補導されない方法とは - 非行を防ぎ、素直な子どもへ

補導されない方法とは

2018.03.11 (日)

補導されない方法はあるのでしょうか。基本的には悪いことをしないことです。補導とは、未成年者に対する警察官による口頭注意です。非行にはならないまでも、このまま続ければ非行になりかねない行為・不良行為を警察官が認めた場合、補導がなされます。

 

 

ですので、不良行為をしないことが補導をされない方法になります。不良行為は、個々の警察官が勝手に決めているのではありません。不良行為は17個あり、少年警察活動規則によって決められているものです。

 

 

これらの不良行為は本来、非行(子どもの犯罪)には引っかからない、未成年者がしやすい悪さをうまくカバーしています。非行とはならない軽い悪さでも、不良行為になってしまうのです。ですので、悪さをしないことが、警察官から補導されない方法となります。

 

 

その上であえて補導されないコツを言うとすれば、タバコを持ち歩かないことと、夜に出歩かないことです。歩道の対象行為の1つである喫煙と深夜はいかいに気をつけることです。

 

 

喫煙と深夜はいかいは補導対象行為の中で、もっとも見つけられやすい行為です。統計上では、補導の8割は喫煙と深夜はいかいです。もちろん、実際にはこれだけではないでしょうが、この2つの行為が、警察官から見つけられやすい行為なのです。

 

 

悪さをす子どもにとって、喫煙と深夜はいかいは定番です。タバコは携帯しやすいですし、彼ら主な活動時間帯は深夜だからです。見つけるのも簡単でしょう。夜に出歩いている子どもに声を掛け、持ち物を確認するだけです。

 

 

タバコと深夜はいかいに気をつけることが、補導されない方法なのです。

 

 


 

 

 

 

プレゼントの無料小冊子を更新しました。「子どもの非行を防ぐための素直な頭のつくり方」です。

 

 

非行に走る子どもは自己中が多いです。頭が固く、自分の価値観に固執しています。周りの人間の価値観や考えを受け入れられず、自分を通そうとします。自分以外の価値観や考えがあること自体が、見えていないのです。自分が正しくて、自分以外の考えは間違いだという先入観から抜けられない状態です。

 

 

子どもは周りから吸収する度合いが強いので、子どもの成長は周りの大人次第の側面があります。「周りの大人が自己中から脱し、素直な頭を持つ事で、接する子どもにも好影響を与えよう」というのが、この小冊子の狙いになります。

 

頭の柔軟性があり、状況や相手に応じて変化できる事。自分だけでなく、相手の考えも認める事ができる事。一つ上から全体を俯瞰できる事。そんな「素直な頭」をつくるための気づきを、この小冊子から得ていただければと思います。

 

お名前 *
メールアドレス *

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 補導されない方法とは

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@konokoe.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP