なぜ警察官採用のパンフレットに引かれるのか・その3

2019.01.17 (木)

「こんなはずじゃ無かった」って言う事を言いたくないのであれば、警察官採用のパンフレットを疑う事です。警察官採用のパンフレットに載っているのは、嘘ではないでしょう。あれも一つの見方です。「警察」とか「警察官」とか「警察組織」って言うものを表した、一方向からの見方を表したものであることに変わりはありません。

 

 

ですが、問題は具体的であるって事です。分かりやすい、現実感のある、人を引きつけやすい写真や文章や数字を、わざと使ってあるんです。誰もがイメージしやすい簡単な情報を載せて、採用者を募っているんです。

 

 

それを全てだとは考えない事です。採用パンフレットに記載されているものをそのまま自分の将来に当てはめると、「こんなはずじゃ無かった」っていうことになるんでしょう。

 

 

疑ってみることが必要です。その他にもあるんじゃないかって思うことです。具体的なものに引かれている自分を疑うこと「間違っているのは自分かもしれない」って考えることが、「想定外の領域がある」ってことを意識しておくことになります。

 

 

「井の中の蛙大海を知らず」なんて言葉もある様に、我々はなかなか想定外のところまで考えが及びません。そもそも考えが及ばないから「想定外」とも言われるわけで、その領域に何がどのくらいあるのか分かったら、それはすでに「想定内」と言われるものです。

 

 

後悔しないためには、採用された後で「こんなはずでは」なんて思わないためには、その第一歩としては、疑ってみることが必要なんです。採用人数とか、組織がどのくらいの規模であるとか、そんなものでのみ、将来を判断しては危険です。

 

 

分かりやすいものに本質は含まれていません。分かりにくいものにこそ本質が含まれているのであって、そここそが我々が目を向けるべきところです。

 

 

例えば、警察官をしていて身に付くスキルってなんなのか。警察をしていて「やめたい」と思う時ってどんな時なのか。警察官は自分の将来についてどう思っているのか。

 

 

そんな、パンフレットには載っていない情報にこそ、本質に通じるものが含まれているんです。まあでも、をの答えを見つけるのも難しいんですけどね。現役の警察官に直接に聞いたところで、真面目に答えてはくれないだろうし。答えたとしても、本当のことを言っているなんてありえないだろうし。そもそもそんなモヤモヤした抽象的なことについて考える習慣があるのかどうか怪しいし。

 

 

・・とまあ、「分かりにくいものに目を向けよう」と言うことです。そうすれば、具体的な分かりやすいものにとらわれる事もなく、視野が広がるだろうってことです。

その1へ)・(その2へ

 


 

「素直さ」を考えるセミナーを定期的に開催しています。スケジュール・詳細はこちらをご覧ください。

 

自己中が思いやりに、
生真面目が寛容に、
怒りっぽさが優しさに、
そして非行が素直に変わります。

 

心よりお待ちしております。

お手数ですが、下記ご記入の上送信してください。
折り返しご連絡を差し上げます。

お名前 *
メールアドレス *
メールアドレス
(確認用)*
お電話番号 *
ご参加希望日*

※お申込み時に「受信拒否設定」などがあると当方からメールが届かない場合があります。また「迷惑メールフォルダ」に入ってしまい、返信に気が付かない場合がありますので必ずご確認をお願いいたします。

ご意見・ご質問・ご要望などあればご自由にご記入ください(任意)


 

30分の無料相談を承っています。子ども、非行、犯罪、警察対応、などのキーワードで気になりましたらご利用ください。基本はウェブ会議アプリを使ってのオンラインですが、電話や面談も対応できます。

 

モヤモヤ状態のあなたが、イキイキとする無料相談です。次の一歩を踏み出すために、お気軽にお問い合わせください。

 

下記お問い合わせフォームで「相談希望」である旨をお知らせ下さい。

お名前 *
メールアドレス *
電話番号
お問い合わせ内容*


 

プレゼントの無料小冊子を更新しました。「子どもの非行を防ぐための素直な頭のつくり方」です。

 

非行に走る子どもは自己中が多いです。頭が固く、自分の価値観に固執しています。周りの人間の価値観や考えを受け入れられず、自分を通そうとします。自分以外の価値観や考えがあること自体が、見えていないのです。自分が正しくて、自分以外の考えは間違いだという先入観から抜けられない状態です。

 

子どもは周りから吸収する度合いが強いので、子どもの成長は周りの大人次第の側面があります。「周りの大人が自己中から脱し、素直な頭を持つ事で、接する子どもにも好影響を与えよう」というのが、この小冊子の狙いになります。

 

頭の柔軟性があり、状況や相手に応じて変化できる事。自分だけでなく、相手の考えも認める事ができる事。一つ上から全体を俯瞰できる事。そんな「素直な頭」をつくるための気づきを、この小冊子から得ていただければと思います。

お名前 *
メールアドレス *

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: なぜ警察官採用のパンフレットに引かれるのか・その3

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@konokoe.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP