イライラをなくし、優しさを育むための理論(その3)

2019.09.17 (火)

自分が見えている世界は部分であるにも関わらず、それが全体像だと思ってしまっている。しかも、そのことに気づいていない。これが、私が交通事故処理をする中ではじき出した、世のケンカやトラブルに共通する原因ではないかと思う。もっと一般的な言い方をすれば、自己中である(ことに気づいていない)ことが、イライラの原因なのである。

 

 

となれば、イライラをなくすには、主観から離れることが必要である。主観から離れて、客観の視点を持つことだ。分かりやすい、引力が強くてとらわれやすい自分視点から脱して、相手視点を持つことがイライラをなくしてケンカやトラブルを回避するには必要なのだ。そのためにはどうすれば良いのか。一歩引いた姿勢が必要なのである。

 

 

交通事故を扱う警察官の視点である。お互いの車の動きで「あの時にお前はこんな動きをしていた」「いいや、お前の方こそ、このくらい前に出ていた」などと言い合っている当事者に対し、「そんなのどっちも同じだよ」という冷めた、一歩引いた視点である。

 

 

自分の主観ではなくて、もっと高いところからの視界を意識すること。自分から離れて、幽体離脱して、空から物事を眺めるような感じ。そんな視点で自分と相手を見る必要があるのだ。そうするとどう見えるか。一歩引いて状況を眺めると、どんな光景が広がっているのか。「どっちも同じ」と思える光景が広がっているのだ。さっきまで言い合っている自分と相手が、どんぐりの背比べをしているように思えるのである。細かい差を気にして、どんぐりたちが「オレの方が背が高い」「いいや、オレの方が高い」と言い合っていたって、人間からすればどちらも同じ。言い合っていることが滑稽に思えてくるだろう。第三者的に見ると、どっちも同じに見えて、争うことがバカらしく思えるのである。一歩引くと、冷めてしまって攻撃の牙を抜かれてしまうのだ。

 

 

昔、聖闘士星矢というマンガがあった。私が子どものころによく見ていたマンガだ。その聖闘士星矢の中で、ブッダの手の平、という表現が出てくる。聖闘士星矢とは、週刊少年ジャンプに連載されていた、バトルものの漫画である。体内にある小宇宙(コスモ)と呼ばれるエネルギーを燃焼させて、素手で戦うのだ。

 

 

星矢たちが、強大な敵に対して戦いを挑んでいる。あの手この手、いろいろな手を使って相手を追い詰めようとしている。だが相手とって、星矢たちの攻撃は屁でもない。星矢たちは攻撃している。攻撃して、攻撃して、攻撃して、持っているものすべてを出し切って攻撃して。「ここまで攻撃すれば、さすがに相手も倒れるんじゃないか」というところまで攻撃したところで、突然、場面が変わるのだ。星矢たちのバック(背景)にはブッダの石像が現れて、星矢たちは、そのブッダの手の平の上に乗っている。

 

 

星矢たちが散々、敵に対して攻撃したところで、その強大な敵にとっては、手の平の上で暴れていたに過ぎないことだったのだ。これは確か、西遊記に出てきた話だっただろう。己の力を見せつけたい孫悟空が、筋斗雲に乗って宇宙の彼方まですっ飛んで行って、そこにあった棒に名前を書いてきたと。が、孫悟空が自分の名前を書いた棒は、実は仏様の指だったのだ。孫悟空は、筋斗雲に乗って宇宙の彼方まですっ飛んで行ったつもりだったが、。そんなものは仏様にとっては、手の平の上の出来事だったのだ。

 

 

しきりに攻撃する星矢たちを見る強大な敵のように、筋斗雲に乗って宇宙の彼方まですっ飛んで行ったと思った孫悟空を見る仏様のように。上から見る、一歩引いて見るということは、深さを持っていなければできないことだ。得意になって暴れているものを第三者的に見ると、その暴れている様子は実にくだらないことなのだ。一緒になって暴れようとは思わなくなるだろう。

 

 

例えば、映画館に行ったとしよう。映画館に行って、これまで見たいと思ってもなかなか見にこられなかった映画をようやく見ることができた。チケットを買って、中に入って、席に座って、「さあ見よう」とした瞬間、前の人の頭がきになる。前の席に座っている人の背が大きいのだ。しかも、その人は隣に座っている人間と話をしていて、ゆらゆらと頭が揺れている。こんなに揺れては落ち着いて映画を見ることができない。「さて、注意しようかな。どうしようかな」と思っていたら、「おい、そんなに頭を揺らすなよ」と自分が注意されてしまった。似たような経験がある人は多いのではないか。誰かに牙を向こうとしていたら、自分が注意されてしまったのだ。

 

 

このような状況は、自分が自己中であることに気づいていないことから発生する。主観から抜けられていないのだ。自分という人間を客観視できていない。自分を含めた周囲の状況を、一歩引いた位置から見ることができていない。だから、「他人を注意しようと思っていた自分が注意された」ような状況になるのである。

その1へ)

その2へ)

その4へ)

その5へ)

 


 

「素直さ」を考えるセミナーを定期的に開催しています。スケジュール・詳細はこちらをご覧ください。

 

自己中が思いやりに、
生真面目が寛容に、
怒りっぽさが優しさに、
そして非行が素直に変わります。

 

心よりお待ちしております。

お手数ですが、下記ご記入の上送信してください。
折り返しご連絡を差し上げます。

お名前 *
メールアドレス *
メールアドレス
(確認用)*
お電話番号 *
ご参加希望日*

※お申込み時に「受信拒否設定」などがあると当方からメールが届かない場合があります。また「迷惑メールフォルダ」に入ってしまい、返信に気が付かない場合がありますので必ずご確認をお願いいたします。

ご意見・ご質問・ご要望などあればご自由にご記入ください(任意)


 

30分の無料相談を承っています。子ども、非行、犯罪、警察対応、などのキーワードで気になりましたらご利用ください。基本はウェブ会議アプリを使ってのオンラインですが、電話や面談も対応できます。

 

モヤモヤ状態のあなたが、イキイキとする無料相談です。次の一歩を踏み出すために、お気軽にお問い合わせください。

 

下記お問い合わせフォームで「相談希望」である旨をお知らせ下さい。

お名前 *
メールアドレス *
電話番号
お問い合わせ内容*


 

プレゼントの無料小冊子を更新しました。「子どもの非行を防ぐための素直な頭のつくり方」です。

 

非行に走る子どもは自己中が多いです。頭が固く、自分の価値観に固執しています。周りの人間の価値観や考えを受け入れられず、自分を通そうとします。自分以外の価値観や考えがあること自体が、見えていないのです。自分が正しくて、自分以外の考えは間違いだという先入観から抜けられない状態です。

 

子どもは周りから吸収する度合いが強いので、子どもの成長は周りの大人次第の側面があります。「周りの大人が自己中から脱し、素直な頭を持つ事で、接する子どもにも好影響を与えよう」というのが、この小冊子の狙いになります。

 

頭の柔軟性があり、状況や相手に応じて変化できる事。自分だけでなく、相手の考えも認める事ができる事。一つ上から全体を俯瞰できる事。そんな「素直な頭」をつくるための気づきを、この小冊子から得ていただければと思います。

お名前 *
メールアドレス *

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: イライラをなくし、優しさを育むための理論(その3)

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@konokoe.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP