」に入ってしまい、返信に気が付かない場合がありますので必ずご確認をお願いいたします。

ご意見・ご質問・ご要望などあればご自由にご記入ください(任意)


 

30分の無料相談を承っています。子ども、非行、犯罪、警察対応、などのキーワードで気になりましたらご利用ください。基本はウェブ会議アプリを使ってのオンラインですが、電話や面談も対応できます。

 

モヤモヤ状態のあなたが、イキイキとする無料相談です。次の一歩を踏み出すために、お気軽にお問い合わせください。

 

下記お問い合わせフォームで「相談希望」である旨をお知らせ下さい。

お名前 *
メールアドレス *
電話番号
お問い合わせ内容*


 

プレゼントの無料小冊子を更新しました。「子どもの非行を防ぐための素直な頭のつくり方」です。

 

非行に走る子どもは自己中が多いです。頭が固く、自分の価値観に固執しています。周りの人間の価値観や考えを受け入れられず、自分を通そうとします。自分以外の価値観や考えがあること自体が、見えていないのです。自分が正しくて、自分以外の考えは間違いだという先入観から抜けられない状態です。

 

子どもは周りから吸収する度合いが強いので、子どもの成長は周りの大人次第の側面があります。「周りの大人が自己中から脱し、素直な頭を持つ事で、接する子どもにも好影響を与えよう」というのが、この小冊子の狙いになります。

 

頭の柔軟性があり、状況や相手に応じて変化できる事。自分だけでなく、相手の考えも認める事ができる事。一つ上から全体を俯瞰できる事。そんな「素直な頭」をつくるための気づきを、この小冊子から得ていただければと思います。

お名前 *
メールアドレス *

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: なぜリカオンが好きなのか

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@konokoe.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP