子育てにおいて学力が必要ない理由

2018.08.20 (月)

子育てにおいて学力を気にするっていうのは、「物をたくさん持っていた方がいい」っていう昭和の価値観に似ています。古い価値観だっていう事です。古い価値観にを捨てて、身軽になった方がいいです。その事について話します。

 

 

おそらく、多くの人が「学力はないよりかあった方がいい」って思うと思うんです。「あって困るものではない」とか。「学力がないよりかはあった方がいいに決まっている」って、当たり前のように思っていると思うんですよ。

 

普通に考えれば、確かにそうですよね。頭の中の問題ですし、無いよりはあった方がいいと考えがちです。一見、物と違って、重いものではありません。荷物になるものでもありません。学力があるからと言って、外見などが違ってくるものでもありません。何も変わらないなら、あった方がいいと思うでしょう。

 

 

確かに学力があった方が、可能性が広がりそうです。いい高校に入れるかもしれません。いい大学に入れるかもしれません。いい会社に入れるかもしれません。いい資格が取れるかもしれません。

 

 

ですが違うんです。全く違うんです。学力はない方がいいんです。学力っていうのは、重しみたいなものです。あればあるだけ負荷になります。学力がない方がいい理由は3つくらいあるでしょうか。まず、勘違いしやすい事。次にリスクを取れなくなる事。最後に、動きが鈍くなる事。です。

 

 

勘違い

まず、勘違いしやすい事から説明します。周りからチヤホヤされてしまうんですよね。知らず知らず学力に重きを置いている人、っていうのは存在します。潜在的に、学力がある人をうやうやしく扱ってしまうんですよね、人間って。だから、学力がある人っていうのは「自分が秀でた人間かも」って思ってしまいやすいんです。

 

 

「自分が秀でた人間かも」って思ってしまったら、悪いことばかりが起こります。努力はしなくなるし、排他的になるし、世間が狭くなるし。

 

 

「自分が優れている」と思っている人間と、「自分は至らない人間だ」と思っている人間では、爆発力が違ってきます。がむしゃらに努力することがしなくなりますよね。だって、自分は秀でていると思っているんですから。

 

 

排他的にって言うのは、人に冷たくなるってことです。上から目線になりやすいですよね。だって、自分は秀でていると思っているんですから。

 

 

それに勘違いによって、世間が狭くなります。世間を広げようと思わなくなります。自分の見ている世界が全てだと思ってしまいます。だって、自分は秀でていると思っているんですから。

 

 

リスクを取れなくなる

それと、リスクが取れなくなりますよね。なまじ持ってしまっているだけに、無くなる事に対して恐怖を抱きやすいんです。失うことが怖くなるんです。基本的に、物事はメリットとデメリットが共存しています。動くことは、得るものがあるかもしれない代わりに、失うものもあるかもしれないんです。

 

 

そんなときに、失うことに過度にフォーカスしてしまいます。失うかもしれない可能性が気になって、動くことができないんです。過度にリスクを意識してしまいます。得るものがあるのもわかっているのですが、それよりも失うものがとてつもなく大きく感じて、動くことが割りに合わないと感じてしまいます。

 

 

動きが鈍くなる

そして、動きが鈍くなるんです。束の間の安定に安心してしまうんです。「今のままでいいだろう」「俺に至っては、動かなくていいだろう」「このままで大丈夫だろう」っていう油断ですかね。動けなくなってしまう。

 

 

例えば人生の選択肢があっても、困難な道の方を視界から外してしまうんです。最初から、リスクのある方を見れていない可能性があります。なぜなら安心してしまっているからです。

 

 

このように、学力をつけるっているのは、勘違いしやすいし、リスクを取れなくなるし、動きが鈍くなるんです。「無いよりはあった方がいい」とか「あっても困らない」ものでは無いんです。あると困ってしまう、学力自体がリスクを伴うものなんです。

 

 

だから学力は気にしない方がいいでしょう。学力を無理につけようとすれば、歪みが生じます。あったらあったでいいし、無くても無いでいいんです。メリットとデメリットが共存するので、「どっちの方がいい」というものでもありません。

 

 

一見、あった方がいいようですが、そうではありません。「あった方がいい」と思うのは、いらない物を溜め込んでいる昭和の価値観に似ています。無理になくすものでも無いし、身につけようと必死になるものでもありません。距離を置いて傍観するくらいで、丁度いいのでしょう。

 


 

 

 

 

プレゼントの無料小冊子を更新しました。「子どもの非行を防ぐための素直な頭のつくり方」です。

 

 

非行に走る子どもは自己中が多いです。頭が固く、自分の価値観に固執しています。周りの人間の価値観や考えを受け入れられず、自分を通そうとします。自分以外の価値観や考えがあること自体が、見えていないのです。自分が正しくて、自分以外の考えは間違いだという先入観から抜けられない状態です。

 

 

子どもは周りから吸収する度合いが強いので、子どもの成長は周りの大人次第の側面があります。「周りの大人が自己中から脱し、素直な頭を持つ事で、接する子どもにも好影響を与えよう」というのが、この小冊子の狙いになります。

 

頭の柔軟性があり、状況や相手に応じて変化できる事。自分だけでなく、相手の考えも認める事ができる事。一つ上から全体を俯瞰できる事。そんな「素直な頭」をつくるための気づきを、この小冊子から得ていただければと思います。

 

お名前 *
メールアドレス *


 

抽象化の視点を身につけるセミナーを定期的に開催しています。スケジュール・詳細はこちらをご覧ください。

 

自己中が思いやりに、
生真面目が寛容に、
怒りっぽさが優しさに、
そして非行が素直に変わります。

 

心よりお待ちしております。

お手数ですが、下記ご記入の上送信してください。
折り返しご連絡を差し上げます。

お名前 *
メールアドレス *
メールアドレス
(確認用)*
お電話番号 *
ご参加希望日*

※お申込み時に「受信拒否設定」などがあると当方からメールが届かない場合があります。また「迷惑メールフォルダ」に入ってしまい、返信に気が付かない場合がありますので必ずご確認をお願いいたします。

ご意見・ご質問・ご要望などあればご自由にご記入ください(任意)

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 子育てにおいて学力が必要ない理由

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@konokoe.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP