プレゼンの練習をするならマイク付きワイヤレスイヤフォンを使うべき理由

2019.04.10 (水)

マイク付きのワイヤレスイヤフォンは、プレゼンの練習に最適である。私も最近、プレゼンをする時があったのだが、不安でしょうがなかった。何回も何回も練習した。小手先のプレゼンではダメだと思い、持っている能力を総動員させる勢いで練習した。で結果的にプレゼンは納得のいくものに終わったのだが、そこまで仕上げにしてくれたのが、マイク付きワイヤレスイヤフォンである。

 

 

なぜか。それはストレスレスな事に尽きる。コードがないイヤフォン。これは、イヤフォンにコードが付いていない事だけではない。この価値は計り知れない。イヤフォンが日常になるのである。イヤフォンを耳につけていることが苦でなくなる。

 

 

つけていることさえも忘れてしまうほどにストレスレス。カバンからイヤフォンを出す際に、絡まっているコードを解くと言う作業がないし、その分の時間が浮くし、「コードを解かなきゃなあ」って言う不安からも解放される。

 

 

マイク付きワイヤレスイヤフォンをつけてプレゼンすれば、話した言葉が直で録音される。しかも動き回ることができる。動き回ることへの制限がない。どこへ行っても、右へ行っても左へ行っても、あなたの声を直で拾ってくれる優れものである。

 

 

さらに動画と違って音声を再生するだけだど楽である。わざわざスマートフォンのディスプレイを目の前にかざす必要がないので、簡単に自分のプレゼンを聞いてチェックすることができる。もちろん、動きを重点的にチェックしたのであれば、動画を録音する方がいい。けれど、肝は内容であって、その内容とは音からの情報だ。目からの情報が7割とは言うが、目からの情報である「堂々としたプレゼン」に仕上げるには内容への自信が必要であって、内容への自信をつけるのは、耳へ届ける音声である。内容をしっかりしたものにすれば自信が付いて見た目に影響するだろう。

 

 

で、内容をしっかりしたものにするためのマイク付きワイヤレスイヤフォンなのである。これを耳につけて、プレゼンの練習をし、自分のプレゼンをチェックすること。ドゥーとチェックの繰り返し。このサイクルを簡単にストレスレスで実行できるのが、マイク付きワイヤレスイヤフォンなのである。

 

 

もし人前でしゃべる予定があって、その不安と戦っているのが尋常なのであれば、是非ともマイク付きワイヤレスイヤフォンを用意して、録音とチェックのサイクルを回すことをお勧めする。もちろん、わざわざ用意しなくても録音とチェックはできるが、それを回すにはストレスがないことが必要だ。ストレスをなくすにはマイク付きワイヤレスイヤフォンが必要だし、それがあって初めて、そのサイクルを回すことができるようになるだろう。

 


 

「素直さ」を考えるセミナーを定期的に開催しています。スケジュール・詳細はこちらをご覧ください。

 

自己中が思いやりに、
生真面目が寛容に、
怒りっぽさが優しさに、
そして非行が素直に変わります。

 

心よりお待ちしております。

お手数ですが、下記ご記入の上送信してください。
折り返しご連絡を差し上げます。

お名前 *
メールアドレス *
メールアドレス
(確認用)*
お電話番号 *
ご参加希望日*

※お申込み時に「受信拒否設定」などがあると当方からメールが届かない場合があります。また「迷惑メールフォルダ」に入ってしまい、返信に気が付かない場合がありますので必ずご確認をお願いいたします。

ご意見・ご質問・ご要望などあればご自由にご記入ください(任意)


 

30分の無料相談を承っています。子ども、非行、犯罪、警察対応、などのキーワードで気になりましたらご利用ください。基本はウェブ会議アプリを使ってのオンラインですが、電話や面談も対応できます。

 

モヤモヤ状態のあなたが、イキイキとする無料相談です。次の一歩を踏み出すために、お気軽にお問い合わせください。

 

下記お問い合わせフォームで「相談希望」である旨をお知らせ下さい。

お名前 *
メールアドレス *
電話番号
お問い合わせ内容*


 

プレゼントの無料小冊子を更新しました。「子どもの非行を防ぐための素直な頭のつくり方」です。

 

非行に走る子どもは自己中が多いです。頭が固く、自分の価値観に固執しています。周りの人間の価値観や考えを受け入れられず、自分を通そうとします。自分以外の価値観や考えがあること自体が、見えていないのです。自分が正しくて、自分以外の考えは間違いだという先入観から抜けられない状態です。

 

子どもは周りから吸収する度合いが強いので、子どもの成長は周りの大人次第の側面があります。「周りの大人が自己中から脱し、素直な頭を持つ事で、接する子どもにも好影響を与えよう」というのが、この小冊子の狙いになります。

 

頭の柔軟性があり、状況や相手に応じて変化できる事。自分だけでなく、相手の考えも認める事ができる事。一つ上から全体を俯瞰できる事。そんな「素直な頭」をつくるための気づきを、この小冊子から得ていただければと思います。

お名前 *
メールアドレス *

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: プレゼンの練習をするならマイク付きワイヤレスイヤフォンを使うべき理由

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@konokoe.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP