イライラをなくし、優しさを育むための理論(その1)

2019.09.15 (日)

私が「妄想スナイパー理論」と呼んでいる理論について説明しよう。妄想スナイパー理論とは、優しさを育むための理論である。小学生の頃、悪いことをした際に、先生に呼ばれて怒られた記憶はないだろうか。クラスメイトに対して意地悪したり、自分よりも低学年の児童に対してきつく当たったり、決められたことややらなければならないことをサボったり。そんなことをした際に、先生に呼ばれてこんなことを言われなかっただろうか。

 

 

「優しくしならなければいけません」

「思いやりを持ちなさい」

「相手の身になって考えられるようになりなさい」

 

 

妄想スナイパー理論とは、この「優しさ、思いやり、相手の身になって考える」などという曖昧で、けれど社会や人間関係においてなくてはならないものを、いかに育むか、という理論である。

 

 

理論というからには、再現性が高くなければならない。けれど安心してほしい。大して難しい話ではない。もしかすると、当たり前のことを当たり前に言っているだけかもしれない。誰にでもできるものなのだ。誰でもできるものなのだ。もしあなたが、自分のことを過小評価している人間でも大丈夫。妄想スナイパー理論は、できる人間のための理論ではない。例え自分のことを「できない」と思っている人間にでも実践可能な理論である。

 

 

2キロのランニングができなくても大丈夫。妄想スナイパー理論に体力は必要ない。私も、もう何年も走っていない。「走ると膝の裏が痛くなる」という言い訳を武器にして、走らない自分を正当化してきた。「もう少し仕事が落ち着いたらランニングでも始めようかな」と思ってもう、何年にもなる。

 

 

100円単位でランチを気にしているあなたでも大丈夫。妄想スナイパー理論にお金は必要ない。銀行に残高が残っていないくても、手持ちのお金がなくても、「今月は金欠だから」と考えている人でも再現できるのが、妄想スナイパー理論だ。そもそも私はミニマリストなので、値段が高いものを所有することに嫌悪感を感じる人間だ。お金がかからないものにこそ価値があり、そんなスタイルこそが格好いいと思っている。

 

 

スポーツクラブを一ヶ月で飽きてしまう人間でも大丈夫。妄想スナイパー理論は、怠け者の味方だ。そもそもスポーツクラブも、英会話も、何事も継続できるようなスーパーマンでなければ実践できないものは、人に伝えてもしょうがない。「何をやっても続かない。すぐに怠けてしまう。飽きてしまう」という人間でも手を出せる理論であって、そのくらい生活に浸透している。新しく何かを始める、という感覚ではない。いつも通り、日常の延長。そんな感じで結構だ。

 

 

「飲み会に顔を出すことができない」というあなたでも大丈夫。妄想スナイパー理論に人間関係の得手不得手は必要ない。私も人間関係は大の苦手だ。私は極端に一人の時間を大切にする人間だ。「一人の時間を大切にする」と言えば聞こえは良いが、要は人付き合いが苦手なだけ。飲み会にはできるだけ顔を出したくないし、人にどう思われているかを気にしてしまう。人目を気にするから、自分以外の人間と一緒にいることがストレスでしょうがない。

 

 

妄想スナイパー理論は、どんなにダメな人間に対しても再現性のある、超実践的理論なのだ。

 

 

妄想スナイパー理論は、イライラをなくして優しさを育む理論である。私は「優しさ」というのを、イライラの対極にあるものとして考えている。上と下、時間と空間、天国と地獄、その延長でのイライラと優しさである。「人に対してイライラする」の対極にある姿勢として、「人に対して優しくする」という位置付けだ。

 

 

なんども述べているように、妄想スナイパー理論は難しい理論ではない。当たり前のことを当たり前に言うだけだ。これから3つの視点で「イライラしないためにはどうすれば良いのか」を見ていくが、3つの視点それぞれに共通するのは「共通点を見つける」「似ている部分を見つける」ことだ。妄想スナイパー理論は、「相手にイライラしないで優しくなるために、相手と自分の共通点、あるいは似ている部分を見つけましょう」という理論なだ。

その2へ)

その3へ)

その4へ)

その5へ)

 


 

「素直さ」を考えるセミナーを定期的に開催しています。スケジュール・詳細はこちらをご覧ください。

 

自己中が思いやりに、
生真面目が寛容に、
怒りっぽさが優しさに、
そして非行が素直に変わります。

 

心よりお待ちしております。

お手数ですが、下記ご記入の上送信してください。
折り返しご連絡を差し上げます。

お名前 *
メールアドレス *
メールアドレス
(確認用)*
お電話番号 *
ご参加希望日*

※お申込み時に「受信拒否設定」などがあると当方からメールが届かない場合があります。また「迷惑メールフォルダ」に入ってしまい、返信に気が付かない場合がありますので必ずご確認をお願いいたします。

ご意見・ご質問・ご要望などあればご自由にご記入ください(任意)


 

30分の無料相談を承っています。子ども、非行、犯罪、警察対応、などのキーワードで気になりましたらご利用ください。基本はウェブ会議アプリを使ってのオンラインですが、電話や面談も対応できます。

 

モヤモヤ状態のあなたが、イキイキとする無料相談です。次の一歩を踏み出すために、お気軽にお問い合わせください。

 

下記お問い合わせフォームで「相談希望」である旨をお知らせ下さい。

お名前 *
メールアドレス *
電話番号
お問い合わせ内容*


 

プレゼントの無料小冊子を更新しました。「子どもの非行を防ぐための素直な頭のつくり方」です。

 

非行に走る子どもは自己中が多いです。頭が固く、自分の価値観に固執しています。周りの人間の価値観や考えを受け入れられず、自分を通そうとします。自分以外の価値観や考えがあること自体が、見えていないのです。自分が正しくて、自分以外の考えは間違いだという先入観から抜けられない状態です。

 

子どもは周りから吸収する度合いが強いので、子どもの成長は周りの大人次第の側面があります。「周りの大人が自己中から脱し、素直な頭を持つ事で、接する子どもにも好影響を与えよう」というのが、この小冊子の狙いになります。

 

頭の柔軟性があり、状況や相手に応じて変化できる事。自分だけでなく、相手の考えも認める事ができる事。一つ上から全体を俯瞰できる事。そんな「素直な頭」をつくるための気づきを、この小冊子から得ていただければと思います。

お名前 *
メールアドレス *

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: イライラをなくし、優しさを育むための理論(その1)

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@konokoe.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP